ホンジュラスの大麻合法化状況

ホンジュラスの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. ホンジュラスでは大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する罰則 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制   5. 原料卸売と製品のOEMについて     1. ホンジュラスで大麻は合法? ホンジュラスでは医療用、嗜好用ともに大麻は違法です。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する罰則 ホンジュラスでは、「薬物法」が1989年11月23日に政府によって施行されました。現在でも、いくつかの修正と変更を経て、いまだ大麻の違法使用、所持、生産を規制しています。   ホンジュラスでの大麻の所持・使用・譲渡に対する罰則は以下の通りです。 ・初犯:1000レミラ(約40米ドル)の罰金、30日間の薬物乱用リハビリプログラムが命じられます。   ・2度目の違反:5000レミラ(約200米ドル)の罰金が科されます。   ・それ以降の違反:罰金、及び、懲役が科されます。   しかし、実際の判決では寛容な処罰となる場合が多いです。...

もっと見る

シンガポールの大麻合法化状況

シンガポールの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. シンガポールでは大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用に関する罰則 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 国外消費に関する規制 6. 原料卸売と製品のOEMについて     1. シンガポールで大麻は合法? シンガポールでは医療用、嗜好用ともに大麻は違法です。   2. 大麻の所持・使用に関する罰則 多くの国で医療用大麻や嗜好用大麻の非犯罪化が行われる中、シンガポールでは大麻自体がタブーであり、固く禁じられています。もし大麻の使用や所持で捕まった場合、重い罰が科されます。   大麻所持・使用に関する処罰は以下の通りです。 ・最高で10年の禁固刑または2万ドルの罰金、あるいはその両方が科されます。    3. 医療大麻に関する規制 シンガポールでは、医療用大麻の使用は違法です。政府のプログラムでは医療用大麻を処方するものはありません。  ...

もっと見る

インドネシアの大麻合法化状況

インドネシアの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. インドネシアでは大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する罰則 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 原料卸売と製品のOEMについて     1. インドネシアで大麻は合法? インドネシアでは医療用、嗜好用ともに大麻は違法です。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 インドネシアでは、大麻の所持・使用・譲渡が一切禁止されています。例え、医療用、少量であっても捕まれば重い罰が伴います。   インドネシアの麻薬に関する2009年、「法律第35号」によると、大麻の所持・使用・譲渡に関する犯罪の罰則は以下の通りです。   個人使用・所持に関する処罰は以下の通りです。 ・最高4年の実刑判決および/または強制的なリハビリテーション(第127条)。   他者への譲渡に関する処罰は以下の通りです。  ・5〜15年の禁固刑、及び10〜100億ルピア(約1万5千ルピア=1ドル)の罰金。   インドネシアでは、大麻はオランダ植民地時代の1927年に禁止され、その古い法律が現在も残っています。実際、バリ島では医療用や娯楽用の大麻の派生物(麻、CBD、THC、ハッシュ、エディブル)は、クラス1や2の麻薬と同じように非犯罪化されておらず、すべて違法です。...

もっと見る

【業界ニュース】CBD・ヘンプ業界で巻き起こる海外、国内動向まとめ(9/6〜9/12)

約5分で国内外のCBD業界のホットトピックが丸わかり。9/6週も盛りだくさんの最新の市場動向をお届けします。今回のトピックは以下の6つです。 ①EU議長国チェコ、大麻の非犯罪化を検討し、EUでの協調的な規制を呼びかけ②ドイツ、過半数が大麻の合法化を支持③イタリア、軍の医療用大麻生産の独占が市場成長を阻害④南アフリカ最高裁、大麻栽培クラブを違法と判断⑤ポリネシア、医療用大麻を待ち望む声高まる⑥バーモント州、大麻の合法的な販売が10月1日より可能に

もっと見る

プエルトリコ大麻合法化状況

プエルトリコの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. プエルトリコでは大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて     1. プエルトリコで大麻は合法? プエルトリコでは医療用大麻のみ合法です。2015年に医療用大麻の合法化が承認されました。嗜好用としての大麻の利用は非犯罪化もされていません。   2. 大麻の所持・使用に関する規制 プエルトリコでは、2013年に嗜好用大麻を非犯罪化する動きがありましたが、有権者の7割に反対され案は通りませんでした。   現在、嗜好用大麻の所持は重罪であり重い罰則に処されます。   大麻の所持・使用の罰則は以下の通りです。   初犯:  2〜5年の懲役、及び...

もっと見る

ジンバブエ大麻合法化状況

ジンバブエの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. ジンバブエでは大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制   5. 原料卸売と製品のOEMについて     1. ジンバブエで大麻は合法? ジンバブエでは医療用、嗜好用ともに大麻の使用は違法です。しかし、2017年の4月にジンバブエは医療用・研究用としての大麻の「栽培」を合法化しました。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 「危険薬物取締り法」により、ジンバブエでは、大麻の所持・使用・譲渡が全て違法とされています。   違反者には厳しい罰則があり、大麻を使用していることが判明した場合、犯罪者は10年間の懲役、及び高額の罰金、またはその両方が科せられます。また、大麻の消費施設を管理することや、大麻の喫煙に関連する道具を所有することも違法となっています。   他の多くの国とは異なり、ジンバブエには薬物の取締りを実行する特定の政府機関がありません。その代わり、政府(保健・児童福祉省)が薬物使用の管理をしています。つまり、ジンバブエの薬物政策の実施は、警察の薬物課が担当しているのです。   ジンバブエでは公共の場、運転中、私有地、人目につかない場所、などジンバブエ内の場所全てにおいて大麻の使用は厳しく禁じられています。   3. 医療大麻に関する規制...

もっと見る

【業界ニュース】CBD・ヘンプ業界で巻き起こる海外、国内動向まとめ(8/29〜9/5)

約5分で国内外のCBD業界のホットトピックが丸わかり。8/29週も盛りだくさんの最新の市場動向をお届けします。今回のトピックは以下の5つです。 ①人類は宇宙で大麻を栽培する時代に突入か!?②大麻合法化、製薬業界に経済的打撃!?③イリノイ州、水質改善プロジェクトにヘンプ採用④イギリス、大麻使用に関する過去最大の独自調査を開始⑤パナマ大統領、医療用大麻に関する大統領令に署名

もっと見る