【インタビュー🎤】大麻起業家・焚麻さんに聞くカナダの大麻ビジネス事情🇨🇦

今回のインタビューの目的は、日本でネガティブな話題で語られることが多い大麻のポジティブな側面を発見することです。

というわけで、カナダの大麻事情をご存知の今Twitterで話題の焚麻さんを招いてインタビューを行いたいと思います!

 

1. カナダ移住のきっかけ

LUNA:今回、海外の大麻事情などを詳しく深掘っていければと思っているんですが、まず焚麻さんがそもそも海外になぜ行こうと思ったのか、またカナダで実際にどんなことをしようとしているのかということをお聞かせください〜。
焚麻さん:はい。なぜカナダへ行こうと思ったかなんですが、僕の妻がもともとカナダに行きたいという夢を持っていました。
それで恥ずかしながらデキ婚なんですけど、妻が19歳の時に妊娠が発覚して、女優の夢を諦めるのか、子供を諦めるのかという話になって、女優は諦めるけどカナダに行きたいという夢は、僕が叶えるという約束で結婚しました。
LUNA:なるほど〜。そういうドラマがあってカナダへの移住を決意されたんですねえ。

それでは、次に、焚麻さんと大麻との出会いをお聞かせください。

 

焚麻さん:僕はもともと15歳から19歳までにオーストラリアに住んでいたんですけど、その時に初めて大麻を勧められたんですよ。
オーストラリアのケアンズっていう街で、これ吸ってみなよって言われて、それで吸ってみたらその時に僕レモンティーを飲んでいたんですけど、レモンティーを飲んでいるだけですごい面白くなってしまって(笑)
焚麻さん:それを見て周りが笑うみたいな。それまで大麻って悪いものだと聞いていたけど、全然ピースなものだと思ったんですよ。
それで日本に帰国してから、ずっと大麻が合法なところに住みたいと思っていたところ、妻との出来事があったので、これが絶対に絶対に移住しないといけないという決意につながりました!
LUNA:そもそもオーストラリアに行かれていた時点で、一般の方とは違う経験をされていたと思うんですけど、オーストラリアにはそもそもワーホリで行かれていたんですか?
焚麻さん:15歳から18歳までオーストラリアの高校に入っていて、19歳からワーホリに切り替えたんですけど、高校時代には2回ぐらい強制送還になりかけてしまったことがあります。

でも、何とか親にお願いをして、なんとか滞在させてもらえるようになって。全然頭がいいとかそういうことではなくて、英語も全然できなかったし、ただその中では真面目に自分ができることは何かとちょこちょこやっていました。

 

焚麻さん:その後、歌舞伎町でスカウトマンをやることになりまして、その前も寿司屋さんとかやっていたんですが、うまくいかなくなったりして、その後、オーストラリア時代の友人からの紹介で歌舞伎町でスカウトになりました。4、5年はスカウトをやりました。
LUNA:それから、奥さんの夢であるカナダに行こうと思ったわけですね。ちなみに、カナダが大麻が合法であるということは知っていたんですか?
焚麻さん:はい。ただ合法であるというだけではなくて、妻の妊娠がきっかけで決意を固めて、それで合法であるということもあって、これは移住をしなければいけないという意思が完全に固まりました。
LUNA:カナダでは始めはワーホリで行かれていたんですか?
焚麻さん:はい。ビザはワーホリなんですけども、結局語学学校に3ヶ月ほど行くことになりまして今入ってる大学に入ったという感じです。
LUNA:大学に入られたのは25歳ですか?
焚麻さん:大学に入ったのは26歳です。

じゃあ1年ぐらいは大学の勉強をされた感じですね。ノートなどを拝見させていただきましたけども、永住権などを取得するために大学を卒業する感じなんですかね?

焚麻さん:僕が大卒の資格を持っていなくてそれを取得する目的もあるんですけど、2年間カナダの大学に通うと3年間のポスグラママミットとという現地で働けるビザがおりるので、その間に永住権を申請するという流れで今ビザコンサルタントの形とお話しさせている形です。
LUNA:私もカナダに住んだことがないのでわからないのですが、3年間の修学をすることによって誰でも永住権を取れるという形なんですか?
焚麻さん:えっと。その後に自分がスポンサーになってくれる企業を探してそこで就職して永住権の形をとる形なんですよ。
LUNA:スポンサーっていう制度ですか、すごいですね(笑)

卒業後にそれでまた企業にスポンサーになってもらうという必要性があるんですね。

焚麻さん:僕の場合、経歴からいうとたぶんお寿司屋さんが結構長くてオーストラリアで3年間、日本で半年ほどお寿司屋さんをしていたので、お寿司屋さんとして就職するのが一番しやすいんではないでしょうか、とコンサルタントに言われておりまして、飲食で永住権を取得しようと思っています。

2. カナダでの大麻事情

2-1. カナダ国民と大麻

LUNA:カナダって嗜好用大麻が合法化されていて、大麻先進国という風なイメージがある方が多いと思うんですけど、実際どれぐらい大麻が国民の中で浸透していて、どのようにカナダの人に楽しまれているのかということをお聞かせください。
焚麻さん:そうですね、じゃあみんながみんな合法だからすぐ吸うかっていうと、そうではなくて嫌がる人も結構いるんですよ。例えば、歩きながら吸う人などを見た時にその煙を嫌がられたり結構やられたりするんですけど、逆に結構僕がリサーチしてる中で知ったのは医療から入る方が結構多くて、医療の方で大麻を使ってみて結構いいから嗜好用で大麻を使うということですね。
LUNA:それは医療用としてお医者様から勧められて入られる感じなんでしょうか?
焚麻さん:はい、そうですね。始め処方されてからそっちから入るっていう感じですかね。それで病気が完治して、その効果を実感してから、ディスペンサリーなどのショップに行って大麻を個人的に購入し嗜好用に楽しむ人が多いです。
LUNA:それは意外でした、嗜好用から入る方が多いと思っていたのでびっくりしました。
焚麻さん:嗜好用から入る方もいらっしゃると思うんですけど、そういう方の多くは合法だからするのではなく非合法の前からそもそも知っているので。。

2-2. カナダでの大麻の購入方法

LUNA:そうですよね。そもそもブラックマーケットみたいなものがあるんですよね?

ちなみに、カナダでは大麻どのようなところで入手出来るのでしょうか?

 

焚麻さん:正規店でも当然買えるんですけども、ブラックマーケットであったりとか、合法ではないですが、個人のディーラーさんであったりそういったところから買えますね。

大麻の無料の譲渡というのはOKなんですよ。友達では、例えば、家で育てたからあげるよっていうのはオッケーなんですが、ただそれをお金を取って売買することはダメなんですよ。

 

LUNA:へえ。カナダでも個人間同士の売買は違法なんですね。
焚麻さん:それ以外だと、ディスペンサリーショップやカンナビスショップと言った正規の大麻ショップから購入したりとか、あるいは大麻ラウンジなどで購入できますね。

ただ、今ラウンジっていうのは違法なんです。そういう方は毎月300万円ぐらい罰金を払いながら、今ラウンジを払いながら経営しているという感じですね 。罰金を払ってまでも経営されているという方が多いのは、大変面白いんですけれども。

 

LUNA:正規店と買うのと、ブラックマーケットで買うのとでは、価格差があるから、皆さん、そういったところで買われてしまっているという感じなんでしょうか?
焚麻さん:はい。値段というところもあるんですけれども、大麻って、植物なので、普通にカビが生えてしまったり、それを防ぐためにしっかり乾燥させなきゃいけないんですけど、そうなると大麻本来のネチョネチョ感が失われたりしてしまって、品質が落ちてしまうんですね。

なので、グロワーさんから直接買い付けると、そういう規定を一切無視して、一番良い状態で購入出来るんです。

 

焚麻さん:また、値段なんですけれども、ディーラーさんの場合は、450円/gぐらいなんですけど、正規のお店だと800円/gぐらいなんで、やっぱ高いですね。

今は、少し下がったようなんですけれども、僕がいた2ヶ月前までは結構品質が悪いのであったり、同じ品質だったらもっと安いのはディーラーにあるという感じでしたね。

 

2-3. カナダにおける大麻と法規制

LUNA:日本だったら所持していると、それだけで違法で捕まっちゃうじゃないですか、カナダだったらどうなんでしょうか?
焚麻さん

日本みたいに職務質問があまりないんですよ。そもそもバレる可能性というのが圧倒的に低いっていうのはありますね。

僕がディーラーさんから購入する際は、ディーラーさん自身がものすごい気をつけていて、例えば、ドアのノックを一回鳴らしてから、家にちょっと入ってきてって言われて入って30秒ぐらいでやり取りしちゃうっていう感じです。お金をちょうど用意しておいて、180ドルなら、180ドルをちゃんと用意してすぐ終わらせるような感じなんですよ。

ちなみに罪状について、よくわからないんですけど、確か罰金だけだったと思います。

LUNA:日本で飲酒運転みたいなそんな感じですかね。

2.4. 大麻の品質について

LUNA:グロワーさんから直接購入すると新鮮な大麻といったようなものはやはり手に入るんでしょうかね?ねちょねちょしている方がいいんですか、乾燥してるほうがいいんでしょうか?
焚麻さん:ネチョネチョしすぎてもダメなんですが、乾燥しすぎてもダメですね。ちょうどいい具合があるんですけど、湿度でいうと59%から62%ぐらいのところがちょうどいいと言われていて、このくらいの湿度の時に香りやエフェクトが最大化します。
LUNA:大麻もその果物とかみたいにフレッシュとかフレッシュじゃないようなものがあるっていう感じなんですねえ。

(このインタビューはあくまでも日本での大麻使用を促すものではなくて海外での大麻事情を伺うという主旨のものです。焚麻さんもあくまでカナダですまれてる中でのご経験の中でのお話をさせて頂いております。)

 

3. 焚麻さんの大麻ビジネスの野望

LUNA:ここまで、カナダの大麻事情を細かくに聞いてきました〜。

ところで、実際に焚麻さんが今後カナダで仕掛けていきたい大麻ビジネスというものは、一体どういうものなのでしょうか?

 

焚麻さん:そうですね。先ほど大麻ラウンジの話をしたと思うんですけど、大麻ラウンジという施設がありまして、そこに行って、5ドルぐらい払うと2時間ぐらい入ることができるんですね。

そこに行くと、大麻を売られていたりとか、ダブリグといったような大麻を吸引する道具やグラインダーといって大麻を削る機械が置いてあって、そこで自由に大麻が吸えるカフェみたいなスペースなんですよ。

 

焚麻さん:僕が住んでいるヴィクトリアという町にラウンジが一つあったんですけど、それがなくなってしまったんですよ。ヴィクトリアに大麻が吸えるお店みたいなところがひとつもない状況でして、なので、今までずっと大麻を店で吸っていた人たちが吸う場所がなくてさまよってしまっているので、外でしょうがなく吸っているって感じですね。
焚麻さん:日本と違って、カナダは家で喫煙するというのがすごい難しいんですよ。喫煙可能な物件というものがすごい少なくて、どうしても外で吸わないと吸えないという状況になってしまっていまして。。

なので、コロナの第一波が来た時にせっかくなら日本とかでもっと色々やりたいなと思ったんですよ。それで普通の大麻ラウンジっていうものはあって、大麻を合法的に吸ったりとかセットで昔の64といったようなゲームとかがあったりして、すごい楽しいんですね。

 

焚麻さん:ラウンジの中で大麻を吸いながらゲームをしていると、隣にカナダ人が来て、どんどん友達ができるといったコミュニティの要素もあるんですね。

だから、僕はそういうものを作りたいなって思っていて、例えば、足湯に入りながらとか、ハンモックとかがあって、くつろぎのラウンジを作りたいなと思っていて、掘り炬燵とかも置いちゃってみたいなみたいな。

そういうものを導入して、ラウンジを作ったら、すごい面白いんじゃないかなって思っています。

 

焚麻さん:なので、年中に作りたいなと思っているんですけど、その後もやりたいことがあるんですけど話してもいいですか?
焚麻さん:日本は物作りがすごい上手な国だと思っています。電気製品も車もそうですけど、こんなちっちゃい島国なのに世界に物を売っているというのは本当にすごいことだと思うんですよ。

だから、カナダで大麻を砕くグラインダーという機械があるんですけど、そういうのも日本の刃物を使って、例えば大阪の堺の伝統的な刃物などとタイアップして、大麻に関わる何かものづくりをしてていきたいと思っていて、それをやりたい人達に最終的には投資をしたいと思っています。

 

LUNA:いわゆる、ファンド的なものですね。
LUNA:はい。ここで一回、大麻ラウンジの話に戻りたいんですけども、ヴィクトリアっていうのはカナダの大きな都市のことですよね?
焚麻さん:バンクーバーから1時間半ぐらいのところのヴィクトリアという町ですね。
LUNA:以前あって今はなくなった大麻ラウンジって、人気がなくなってしまったというわけではなくてコロナっていう事情ですよね?
焚麻さん:いえ、そういうわけではなく、ブリティッシュコロンビア州のライセンスは持ってたんですけど、カナダ国のライセンスを持っていなかったので、つまり、片方のライセンスしか持ってなくて、しょうがなく潰れてしまったっていう感じですね。

元々、超クリーンにやっていたわけではないけども、お金がなくてライセンスを取得できないから、クローズしてしまったということですね。

 

LUNA:結構そういう大麻ラウンジをカナダのネイティブの人じゃなくて、焚麻さんが移住して作ろうというのはすごいチャレンジングなことなんだろうなと思ったんですけど、その辺はいかがですか?
焚麻さ:実際、大麻を売らなければラウンジってライセンスは必要じゃないっていう風に言われてまして、これはガバメントに直接問い合わせたわけではないですけども、ディスペンサリーショップで働いていた方に聞くと、大麻を販売することに対するライセンスはいるんですけど、お店の中で大麻を吸うということのライセンス必要ないらしいんですよ。

ただ、利益を得るためには大麻を販売しなければいけないという風に言われてるんです。僕はいわゆる足湯を導入してそこで、大麻が吸える足湯屋さんっていうそういう形のラウンジを作りたいと思っているんですね。

 

LUNA:面白いですねえ。その辺の法律で結構ややこしいですよね。
焚麻さん:日本もそうですけど、めちゃくちゃややこしくて。。

どうしても、お金のことを考えてしまうと、大麻を販売しなきゃいけなくなってしまうんですけど、僕はどっちかっていうとお金よりもカナダに行って自由に大麻を吸えるっていうことが重要だと思っているので、今までにないようなものをカナダの人達にエンターテイメントとして提供できたらいいなという風に思っています。

 

LUNA:ここまではカナダの話で日本でCBDのディスペンサリーストアなどは増えていますけども、CBDラウンジみたいなものはまだないのでとても革新的だなと思って聞いていました。

ちなみに、日本でもCBDリーフとかそういうものも流行っていると思うので、そういうもので日本でやってみても面白いのかなと思いますね。そういうビジネスチャンスを日本でもあるなと思いました。

 

4. 新たな試み

LUNA:ところで結構新しい取り組みを仕掛けられるようとしているじゃないですか。

2点、Twitterなどで拝見していて気になっていることがあります、「大麻移住コミュニティ」と「420」関連のイベント、これらについてお聞かせください〜。

 

4-1. 大麻移住コミュニティ

焚麻さん:まず、初めの大麻移住コミュニティというものに関してお答えしますね。

大麻移住コミュニティというものを最近立ち上げまして、純粋にこの中で今カナダに行くということは難しいと思うんですけれども、1年以上大麻に合法な国カナダに移住してみたいという方を集めて移住をするのを目指そうっていうだけのコミュニティなんですけど、それを最近はやっていますね。

 

LUNA:そのコミュニティは、どうやったら入れるんですか?
焚麻さん:slackでやっているんですけど、僕の公式LINEか何かしらでアプローチしていただければ招待しますよ!

4-2. 420イベント

LUNA:420に行おうとしているイベントを教えてください。

(※カンナビスカップの開催については焚麻さんの動向をチェック)

 

焚麻さん:four twenty」といって4月20日に大麻のお祝いをするイベントがあったりするんですけど、それを日本でも開催をしたくてカンナビスカップを日本で初めて行ってみたいなあと思っています。

それをなぜやりたいかというと、ベイプのCBD製品が増えてきてる中で、口コミとか、結局忖度とかで、純粋にいいものがわかんないというものがあると思うんですよ。

例えば、ベイプだったら一つのケースに入れちゃってどれがどこのブランドなのか分かんなくしちゃって、みんなに審査してもらおうと思っています。ベストなCBDを選ぶ基準も創っていきたいと考えています。

(※「four twenty」とは毎年4月20日に町の中心で行われる大規模な大麻のお祭りです。会場では大麻入り食品が販売され、多くの人が吸う大麻の煙で先が見えないほどの活況があります。元々は、大麻合法化を訴えるデモから始まったものですが、今では警察に見守られなが楽しむのカナダ一大イベントに(笑))

 

LUNA:めちゃくちゃいいですね!日本だと今、CBDオイルブランドだけでも100種類以上もあるので、正直消費者からすると本当に良いものってどういうものなのかがよく分からない状況なんですよね。
消費者視点でどの製品がいいのかということを分かるようにしてあげるということはとてもいいことだろうなと、メディアを運営しているものとしても思っていて、商品の選びやすさを担保してあげるのはとても良いことだと思います!
焚麻さん:High Timesっていう大麻のメディアがあるじゃないですか。そこのメディアをパクって日本でもやりたいなと思っていて、その行いを海外にも発信したいと思っているんですよ。というのも大麻が違法にも関わらず日本でCBDのカンナビスカップをやるということで非常に注目を集めるんじゃないかなと思っています。

(※誤解を招かないようにお伝えしたいんですけれどもあくまで日本で合法なCBD商品を使うということです。)

 

LUNA:そういえば、今カンナビスカップをするにあたってメンバーを結構を集められている感じでしたっけ?
焚麻さん:僕一人が主催というよりもより多くの人が関わってもらった方がいいんじゃないかなと思っています。ぜひぜひ、より多くの人に参加してもらえればと思います。

5. CBDに関しての印象

LUNA:ところで、焚麻さんはCBDとTHCの比較をするということが可能だと思うんですけども、日本ではCBDしか使えないと思うので、ぜひ日本の人にCBDの魅力というのを答えていただければと思います!
焚麻さん:なるほど!正直、大麻を吸っていた僕はCBDをすごく馬鹿にしていたんですね。いろんな大麻を現地カナダで吸っていた身としては、日本に流通している茎とか種とかしかから取れていないCBDっていうのは良くないものだと勝手に思っていたんです。
焚麻さん:そんな中で実際に僕が日本に帰ってきて、毎日カナダで大麻を吸引していた時と比べて、全然眠れなくなってしまって、その時におすすめのCBDないかなあって時にオススメしていただいたベイプがあるんですけど、濃度が50%のCBDを吸ったら睡眠がめちゃくちゃスムーズになったんです。

なので、睡眠にお悩みがある方は是非摂取してみてください。睡眠導入以外でも 健康志向の人なら純粋にエディブルなどで対処するといったような睡眠への相性は抜群だと思っています。

 

6. 焚麻さんおすすめのCBD製品

LUNA:日本のCBD商品で消費者視点でいいものがあれば教えてください。
焚麻さん:忖度なしでいえばCBDfxさんのグミがいいなと思っていて、僕が実際にカナダで食べた時にすごい睡眠に効果があったのと、あとベイプでいうとRichillがめちゃくちゃ美味しかったなぁと思っていて、濃度が10%で、あまり30%とか50%みたいな高濃度ではないんですけど、だからこそ一日中吸えるっていう感じですね。
LUNA:CBDを日常シーンで使い分けているということはあるんですか?
焚麻さん:寝る前は高濃度のベイプにしています。さらによく効くので、寝る2時間前にグミを食べるようにしていていますね。あと普通に起きている時だと、タスクの間に気分転換のために30%ぐらいのものを摂取することはありますね。
LUNA:気分転換の時は軽めで、寝るときは重めでみたいな感じで良いでしょうか?ちなみに女性向けだとどういったCBD商品がお勧めでしょうか?
焚麻さん:僕は正直女性ではないので詳しくは分からないんですけども、妻は生理痛がひどい時にCBDをいつもよりも多く摂取したりするんですね。あとはベイプをちょこちょこ吸ったりしています。妻もどっちかっていうと、ベイプよりもエディブルの方が効いているっていう感じがしますね。
LUNA:なるほど、男女でも商品の嗜好性に違いがありそうですねえ。

というわけで、話はつきませんけども、以上焚麻さんからカナダの大麻事情に関して根掘り葉掘り聞いちゃいました〜♪

7. 豆知識:カナダにおける大麻規制状況

インタビューに入る前にtokyo-mooon編集部として「カナダにおける大麻規制状況」について調査しましたのでご参考にしてください。

解禁年 解禁内容
2017年 娯楽目的の大麻の使用と生産

以前から医療用大麻が合法化されていたカナダでは、処方箋があれば誰でも大麻を手にする事が出来ました。しかしながら、それゆえに医療以外の使用も非合法ながら蔓延していたのです。

そこで政府は、犯罪組織への資金源を断つこと、多くの国民が非合法で使用していた大麻の生産・流通・消費を国の規制下に置くことを目的に、2017年10月17日に成人に対する娯楽目的の大麻の使用と生産の合法化を決定しました。

大麻の合法化の法律はカナダ全土で適応されますが、生産・流通・販売に関する資格や使用場所、自宅栽培に関するルールなどは、各州によって異なっています。国全体では18歳以上での大麻の使用が許可されていますが、州によっては19歳からのところや、自宅栽培についてはブリティッシュコロンビア州やオンタリオ州では4鉢まで認められていますが、マニトバ州やケベック州では禁止されているなど各州規制にばらつきがあります。

現状、カナダで大麻が合法化された後でも、多くの州政府は慎重な姿勢をとっています。大麻入り食品などの解禁は1年先としたほか、その供給体制も 厳重に管理されています。

カナダ最大の都市トロントのほか、バンクーバーなどでは大麻小売店はまだ開店しておらず、州政府が承認した小売店への大麻の供給もまだまだ不足しています。大麻が合法化されたとは言え、ルールが定まる当分の間はインタビューでも挙がった違法のマーケットへの依存が続くことが予想できるでしょう。

 参考

出典:カナダのマリファナ(大麻)合法化についてと今後|留学情報館

 

焚麻さんのTwitterとInstagramはコチラ↓

twitter:焚麻(たくま)🇨🇦

Instagram:Takuma Imamura

{formbuilder:NzY5Mjc=}

原料・OEMのお役立ち資料を
無料でダウンロードする

詳しくはこちら

カート

購入可能な商品がなくなりました

現在、カートは空です。