CBD商品・原料・OEMをお求めの方へ

様々なCBD商品・原料の販売やOEMを承っております。
一般の方も購入可能です。お気軽にお問い合わせください。

原料の購入はこちら

カンナビス原料の販売

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売を実施しています。各種製造工程における認証を得たカンナビス原料やテルペンを取り扱っています。

主な取り扱い原料:CBD/CBN/CBG/CBC/水溶性/テルペン

詳細を見る

OEM製造

効果実感のあるCBDブランドの立ち上げをサポートします。CBDに関するご相談はお任せください。
レアカンナビノイドやテルペンの配合によりご希望の製品を製造可能です。

詳細をみる

会社概要

私達は世界的にカンナビス産業を発展させることを目指すGlobal Cannabis Tech Companyです。

会社概要を見る

イベント&セミナー一覧

カンナビスに関するイベントやビジネスの成長を促進するためのセミナーを開催しています

イベント一覧を見る

BLOG

【業界ニュース】CBD・ヘンプ業界で巻き起こる海外、国内動向まとめ(6/20〜26)

約5分で国内外のCBD業界のホットトピックが丸わかり。6/20週も盛りだくさんの最新の市場動向をお届けします。 1. 海外動向 2. 国内動向 3. 原料卸売と製品のOEMについて 1. 海外動向 1-1. アメリカのZ世代の69%はお酒より大麻を好んで使用     アメリカの大麻専門の調査会社・New Frontier Dataによる2022年5月に公開されたデータが注目を集めています。   同社のレポートによると、アメリカの18〜24歳の年齢層の69%がアルコールよりも大麻を好んで使用するとのことです。   年齢層を広げてみても、25〜34歳の年齢層では70%の人が、また、35〜44歳の年齢層では68%の人が同様にアルコールより大麻を好んで使用しているようです。   1997年〜2012年の間に生まれた世代のことをZ世代と呼びますが、このZ世代が0歳〜15歳の時に、アメリカ・カリフォルニア州にて全米で初めて医療用大麻が解禁されました。   この世代にとって、「大麻=悪」の図式はもはや成立していないのかもしれません。   New Frontier Dataによる他のデータを見てみましょう。 大麻を使用する18〜24歳のうち、最多の19.7%は全くアルコールを飲まない、最小の5.9%は5.9%のみ毎日アルコールを飲むとのことでした。 また、タバコに関しては、範囲を55歳以下に広げてみると、39.3%の人が全くタバコを吸わないとのこと。そして、65歳以下の中で毎日タバコを吸う人の割合は最も少なく26.3%とのことでした。   最後に、アルコールを大麻に置き換えたと回答した人の割合は、18〜24歳で56%、25〜34歳で60%、35〜44歳で60%以上、45〜54歳で44%、55〜64歳で43%、65〜74歳で30%とのことでした。...

【製造実例#2】水溶性CBDで高需要なクラフトビール産業へ 大口受注に至った経緯とは

CBD製品を作ろうと思っても、まず何から始めてたらいいのか、実際にどのような流れで商品化が進んでいくのか、イメージしにくい人も多いでしょう。 今回インタビューを行ったのは、水溶性CBD原料をご購入いただいた、Brightの代表 関 正博さん。CBDビールの「Calms」を製造するまでに至った経緯や、どのようにご自身のブランドを広げられているかなどを伺いました。 Bright 代表取締役 関 正博さん 1983年、東京都生まれ。大学卒業後、大手ゲーム会社に就職。2021年秋にCBDブランド「Bright」を立ち上げる。2歳長男の育児に奮闘中。 InstagramCalms   大手ゲームメーカーを退職し、CBDビール事業一本に ーーCBD業界に参入しようと思われたきっかけから教えてください。 関さん:今から2年前の2020年頃、友人と飲んでるときに、その友人が最近寝れないという話をしていて。僕も当時寝つきがよくなかったので、薬に代わるものを調べていたら、CBDと出会ったんです。薬は体に負担が掛かかったり、睡眠薬などの強い薬は依存してしまう可能性があるかもしれないと懸念していたので。 実際に寝る前にCBDを摂取してみたら、非常に良かったんです。これを自分たちで商品化できたらいいなと思い、CBD事業を始めました。 ちょうど前職を退職しようと思っていた時期だったこともあり、自分のライフプランの中で、始めるにはタイミングがよかったのもありますね。   ーー前職は大手ゲームメーカーと伺いしました。全然違う業界ですね…!今回は原料卸でしたが、OEMはどちらに頼まれたんですか? 関さん:そうですね、右も左もわからないところから始めました(笑)。OEM製造は、三鷹にあるOGA BREWINGさんに依頼しました。ビール業界で昔から有名なインポーターの、蝦夷麦酒の社員の方と知り合いで、色々提案してくれたり、調べてくれたんです。その一つがOGAでした。 OGA BREWINGさんのクラフトビールは、味ももちろん良かったですが、代表が「クラフトビールを世の中に広めたい」という思いを持っている方なんです。 僕もCBDを世の中に広めたいという気持ちがあるので、その思いに共感しました。一緒に作れば、クラフトビールもCBDも同時に広められるので、良いパートナーを見つけられて良かった、と感じましたね。   ーービールを作りたかったんですか? 関さん:経営面を考えた時に、クラフトビールは今非常に伸びている産業の一つなので選びました。  (引用)出典:クラフトビールとは KIRIN'S Facts|KIRINS Facts 関さん:ビールなら、コリアンダーやフルーツなど、多くのものと相性がいいと思うんですよ。あと、これはイメージですが、ビールを作っている方はチャレンジャーで革新的な方が多い印象です。...

【業界ニュース】CBD・ヘンプ業界で巻き起こる海外、国内動向まとめ(6/13〜19)

約5分で国内外のCBD業界のホットトピックが丸わかり。6/13週も盛りだくさんの最新の市場動向をお届けします。   1. 国内動向 2. 海外動向 3. 原料卸売と製品のOEMについて   1. 国内動向 1-1. HHCのアナログ、9β-OH-HHCが流通開始   去年末に業界に突如現れた新星カンナビノイド、HHC。 合法でありながら、THCと同じレベルの精神作用があり、業界では大きな話題を呼びました。 今年3月の薬事・食品衛生審議会・指定薬物部会にて、早々にHHCは指定薬物に認定され、現在は販売や使用は違法です。そこで、HHCブームは終焉しました。   ところが、先週(6/13)からHHCに非常に近い構造式を持ちながら、HHCとは異なる化学式で、HHC同様に精神作用を持つ、合法なカンナビノイド成分・9β-HHCが登場し、再び業界内で話題になっています。   そこで、今回は現時点で分かる範囲で、9β-HHCについて解説します。 まずはじめに、9β-HHCの正式名称について。「9β-OH-HHC」と呼ばれるカンナビノイド成分が日本で流通開始しています。この「9β-OH-HHC」と非常によく似た成分に「9-OH-HHC」という成分が存在しますが、今回は「9β-OH-HHC」のみを取り上げます。     (9β-OH-HHCの化学式) この成分は化学合成で生成されるため、合成カンナビノイドです。 ⊿9-THC、⊿8-THC、HHCなどから合成されるようですが、コスト面から⊿8-THCから合成されることが一般的なようです。 9β-OH-HHCの効能効果に関する研究はほぼ存在しないですが、THCの1/10程度の効果実感があるとのことです。 (出典:https://en.wikipedia.org/wiki/9-Hydroxyhexahydrocannabinol)   また、9β-OH-HHCの体感ですが、Twitterなどで商品レビューコメントを見ると、規制されたHHC同様の精神作用があるようでした。  ...

【業界ニュース】CBD・ヘンプ業界で巻き起こる海外、国内動向まとめ(6/6〜12)

  1.国内動向 2.海外動向 3.カルチャー 4.原料卸売と製品のOEMについて     1. 国内動向 1-1. 骨太の方針に大麻のワード? 6/7、政府は経済財政運営の指針、 いわゆる「骨太の方針」を閣議決定しました。 「骨太の方針」は、岸田政権の予算編成の方向性を示しています。 その方針で「大麻」という文言が以下のように登場し、話題になりました。  大麻に関する制度を見直し、大麻由来医薬品の利用等に向けた必要な環境整備を進める。 出典:経済財政運営と改革の基本方針2022 について | また、骨太の方針の補足資料内には、より具体的な大麻業界のルール改正の方向性が見て取れます。    諸外国における利活用の状況に鑑み、大麻を原料とする医薬品の国内 での製造及び流通のために必要な規制を見直すとともに、大麻の濫用 による保健衛生上の危害防止の観点から、使用規制の強化や検査体制 の整備を検討し、2022 年度中に結論を得る。 出典:フォローアップ| CBDというワードは残念ながら登場しなかったものの、大麻合法化に関するグローバルの動きを受けて、①医療用大麻の解禁、②大麻使用罪の制定、を主眼において政府がルール改正を行おうとしていることが分かります。 この閣議決定を受け、テレ東Bizでは、以下のようなCBDに関する特集が組まれました。 CBDや大麻に関する発信はこれまでWebメディアやSNSがメインの媒体でしたが、TV局などの大手メディアによる発信も徐々に増えており、ますます市場が盛り上がっていくことが予想されます。...

CBD原料の購入・OEMをお考えですか?

原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

カート

購入可能な商品がなくなりました

現在、カートは空です。