リトアニア大麻合法化状況

リトアニアの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. リトアニアでは大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて     1. リトアニアで大麻は合法? リトアニアでは2018年に医療用大麻の合法化が承認されました。また、2022年現在、リトアニアでは嗜好用大麻の所持は違法です。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 2022年、リトアニアは大麻合法化の推進で前進しています。2022年7月には、非犯罪化に向けた案の提出も行われています。これが承認されると大麻の「少量」の所持が非犯罪化されます。   非犯罪化が行われるとリトアニアの成人は以下の量の大麻を起訴されずに所持・使用できることが期待されます。 ・使用可能な大麻5グラム   しかし、いまだ嗜好用大麻は非犯罪化、合法化されていないので、捕まると懲役や罰金が科されます。  ...

もっと見る

オーストラリア大麻合法化状況

オーストラリアの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. オーストラリアでは大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて     1. オーストラリアで大麻は合法? オーストラリアでは2016年に医療用大麻の合法化が承認されました。2019年に首都キャンベラを含むオーストラリア首都特別地域(ACT)では嗜好用大麻が承認されました。   しかし、ACT以外の大半の地域では嗜好用大麻は違法です。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 オーストラリアの多くの地域では嗜好用大麻の所持は違法です。しかしACTでは、2019年9月25日に娯楽用大麻が合法化されました。ACTでは、18歳以上の成人は、娯楽目的のために大麻を使用し、所持することができます。しかし、他の成人に大麻を譲渡することは対価として支払いがない場合でも違法です。   所持・使用制限は以下の通りです。   オーストラリア(ACT)では、18歳以上(成人)の住民が50グラムまでの大麻を所持することが許可されています。...

もっと見る

スイスの大麻合法化状況

スイスの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. スイスでは大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて     1. スイスで大麻は合法? スイスでは2008年に医療用大麻の合法化が承認されました。また、2012年に嗜好用大麻の非犯罪化が承認されましたが、いまだ合法化はされていません。   2022年6月、ジュネーブ大学とコンサルティング会社EBPが共同研究を行い、大麻の完全合法化のメリットについての調査が行われ、スイスは大麻完全合法化へと進んでいます。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 スイスでは、2012年に嗜好用大麻が非犯罪化されました。これにより、少量であれば、嗜好用大麻を起訴されずに使用・所持・譲渡(対価としての支払いがない場合に限る)することが可能になりました。   所持・使用制限は以下の通りです。   スイスでは、18歳以上の成人は、以下の嗜好用大麻を所持することができます。...

もっと見る

カナダの大麻合法化状況

カナダの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. カナダでは大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて     1. カナダで大麻は合法? カナダでは医療用、嗜好用ともに大麻は合法です。2001年に医療用大麻、2018年に嗜好用大麻の合法化が承認されました。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制  カナダでは2018年10月、「カナダ大麻法」の成立に伴い大麻が合法化されました。これにより、カナダは2番目に国家レベルで大麻を合法化した国となりました。大麻の合法年齢はカナダの各州により変わります。大半の州のカナダ人(大麻の合法年齢が18歳のアルバータ州と21歳のケベック州を除く)は、大麻を所持・使用するには19歳以上でなければなりません。   所持・使用制限は以下の通りです。   カナダでは、以下の量の乾燥大麻、またはその相当品を所持することができます。 ・乾燥大麻30グラムまで  ...

もっと見る

ドイツの大麻合法化状況

ドイツの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1.ドイツ大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて     1. ドイツで大麻は合法? ドイツでは2016年に医療用大麻の合法化が承認され、医療目的の大麻の使用は合法です。現在、ドイツでの嗜好用としての大麻の使用は犯罪ですが、政策上、合法化が進んでいます。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 ドイツでは、大麻のレクリエーション目的としての使用は非合法であり、使用すると処罰の対象となります。   ドイツでは大麻の所持量にもよりますが、大麻の所持で捕まると21歳以上の成人は3万ドル以下の罰金、または2年以下の懲役、もしくはその両方が科されます。   また1990年から、嗜好用の大麻所持の規制も緩和され始めました。「少量」の大麻の所持は処罰の対象とならない場合があります。ドイツの地区にもよりますが、ベルリン内であれば15グラムほどの使用可能な大麻の所持は警察からの警告のみで終わる可能性が高いです。しかし、「少量」の定義が地方により異なるので気をつけなければなりません。大半の地域では5グラム以下の所持が「少量」の判断基準となります。   また、現在、嗜好用大麻の合法化にむけて政策が進んでいます。その最初の段階として、大麻の非犯罪化が求められています。  ...

もっと見る

スペインの大麻合法化状況

スペインの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. スペインでは大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. カンナビスクラブに関する規制 4. 医療用大麻に関する規制 5. 大麻の栽培に関する規制 6. 大麻使用下での運転に関する規制 7. 公共の場所での大麻使用に関する規制 8. 原料卸売と製品のOEMについて     1. スペインで大麻は合法? スペインでは嗜好目的の大麻の使用、及び医療目的の大麻の使用共に違法です。しかし、非犯罪化はされているので、消費者は様々な抜け道で大麻を消費しています。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 スペインの現行法では成人であっても、嗜好用大麻を所持することは違法となっています。使用・所持、譲渡、全て違法となっており、これらが営利目的(大量の大麻を所持しているなど)で行われていると判断されてしまうと重罪となり、懲役や罰金が発生します。 しかし、様々な抜け道の元、スペインで嗜好用大麻を楽しむ者は多く存在します。   3. カンナビスクラブに関する規制...

もっと見る

【業界ニュース】CBD・ヘンプ業界で巻き起こる海外、国内動向まとめ(8/22〜8/28)

約5分で国内外のCBD業界のホットトピックが丸わかり。8/22週も盛りだくさんの最新の市場動向をお届けします。今回のトピックは以下の6つです。 ①パチンコメーカーのオーイズミ、CBD製品のOEMなどを手がける武内製薬を買収②CannaCon 2022、11月に渋谷で開催予定③アメリカ、大麻の使用率タバコを上回る④嗜好用大麻解禁州、違法な州に比べ20%も大麻の使用頻度が高いことが明らかに⑤オクラホマ州、大麻合法化のための住民投票が実施されない可能性あり⑥コスタリカ、嗜好用大麻の合法化のための法案を発表

もっと見る

オランダの大麻合法化状況

オランダの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. オランダでは大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用に関する規制 3. 大麻の販売に関する規制 4. 医療用大麻に関する規制 5. 大麻の栽培に関する規制 6. 大麻使用下での運転に関する規制 7. 公共の場所での大麻使用に関する規制 8. 原料卸売と製品のOEMについて     1. オランダで大麻は合法? オランダでは2003年に医療用大麻の合法化が承認されました。1976年から嗜好用として大麻の販売は行われていますが、法律上合法ではありません。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 オランダでの大麻の使用はグレーゾーンとなっています。大麻のレクリエーション目的での使用は非犯罪とされていても、合法とはされていません。   オランダでは、18歳以上の成人は、1日に小売店から使用可能な大麻を5グラムまで購入し、使用することができます。   1972年に、オランダ政府は薬物を危険性の高いものと低いものに分類しました。その中で大麻は危険性の低いものに分類され、結果30グラム以上の使用可能な大麻の所持は軽犯罪となりました。  ...

もっと見る