CBDディスティレートとは?アイソレートと何が違うの?【原料卸売も実施中】

CBDの抽出は、まだまだ歴史が浅いですが、様々な製造施設で試行錯誤がなされてきました。かつてはCBDの抽出は単純な技術だったのですが、最先端の抽出技術はそれほどシンプルなものではなくなってきています。 そこで、今回は、グローバルで注目され、日本国内においても耳にする機会の増えたCBDディスティレートというCBD原料の1種類に関して、解説していきます。 弊社では、CBD事業者様向けにCBDディスティレートの卸売もしております。ご興味ある方はこちらをご覧ください。   1. ディスティレート(Distillate)とは? ディスティレート(Distillate)とは日本語で蒸留物を意味します。 蒸留という言葉を聞いたいことがある方は多いかと思います。お酒好きの人からすると、非常に馴染みのある言葉かと思います。 蒸留とは、液体を加熱し、一度気化させ、最終的に冷却し、液体に戻すプロセスのことを指します。わざわざ気化させることで、不純物を除去するのが大きな目的です。 酒造業界では馴染みのある蒸留というプロセスを経て、精製されたCBDのことをCBDディスティレートというのです。 2. CBDディスティレート(Distillate)とは? クルードオイル それでは、CBDディスティレートとは何か、もう少し踏み込んでみたいと思います。 CBDディスティレートというと、CBDを蒸留するのか?と思われる方もいるかと思いますが、それは違います。 さきほど、ディスティレートとは液体を気化させるという話がありました。ピュアなCBDは、皆さんご存知のようにクリスタルで、固体として安定して存在します。 では、CBDディスティレートの場合、どの液体を気化させるのかと疑問に思うでしょう。 この場合の液体とは、クルードオイルを指します。クルードオイルとは、ヘンプ(大麻草)から抽出された第一段階の抽出物です。黒々として、ドロッとした液体です。 このクルードオイルを気化し、蒸留した濃縮物のことをCBDディスティレートといいます。ちなみに、ヘンプからクルードオイルを精製した場合は、CBDディスティレートができますが、THCを多く含んだ大麻草、カンナビスからクルードオイルを精製し、それを蒸留した場合、THCディスティレートを精製することも可能です。 CBDディスティレートにはCBDが約80%含まれています。残りの20パーセントは、他のマイナーなカンナビノイド(CBGやCBNなど)、テルペン、および他の様々なオイルや植物エキスで構成されています。 3. CBD原料の精製方法 ヘンプバイオマス(粉砕した大麻草由来の原料)👇1. 化学的な抽出(クルードオイルの精製) 👇 2. 余分な脂肪分やワックス等の除去(ウィンタライゼーション(Winterisation)) 👇 3. 蒸留...

もっと見る

【原料選び編】CBDビジネスを始める人へ

これまでCBDビジネスを行ってきた経験から、CBDビジネスを進める上でつまづきがちなトピックについてシリーズで触れていきたいと思います。今回はCBDビジネスを行う上でかかせない原料選びについてです。   1. CBD原料の種類 CBDの原料は大きく分けて下記の3種類に分かれます。 麻に含まれる成分は数多くありますが、何を取り出しているかによって呼び方が異なります。 フルスペクトラム こちらはTHCが含まれているため、日本では販売することができません。稀に見かける場合は、表示方法を誤解している、または違法に流通している可能性があります。   ブロードスペクトラム CBD以外の様々な薬理成分が含まれており、Distillate(蒸留物)として色の付いたの粘度の高い蜂蜜のような液体または固形のワックスで販売されています。少し草っぽい匂いがあります。価格は日本国内だと1kgあたり50万円〜110万円です。 【原料解説】CBDブロードスペクトラムとは?アイソレート・フルスペクトラムとの違いも アイソレート CBDのみが抽出されたもので、白い粉で販売されています。価格は日本国内だと1kgあたり40万円〜100万円です。ブロードスペクトラムよりも10万円ほど安いのが一般的です。 CBDアイソレートとは?ブロードスペクトラムとの違いは?【原料卸売も実施中】 海外での栽培状況や需給によって価格は変動します。   2. 原料を選ぶポイント 原料になぜここまで価格の差が開くのでしょうか。売り手は様々な謳い文句で販売をしますが、惑わされずに、下記のポイントだけ確認しておけばOKです。 法律への準拠 厚生労働省の麻薬取締部がこちらで触れていますが「CBD製品の大麻非該当性の確認について」という審査基準があります。これに準拠している製品かどうかを確かめるのに下記3点を確認しましょう。 茎種抽出のCBDであることを示す製造工程の写真 茎種抽出のCBDであることを宣誓する書類 違法成分であるTHCが含まれていないこと示すCoA こちらは後ほど読み方を解説します。CoA(Certificate of analysis)の略で、成分分析表とも呼ばれます、ここでTHCが含まれていないことを確認しましょう。 検出限界値は0.025%〜0.001%未満だと安全に輸入できると言われています。  ...

もっと見る

【原料販売中】CBDの効果を増大するテルペンとは?【薬剤師監修👩🏻‍🔬】

CBD商品ページを見ていると、「テルペン配合」や「テルペンがリッチ」と書かれていることがありますよね? よく目にしますが、実際「テルペンはどんな成分でどんな効果があるのか」を、質問頂く機会が増えました! そこで今回は、CBDの商品開発に役立つテルペンの情報を解説します。 本記事を読むとわかること CBD商品に含まれるテルペンがどんな成分か CBD商品に含まれる主なテルペン CBD商品にテルペンを配合するメリット テルペン配合CBD商品のターゲット層 CBD商品にテルペンが配合されているのかを調べる方法   なお、本記事は薬剤師監修のもと執筆しております。 弊社では、CBD事業者様向けにテルペンやCBD原料(アイソレート、ブロードスペクトラム、水溶性CBD)の卸売をしております。ご興味ある方は、お問い合わせください。 お問い合わせはこちら   1.そもそもテルペンとは? 麻の花、葉、種子、茎には500以上の化学物が含まれています。 その中で最も多いのは、香り成分で精油となるテルペノイド(テルペン類の誘導体)は120種類以上あります。 テルペンの概要は下記の通りです。 イソプレンを構成単位とする化合物 植物・昆虫・菌類などによって作り出される成分 独特の匂いや有益な効果がある 匂い・効果を活かしてアロマや健康食品として使われている 以降ではそれぞれ解説します。 ※テルペンの概要は興味なく、CBDに入っているテルペンの種類とか効果が知りたい!という方は、2章からお読みください   テルペンはイソプレンを構成単位とする化合物 イソプレンとは、化学式がC5H8の化合物で、以下のような形をしています。 テルペンはこのイソプレンが何個か合体したものです。 イソプレンのくっつく個数に応じて以下のように呼ばれています。 イソプレン2個:モノテルペン(C10)...

もっと見る

CBD・THC以外の主要カンナビノイド(BIG6)【原料卸売も実施中】

カンナビス(大麻)に含まれるカンナビノイドはCBDだけではありません。 他にも多くのカンナビノイドがあり、その潜在的な効果効能について様々な研究が行われております。 カンナビノイドの中でも、特に医療用途のためにたくさんの研究結果がある6つの主要カンナビノイドがあり、”BIG 6”と呼ばれています。 今回はその6つのカンナビノイドとその効果について説明していきます。 弊社では、CBD事業者様向けにCBD、CBG、CBN、水溶性CBD、テルペン原料などの卸売もしております。 ご興味ある方はこちらをご覧ください。   1. CBD(カンナビジオール) 健康上の問題に対して異常な効果効能を発揮するカンナビノイドとして、CBDはよく知られています。 最も人気のあるカンナビノイドの一つです。 不安、てんかん、うつ病、食欲不振、体の痛みなどの治療に使用されています。 CBDの最も良いところは、精神活性作用がないところです。THCのようにハイになることはありません。 CBDAであるカンナビジコール酸は、新鮮な大麻植物の中で最も豊富に含まれています。CBDAは、脱炭酸されてCBDを生成します。 CBDは体内のCB1受容体に直接作用はしません。その代わり、CBDはTHCが受容体を活性化するのを防ぎ、THCによりハイになるのを防ぎます。 CBDはTHC同様に抗炎症作用があることでも知られています。 CBDの効果効能は次のとおりです。 慢性的な痛みの緩和 不安の軽減 発作の頻度のコントロール 抗うつ作用 睡眠補助 癌の副作用の軽減 血糖値を下げる アルツハイマー病やパーキンソン病による食欲不振、嘔吐、吐き気などの治療 【あわせて読みたい】こんなにあるの?CBDの効果のすべて   2. THC(テトラヒドロカンナビノール)...

もっと見る