【6/2木曜】カンナビノイドセミナー#10 -水溶性カンナビノイドのすべて-

OFF株式会社による、水溶性CBDの魅力/必要性を解説していくセミナーです。水溶性CBDにおける生体吸収率や効き目の速さ等の特徴をはじめ、商品事例や今後の市場の展望について詳しく解説します。ご来場頂いた方には、実際の原料(水溶性CBD・水溶性CBN・水溶性ブロードスペクトラム)サンプルをお渡しします。 水や清涼飲料水等に混ぜて頂き、その体感、混ぜた際の色の変化、溶解性等を体験してもらいながら、より詳しく理解を深めることができます。遠方でのオンライン参加の方には郵送でサンプルをお送りいたします。当日はセミナー終了後に交流会/ラウンドテーブルを予定(オフラインのみ)しています。 ◎こんな人におすすめ ・水溶性CBDについて興味があるが、いまいち理解できていない方・カフェやバー等の飲食店様・食品/化粧品製造工場の方・CBDブランドを既にスタートしているが、新たな可能性を探している事業者様・他のCBD事業者の方と交流がしたい方・原料や製品の卸売に興味がある方・自社の新規事業としてCBD製品を出してみたい方※水溶性CBD原料自体の自社製造をお考えの方はの本セミナーの対象外となっております。 水溶性CBDの、原料の特徴について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。  水に溶ける水溶性CBDとは?【原料卸売も実施中】   ◎開催概要 日時:6月2日(木) 15:00~17:00 場所:OFF株式会社 オフィス or オンライン    〒153-0064 東京都目黒区下目黒3-1-22 谷本ビル2F B号室会場の地図はコチラ最寄駅:JR目黒駅より徒歩10分会費:10,000円※5名様に限り、早割として7,500円で参加することができます。 ◎当日の内容 ①水溶性CBDの解説(プレゼンテーション):15:00~16:00 ・水溶性CBDとは   -原料構造について   -特徴およびその理由(即効性や吸収率について)   -溶解性について   -安定性について ・*体験会 →*オンライン参加者の方にも原料(水溶性CBD・水溶性CBN・水溶性ブロードスペクトラム)を、 開催前にお送りさせていただきセミナー中に体験していただく時間を設ける予定です。 ・市場状況(市場規模やベンチマーク等) ・弊社商品について ・質疑応答②交流会(オフライン参加者のみ):16:00~17:00担当のスタッフが、チームごとにラウンド形式で質問・ご相談にお答えします。実際に原料を手にしていただきながら、お話しさせていただきます。※現時点での情報です。状況により変更する可能性があります。その際は主催者よりお知らせ致します。 ◎主催者 名称:OFF株式会社 (tokyo mooonを運営・各種情報はコチラ)経営陣:代表取締役 駒形 俊太郎、代表取締役 井上 裕太所在地:〒153-0064 東京都目黒区下目黒3-1-22 谷本ビル2階B号室◎プレゼンターOFF株式会社 OEM事業担当七海了司...

もっと見る

CBD業界の最新情報を知りたいなら、業界団体の動きにアンテナを張ろう

研究開発が進むことで、法改正を見据えた議論が行われたりと、移り変わりが激しいCBD業界。事業者の方々は、最新の情報をできるだけ多く早く、キャッチしたいはず。 情報を得る手段の一つとして、CBD業界団体が発信している情報や、動向をチェックしておくのがおすすめです。この記事では、業界団体の動向を知るメリットや、団体の選び方などをご紹介していきます。==========お問い合わせはこちら==========   1. 業界団体を把握しておけば、CBD業界の動きがわかる CBD業界の団体や協会は、CBDの研究や調査、普及などを目的として活動を行っています。業界団体の動向を把握しておくことで、主に以下のメリットが得られます。 CBD業界の団体・協会をチェックするメリット ・入会すると、CBDの最新の動向を知れたり、リスク管理をしてもらえる・事業者同士で情報交換できる・団体の研究や主張が、政策の意思決定に影響を及ぼせる可能性があるので、CBDの法改正に伴う議論などを早くキャッチできる 業界団体は定期的に講演会などを実施しており、そこで新たな情報を得られ、事業者同士で交流することもできます。 また、自身がCBDや大麻に関する法改正などの意思決定に、影響を与える一助になれるかもしれません。 例えば、有名どころの「一般社団法人日本カンナビジオール協会」は、2022年5月10日に開催された石井苗子参議院議員のCBD勉強会に協力するほど、政界にも大きな影響力を持っています。 2. 選び方のポイント|設立主旨や活動への参加メリットが大切 業界団体・協会に入会する際には、入会費がだいたい10,000円〜数万円の参加費用がかかります。お金を払って参加するならば、どのような入会メリットがあるか、慎重に確認しておきたいところです。  〜入会する業界団体の選び方のポイント〜・活動内容(参加メリット)・設立主旨・規模感(加入団体数、加入している企業)・参加資格(会費、審査基準) CBDの最新情報をキャッチできたり、事業者同士で交流できるなどの参加メリット以外にも、目を向けるべきポイントはあります。 入会するということは、その団体の活動にも参加することとなりますので、設立主旨は確認しておきましょう。 加入している企業を公開している団体もあるので、その団体の規模感や業界への影響力などもわかります。 3. CBD業界の団体・協会 ここからは、CBD業界の団体をひとつひとつご紹介していきます。 ①一般社団法人日本カンナビジオール協会 出典:一般社団法人日本カンナビジオール協会 一般社団法人日本カンナビジオール協会は、CBDをはじめとする各カンナビノイドの研究、開発を行っている団体です。CBD事業者のリスク管理(THC含有の有無など)や、厚生労働省の議員も含めた勉強会、講演会などを開催しています。 CBDイベントなどにも参加しており、『CBD JAPAN EXPO 2021 Autumn』のネットワーキングパーティには、代表の伊藤 俊彦氏が登壇しました。...

もっと見る

東大院卒の弊社ベイプ博士が、CBC原料はベイプ製造と相性抜群と言う理由

最近「CBC」というカンナビノイドを耳にするようになったけど、CBDとの違いについてもっと知りたい、と思っている人は多いのではないでしょうか。 結論から言うと、CBCはベイプマーケットでニーズが高まっています。また、抗炎症作用があるため、ニキビや炎症を抑える効果があると期待されています。 この記事では、CBCの効果や特徴、ベイプ製造と相性が良い理由、CBCの需要が高い製品など、これからCBC原料を使って製品の開発や販売を行いたい人に役立つ情報をお届けします!  〜この記事の監修者〜篠崎 颯太(しのざき そうた)東京理科大学 応用生物科学科卒業。のちに東京大学新領域創成科学研究科 先端生命科学にて研究に従事し、2022年には修士論文特別奨励賞を受賞。OFF株式会社ではベイプをはじめとした商品の研究や開発の責任者として、数々の商品開発に携わっている。   ==================CBC原料についてのお問いわせはこちら================== 1. そもそも、CBCってなに? CBC(カンナビクロメン)はCBDと同様、向精神作用がないカンナビノイドです。THCやCBDと比べると知名度は低いですが、医学会では代表的なカンナビノイド(BIG6カンナビノイド)の一つに選ばれています。 実はCBCの発見から50年以上経っておりますが、これまであまり研究が行われておりませんでした。しかし、近年はCBDやCBCなどの、向精神作用が無いカンナビノイドに対して研究者の関心が高まっています。 現状では、以下がCBCの主要な効果だと考えられています。 ・癌細胞の増殖抑制痛み・炎症の緩和・痛み・炎症の緩和・ニキビ治療・うつ症状・不安の緩和・抗菌作用・脳細胞への作用    CBC(カンナビクロメン)とは?【原料卸売も実施中】 CBCは、THCやCBDと比べると研究事例がまだまだ少ないものの、固有の特徴や効果があると考えられています。 その一つが、痛みの伝搬・気分・体温調節などに関わっているTRP(Transient receptor potential)チャネルへの作用です。THCやCBDなど、通常のカンナビノイドはカンナビノイド受容体(CB1とCB2)に働きかけます。一方、CBCは、TRPチャネルにも働きかけると考えられています。そのため、他のカンナビノイドと比べて、炎症や痛みを緩和する効果が強いことが期待されています。 CBCがTRPチャネルに働きかける際、アナンダミドなどの内因性カンナビノイドが高レベルで放出されるようです。その結果、カンナビノイド受容体が活性化され、強力な抗炎症作用が発動すると考えられています。 また、CBCはカンナビノイド受容体にも働きかけます。CBDと同じく、主にCB2に作用するため、精神活性化作用がありません。また、CBCはカンナビス成分の効き目を相乗的に高めるアントラージュ効果にも重要な役割を担っているようです。   参考 出典:What Is CBC Oil...

もっと見る

5/20開催!CBDと音楽のアントラージュ効果を体感できるイベント【@原宿 BAR bonobo】

"CBDと音楽好き"のあなたに特別イベントのご招待。 70名を超えるCBD好きが集まった、4月20日に恵比寿で開催された「Sound of Cannabinoid 420」。ご好評につき、はやくも第二弾の開催が決定しました! 今回は夜通し、古民家を改装したバーで一夜限りのCBD×音楽の祭典を開催します。 前回予定があって来られなかった方も、初めて「tokyo mooon」のイベントを知った方もぜひお立ち寄りください。  ◎どんなイベントなの? 本イベントは、カンナビノイド(大麻内有効成分)についての理解を深めてもらうことを目的にしています。 CBDを普段愛用している人から事業者まで、幅広い層の人が集まる音楽イベントです。 チルな音楽や、古民家の温もりでリラックスした雰囲気の中、シンプルにCBDを楽しみたい人から事業仲間と交流したい人まで、様々な目的で参加できます。 前回の420イベントの様子⬇︎ 今回もCBDやCBNなどの日本で合法なカンナビノイドと共に、チルな空間でダウンテンポな音楽をお楽しみください。 CBDコンテンツについては、ハーブジョイントとFree CBDを予定しています。 CBD愛好家、海外にて大麻愛好家の皆さまのご参加を、心よりお待ちしております。 ▼出演アーティスト 〇Sota seo  Singer song writer/Sound scape 幼少の頃からNZにて生活。その後、放浪生活を続けるなかで音楽に出会う。旅の中で世界の音楽に出会う。 一つの舞台をみているかのように、そこはまるで森の奥深く。 鳥たちの声、時に海の底。るで発展途上の街の喧騒。 立ち上げる幾重にも重なる高/低の持続音、ノイズは、人と人との境界を曖昧にし、一つの空間をサイケデリックの渦で包み込みこむ。ジャンル:フォーク/ロック活動エリア:日本 プレイリストはこちら  〇Unpluggeg Jam Proud レペゼン多摩川のストリートクルー。JAZZ×HIP-HOPスタイルの無電源クルーは全国でアーティストとコラボしつつ活動中。 ジャンル:JAZZ×HIP-HOP主な活動エリア:日本(川崎駅前、渋谷) ▼タイムテーブル...

もっと見る

【製造実例#1】ダメ。ゼッタイ。文化を乗り越えたい CBDベイプをゼロから製造するまで

CBD製品を作ろうと思っても、まず何から始めてたらいいのか、実際にどのような流れで商品化が進んでいくのか、イメージしにくい人も多いでしょう。 今回インタビューを行ったのは、「CHILLTECH(チルテック)」を弊社でOEM製造した株式会社エクステアーズ 代表取締役の村田将幸さん。なぜCBD業界に参入しようと思ったのか、どのような層にアプローチしようと思ったのかなどのお話を伺いました。 株式会社エクステアーズ 代表取締役 村田将幸さん ガジェット系メディア「ABSマガジン」の編集長を務めつつ、7年以上にわたって「AppBank Store」WEB店を運営。年間300製品を超えるスマホアクセサリー全般をはじめ、オーディオ機器なども数多く試し、レビューしている。2020年10月に、株式会社エクステアーズを設立し、CBDメディアの運営やCBDデバイスの企画販売を行う。2022年2月、自社ブランドでCBDベイプを製造。 InstagramYouTubeTwitter株式会社AppBank Store 実体験の睡眠障害が、CBD業界参入のきっかけ  普段は、株式会社AppBank Store(スマホアクセサリーやガジェットの小売事業を展開)が運営する、ガジェット・モノ系ウェブメディア「ABSマガジン」にて編集長をしている村田さん。なぜ今回、CBD業界に目を向けたのでしょうか。 ーーCBD業界は、普段関わられている領域とまったく異なりますが、なぜ参入しようと思われたのでしょうか。 村田さん:普段パソコン仕事で、寝れない日が続いたことがあったんです。サプリを試したり、食生活を見直したりもしてみましたが、改善されませんでした。その時CBDと出会い、試してみて良さを実体験したんです。 特に、入眠しやすくなったと感じています。夜ベッドにつくと、あれやこれやと仕事のことが頭をよぎり寝付けなくて焦る。気づくと明るくなってきて、またさらに焦る。寝たか寝てないか、わからないような状態で目覚ましが鳴り、重たい体にムチを打ち、睡眠不足で仕事に取り掛かる、そんなことが常態化していました。 CBDを使い始めてから、寝付きが早くなったと感じるようになったんです。おかげで朝起きたときの、どんよりとしたダルさが軽減され、仕事の生産性が上がったように思います。 こんなに良いものがなぜ広まらないのか、不思議に思って調べてみたら、大麻由来のものだと初めて知りました。正しい情報を発信し、CBDを受け入れてもらうことで、寝れずに困っている社会人に広まってくれたらと思っています。 ーー実体験がきっかけなんですね。CBDの存在を知ったのは、いつぐらいでしょうか。市場の広がりなどもチェックされていたのでしょうか。 村田さん:2020年くらいだったので、結構最近ですね。それまで、なんとなくワードは知っていましたが、調べたりとか実際に使ってみよう、とまではいかず、2020年後半から2021年にかけて使い始めました。 ただ、CBD特有の味で苦味も感じることがあったので、「おいしいCBD」を自分で作りたいと思ったんです。それから、どういうブランドがあるんだろうとか、認知の広がり具合、市場規模の大きさなどをリサーチし始めました。 ここ数年、オンラインではGoogle トレンドで右肩上がりだったり、YouTubeでCBD製品を使用している人が増えています。オフラインでは、百貨店などでCBD製品を見かけることも多くなっています。オンラインとオフラインを総合的に鑑みて、参入を決めました。 僕のように、CBDを今まで使ったことがない人から見ると、大麻由来の成分で、しかもアンダーグラウンドなユーザーが多いイメージなので、手にとるにはハードルが高いんですよね。 でも、商品コンセプトをカフェにすれば、入り口としては誰でも入りやすいだろうと考えました。どんな味が良いのか参考にするために、都内のカフェ巡りなどもかなりしたんですよ。Instagramで人気のカフェを中心に、商業施設に入っている大きめなカフェから、路地裏の小さなカフェまでさまざまなジャンルを巡りました。  大麻やCBDなどは、もともと関わりのなかった業界なのにも関わらず、ビジネスを始めようと考えた村田さん。睡眠障害に悩む人が多い現代社会において、CBDの需要は今後高まっていくと予想されています。   製品製造のこだわりは、やみつきになる繊細な味 ーーオイルやエディブルなど、いろいろな商品がある中で、なぜベイプを選ばれたのですか? 村田さん:やっぱり、ベイプの味は表現の幅が広いんですよね。香りもあって癒される。 あと、ベイブはどうしても吸う作業が発生するじゃないですか。その時間だけは、ベイプを吸うことに時間を費やすことになりますよね。時間的な余白を持てることも、ベイプの良さなんです。  ...

もっと見る

年に1度の盛大なチルイベント開催【4/20 世界大麻デー】

「420」を祝したお祭りを4/20(水)に東京恵比寿にて開催します! CBDあり、音楽ありの盛大なチルイベントになる予定です。 「420」ってなんやねん!?という方も多いかと思うので補足します。 まず「420」はフォートゥウェンティーと発音します。 そして「420」はCBDの抽出元である大麻を指す用語です。 この420にちなんで、毎年4/20に大麻愛好家達が大麻のイベントを開催する風習があります。 現行法では、大麻を使用するイベントは日本では開催できません。 それでも、本場のような熱気ある420のイベントを日本でも開催したい! そこで、CBDやCBNなどの日本で合法なカンナビノイドとダウンテンポな音楽、チルな空間で本場の「420」を再現することにしました。 参加者の皆さんのリクエストに応える形でその場で作るCBDベイプやCBDハーブ、大麻ネイルアートなどイベントならではの体験や商品も用意しております CBD愛好家、大麻愛好家の皆さまのご参加を心よりお待ちしております。 一緒に「420」を盛大に祝いましょう! ▼出演アーティスト 〇まこちゃん 初期衝動が渦巻く繊細でミステリアスな世界観とBLACKを感じさせる歌声。 シンプルな幸せとpsychoな愛を描く。 生活から生まれる音楽。 過ぎゆく1秒の隙間に見え隠れするときめき。 その尊い一瞬を記憶からひとしずく。 彼女の見る世界はとろけるような心の渦と共にじわじわと溢れ出す。 Shall we high time?ジャンル:サイケデリック活動エリア:宮崎 プレイリストはこちら 〇Sota seo  Singer song writer/Sound scape 幼少の頃からNZにて生活。 その後、放浪生活を続けるなかで音楽に出会う。 旅の中で世界の音楽に出会う。 一つの舞台をみているかのように、そこはまるで森の奥深く。 鳥たちの声、時に海の底。 まるで発展途上の街の喧騒。 立ち上げる幾重にも重なる高/低の持続音,ノイズは、 人と人との境界を曖昧にし、一つの空間をサイケデリックの渦で包み込みこむ。ジャンル:フォーク/ロック活動エリア:日本 プレイリストはこちら ▼タイムテーブル   ▼イベント情報 「Sound...

もっと見る

オーガニックなCBD原料を使った製品を販売するには?米USDA認証についても解説!

オーガニック原料を使い、他社のCBD製品と差別化したいと考えている人も多いでしょう。しかし、オーガニックなCBD原料の定義や証明方法が、わからない人もいるのではないでしょうか。 さらに、オーガニック原料の知識だけではなく、仮に製品化したとしても、どの層にアプローチしたらいいのか、どのように売り出せばいいか、マーケティング視点にも不安を感じている人も、いるかもしれません。 この記事では、オーガニック原料の証明方法や、相性が良い商品など、オーガニックなCBD原料を使用して製品を販売したい人に役立つ情報をお届けします!   1. オーガニックなCBD原料とは CBD業界において、オーガニックなCBD原料とは「農薬や遺伝子組み換え技術を使用せずに、有機栽培されたヘンプから抽出されたCBD原料」のことだと、一般的に認識されています。 CBD原料のオーガニック栽培とは?   日本のCBD業界では、有機栽培されたヘンプから抽出されたCBD原料であるかを証明するために、公的なオーガニック認証を取得するCBD事業者も多くあります。有名なものだと、アメリカ農務省(USDA)が発行している「USDAオーガニック認証」です。 USDA内にある機関の「NOP(National Organic Program)」によって、主に原料を抽出するヘンプの栽培方法が調査され、USDAが定める基準を満たしているかが確かめられます。また、認証を取得したあとも、倉庫管理が適正かどうか(オーガニック作物と非オーガニック作物が区別して保管されているか)や、調達情報が最新であるかなどが、毎年確認されます。 オーガニックなCBD原料で製品を作りたい!と思ったときに、まず行うことは、USDA認証取得済みの原料を扱っているCBD卸売業者を探すこと。OEM製造を依頼するか、原料を購入し、自ら製品を作っていくのかを考えましょう。 弊社OFFも、USDA認証を取得したオーガニックのCBD原料をとり扱っています。お気軽にご相談ください。 お問い合わせはこちら   2. 原料にUSDAオーガニック認証を付与するための条件 CBD原料の卸売業者や、製造メーカーが取得する、USDAオーガニック認証。米国農務省が付与する認証なだけあり、認証取得にあたって細やかな条件があります。 大まかに分類すると、CBD原料がUSDAオーガニック認証を得るためには、以下2点において定められた基準を満たさなければなりません。 ・CBDを抽出する、ヘンプの栽培方法 ・CBDを抽出する、ヘンプの取り扱いとCBDの抽出過程 それぞれ詳しく見ていきましょう。   CBDを抽出する、ヘンプの栽培方法における基準 栽培方法における条件は、主に以下の5つです。 ・オーガニック作物を栽培する土地は、少なくとも収穫の3年以上前から禁止物質が塗布されていないこと。 ・土壌の肥沃度と作物の栄養分は、耕起と耕作、輪作、被覆作物によって管理され、動物や作物の老廃物や認可された合成物質で補充する。 ・作物の害虫、雑草、疫病は、主に物理的・機械的・生物学的な方法によって管理する。これらの管理方法では不十分な場合、国家が承認している生物・植物・合成物質を使用してもよい。...

もっと見る

【インタビュー🎤】大麻起業家・焚麻さんに聞くカナダの大麻ビジネス事情🇨🇦

今回のインタビューの目的は、日本でネガティブな話題で語られることが多い大麻のポジティブな側面を発見することです。 というわけで、カナダの大麻事情をご存知の今Twitterで話題の焚麻さんを招いてインタビューを行いたいと思います!   1. カナダ移住のきっかけ LUNA:今回、海外の大麻事情などを詳しく深掘っていければと思っているんですが、まず焚麻さんがそもそも海外になぜ行こうと思ったのか、またカナダで実際にどんなことをしようとしているのかということをお聞かせください〜。 焚麻さん:はい。なぜカナダへ行こうと思ったかなんですが、僕の妻がもともとカナダに行きたいという夢を持っていました。 それで恥ずかしながらデキ婚なんですけど、妻が19歳の時に妊娠が発覚して、女優の夢を諦めるのか、子供を諦めるのかという話になって、女優は諦めるけどカナダに行きたいという夢は、僕が叶えるという約束で結婚しました。 LUNA:なるほど〜。そういうドラマがあってカナダへの移住を決意されたんですねえ。 それでは、次に、焚麻さんと大麻との出会いをお聞かせください。   焚麻さん:僕はもともと15歳から19歳までにオーストラリアに住んでいたんですけど、その時に初めて大麻を勧められたんですよ。 オーストラリアのケアンズっていう街で、これ吸ってみなよって言われて、それで吸ってみたらその時に僕レモンティーを飲んでいたんですけど、レモンティーを飲んでいるだけですごい面白くなってしまって(笑) 焚麻さん:それを見て周りが笑うみたいな。それまで大麻って悪いものだと聞いていたけど、全然ピースなものだと思ったんですよ。 それで日本に帰国してから、ずっと大麻が合法なところに住みたいと思っていたところ、妻との出来事があったので、これが絶対に絶対に移住しないといけないという決意につながりました! LUNA:そもそもオーストラリアに行かれていた時点で、一般の方とは違う経験をされていたと思うんですけど、オーストラリアにはそもそもワーホリで行かれていたんですか? 焚麻さん:15歳から18歳までオーストラリアの高校に入っていて、19歳からワーホリに切り替えたんですけど、高校時代には2回ぐらい強制送還になりかけてしまったことがあります。 でも、何とか親にお願いをして、なんとか滞在させてもらえるようになって。全然頭がいいとかそういうことではなくて、英語も全然できなかったし、ただその中では真面目に自分ができることは何かとちょこちょこやっていました。   焚麻さん:その後、歌舞伎町でスカウトマンをやることになりまして、その前も寿司屋さんとかやっていたんですが、うまくいかなくなったりして、その後、オーストラリア時代の友人からの紹介で歌舞伎町でスカウトになりました。4、5年はスカウトをやりました。 LUNA:それから、奥さんの夢であるカナダに行こうと思ったわけですね。ちなみに、カナダが大麻が合法であるということは知っていたんですか? 焚麻さん:はい。ただ合法であるというだけではなくて、妻の妊娠がきっかけで決意を固めて、それで合法であるということもあって、これは移住をしなければいけないという意思が完全に固まりました。 LUNA:カナダでは始めはワーホリで行かれていたんですか? 焚麻さん:はい。ビザはワーホリなんですけども、結局語学学校に3ヶ月ほど行くことになりまして今入ってる大学に入ったという感じです。 LUNA:大学に入られたのは25歳ですか? 焚麻さん:大学に入ったのは26歳です。 じゃあ1年ぐらいは大学の勉強をされた感じですね。ノートなどを拝見させていただきましたけども、永住権などを取得するために大学を卒業する感じなんですかね? 焚麻さん:僕が大卒の資格を持っていなくてそれを取得する目的もあるんですけど、2年間カナダの大学に通うと3年間のポスグラママミットとという現地で働けるビザがおりるので、その間に永住権を申請するという流れで今ビザコンサルタントの形とお話しさせている形です。 LUNA:私もカナダに住んだことがないのでわからないのですが、3年間の修学をすることによって誰でも永住権を取れるという形なんですか? 焚麻さん:えっと。その後に自分がスポンサーになってくれる企業を探してそこで就職して永住権の形をとる形なんですよ。...

もっと見る

CBD原料の品質を見極めるにはどう比較すればいいの?

CBDを使って商品を製造する時、原料を使うことになると思います。値段が結構違うけど、どうやって品質の良し悪しを見分ければ良いのか分からない方も多いと思います。 この記事では、 CBD原料の品質はどう決まるのか? どのくらいの価格が妥当なのか? について解説します。 自社が原料輸入を行う中、海外の原料メーカーとの対話を通して得た知見を基に詳しくご紹介します。 弊社では、CBD事業者様向けにCBD原料(アイソレート、ブロードスペクトラム、CBG、CBNなど)の卸売もしております。ご興味ある方は、以下をご覧ください。  卸売についてはこちら   1. CBD原料の性質 最も大事なのは原料そのものの性質です。使ってみて感覚的に良い悪いを判断できるかもしれませんが、その理由を具体的に知っておくことが重要です。   成分配合(カンナビノイドプロファイル) カンナビノイドの配合は最も重要です。使用されている原料のCoAで確認ができます。 摂取時の効果に大きな影響を与えます。上記のようにCoA(成分分析書)で確認することができます。この例ではCBD、CBDV、CBCが含まれていることが分かります。 アイソレートの場合はCBDとCBDVでそれ以外は検出されません。ブロードスペクトラムの場合、CBD以外にもCBN、CBG、CBCなどが入っていることがあります。 【原料解説】CBD、THC以外の6つの主要カンナビノイド【卸売も実施中】   テルペン配合 テルペン(麻に含まれる香り成分)の配合によって、匂いが大きく変わります。例えば、リナロールはラベンダー、βカリオフィレンはペッパー、リモネンはレモンのような香りがします。 アイソレートは無味無臭の白い粉であるため、テルペンは含まれていませんが、ブロードスペクトラムの場合は含まれており種類によって異なります。 また、麻は天然由来のものであるため、毎回同じではなく検査をするバッチごとに毎回配合は変わります。 テルペンについては以下でも詳しく解説しています。 【原料販売中】CBDの効果を増大するテルペンとは?【薬剤師監修👩🏻‍🔬】   味 麻にはカンナビノイド、テルペンと他の成分(フラボノイド・クロロフィル等)の間での相互作用のため、苦く土っぽい味がすることがあります。 それらの苦味をマスキングするために、オイルやパウダーにする場合、例えばMCTオイルを粉末化したパウダーを加えたりするなど、工夫がされることもあります。 CBDが他のものと混ざるので純度は下がってしまいますが、このような技術が使用されている原料の方が、ベイプ、オイル、エディブルなど嗜好性を追求する商品の開発においては使いやすくなります。...

もっと見る

【損してませんか?】CBD原料の相場・適正価格は?OEM・仕入れの際に必見!

日本で売買されているCBD原料ですが、価格がピンキリでよく分からないという話を聞きます。その適切な価格について解説していきます。 弊社では、CBD事業者様向けにCBD原料(アイソレート、ブロードスペクトラム、ディスティレート、CBG、CBN、水溶性CBD)の卸売やCBD商品のOEMをしております。ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。  1. CBD産業の商流 CBDの生産から販売まで、下記のような流れを辿ります。日本国内では、麻の栽培を行うことができないため、生産農家は海外となります。 2. アメリカでのCBD原料の卸売価格・相場 もっともよく使われているCBD IsolateとDistillateの価格、製造工場が卸売業者またはメーカーに販売する際の金額として見ていきます。 データは「Cannyx Markets」という米国の大麻製品のプラットフォームを運営している企業から2021年1月時点での公開データを抜粋しています。 CBD Isolate(アイソレート)原料の価格・相場 最も一般的に使用されるCBDアイソレートについては、下記のような価格帯になります。 最も直近の2021年1月の平均価格・相場は、 USD1,100/Kg (日本円:約12万円) となっております。 同社のレポートによると、CBDアイソレートの価格は、 2020年1月から2021年1月にかけて、前年同月比で42%減少しています。 アイソレート原料はコモディティ化してきているかもしれません。   出典 | Cannyx Markets 【CBD原料解説】CBDアイソレートとは?ブロードスペクトラムとの違いは?【卸売も実施中】 CBD Distillate(ディスティレート・ブロードスペクトラム)原料の価格・相場 ブロードスペクトラムなどに使用されるCBDディスティレートについては、下記のような価格帯になります。...

もっと見る

CBD原料の種類一覧・まとめ【保存版】

最近話題のCBDですが、CBN、水溶性CBD、合成CBDなど様々な種類が出てきており、商品を作る際にどれを使えばいいのか、どうやって選ぶべきか、理解が追いつかない方も多いと思います。 この記事では、 CBD原料にはどんな種類があるのか? それぞれどういう特徴があるのか? 何を選べばいいいのか? について解説します。 現在自社が原料輸入を行っており、米国の大手CBDブランドへも原料共有を行っている、加工工場から得た知見を基に詳しくご紹介します。 弊社では、CBD事業者様向けにCBD原料(アイソレート、ブロードスペクトラム、水溶性CBD)などの卸売もしております。ご興味ある方はこちらをご覧ください。   1. CBD原料(基本の3種類) 麻に含まれる成分を図式化すると上記のようになります。 大麻草に含まれる医療効果のある化合物に対して付けられた名前、カンナビノイドの一部がCBD(カンナビジオール)という成分です。また、植物に香り・味・色を与えるテルペンという天然の香り成分も含まれています。 CBD原料には以下の3つがあることを覚えておきましょう(上記の図参照) フルスペクトラム(麻に含まれる全ての成分を含有した原料) ブロードスペクトラム(麻に含まれる全ての成分からTHCを取り除いた原料) アイソレート(麻に含まれる成分からCBDのみを取り出した原料) それぞれ詳しく見ていきます。   フルスペクトラム フルスペクトラムは麻に含まれる全ての成分を含有した原料です。天然の大麻草に最も近い成分配合になり、薬理効果も最も強いと言われています。 大麻が合法な国では最も主流ですが、日本を含むTHCに関する規制のある国では使用することができません。 THCとCBDの比率によって発揮できる効果が様々で、医療用にも使われています。   ブロードスペクトラム ブロードスペクトラムは麻に含まれる全ての成分からTHCを取り除いた原料です。日本でも合法的に使用することができます。 CBDと他のカンナビノイド(CBN・CBG等)を一緒に摂取することで、相互作用によりCBD単体で摂取するよりも強いCBDの効果を得られることができます。これをアントラージュ効果と言い、研究によって明らかにされています。 カンナビノイド(CBD、CBG、CBN)やテルペン(香り成分)の成分配合は同じ原料でも様々で、それによって香りや得られる効果は異なります。 そのため、配合を調整することで、RELAX、SLEEP、UPLIFTING、CALMなど、成りたい気分に応じて使い分けられるようにしている商品も出てきています。 ブロードスペクトラムとは?【卸売も実施中】...

もっと見る

水に溶ける水溶性CBDとは?【原料卸売も実施中】

昨今注目を集めているCBDビジネス。その摂取方法も、カンナビノイド業界の広がりとともに急速に進化しています。 かつてはティンクチャー(オイル)が主流だったCBDですが、現在ではCBDカフェなど、CBD入りのドリンクも増えてきています。 CBD飲料市場だけで2022年までに約2億6000万ドルの市場規模になる可能性があると言う専門家もおり、水溶性CBDへの関心が高まっています。 この記事では、 水溶性CBDとは何か? 水溶性CBDにはどのようなメリットがあるのか? 水溶性CBD、何を基準に選べばいいのか? についてご紹介します。 弊社では、CBD事業者様向けにCBD原料(アイソレート、ブロードスペクトラム、CBG、CBNなど)の卸売もしております。ご興味ある方はこちらご覧ください。  1. 水に溶ける水溶性CBDってなに? 従来のCBD原料は、水に溶けにくく油に溶けやすいという性質を持っています。 CBDをオイルで摂取する方法が一般的であるのを考えると、わかりやすいですね。 これに対して水溶性CBDは、水と混合しやすいという性質を持っています。 これが何を意味するかといいますと、コーヒー、ジュース、スムージー、プロテインなどのドリンクに容易に混ぜて飲むことができるというのは、ご想像の通りです。 しかし、より重要なのは、私たちの体の中の水分ともなじみやすいという点です。 人間の体は60%が水分でできています。そして血液には多量の水分が含まれています。 体内に取り入れられたCBDは、血液を回って全身にあるカンナビノイド受容体に作用することで効果を発揮します。 つまり、体内に入ってきたCBDをより多く血液で運び、摂取することができる、これが水溶性CBDの大きな特徴なのです。 2. 水溶性CBDはどうやって作られる? 水溶性CBDは、超音波を使ってCBD分子をナノ粒子に分解する、ナノテクノロジーと呼ばれる技術を用いて作られています。 ここでできたナノ粒子はCBDの粒子ですので親油性です。なので、これを乳化することではじめて、親水性のCBDができ上がります。 非水溶性CBDは、摂取したあと大部分が肝臓で分解されてしまうのに対して、水溶性CBDの粒子は100ナノメートル以下で非常に小さいがゆえに、口や食道の粘膜を通過し、そこから血液にダイレクトに流れこんで効果を発揮します。 水溶性CBDが少量で高い効果を発揮するのはこのためです。 【CBD原料解説】水にも溶けるナノCBDとは! 3. 水溶性CBDのメリットは? 水溶性CBDには以下のようなメリットがあります。 非水溶性CBD製品よりもバイオアベイラビリティーが高い(より効率的にCBDを摂取できる)...

もっと見る

THCVとは?違法なの?ハイになれるって本当!?

今回は大麻成分(カンナビノイド)の一つであるTHCVを紹介しますので、興味のある方はぜひ今後の商品選びの参考にしてくださいね! 今回紹介するTHCVは「THCと同じハイ(向精神活性化作用・陶酔効果)になる」という噂のカンナビノイドになりますので、その真相にも迫っていきます! 1. THCV(テトラヒドロカンナビビバリン)とは THCV(テトラヒドロカンナビビリン)とはカンナビノイドと言われる大麻成分の一種で、THC(テトラヒドロカンナビノール)と類似の化合物を指します。 THCVは1973年に発見されたもので、その優れた効果に期待が集まっていますが、大麻の中では非常に僅かな量しか含まれていません。 その希少性からTHCVは単体で売られていることはほとんどありません。 また、THCVはTHCと同様にカンナビノイド受容体CB1およびCB2に作用し、人間のエンドカンナビノイドシステムに影響を与えます。 ※エンドカンナビノイドシステムは食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などの機能をもち、細胞同士のコミュニケーション活動を支える身体調節機能 詳しくは下記をご覧ください。 【上級編】CBDの作用メカニズム、エンドカンナビノイドシステム(ECS)詳説 2. THCVって合法?違法? まず前提として、THCは違法成分として指定されていますが、THCVは合法成分です! 日本の法律をご説明すると、THCは大麻の成分の中でも人間をハイにする精神活性化作用があるとして、麻薬及び向精神薬取締法の規制に抵触するため違法とされております。 もちろんCBD・THCVも同じく大麻に含まれる成分ですが、2018年にWHO(世界保健機関)が「CBDをはじめとした大麻成分は依存性薬物ではない」という見解を示しました。 医療的有効性が非常に高く、身体への副作用が極めて低い成分であるため、その効果が、非常に世界でも注目されています。詳細は下記の記事触れています。 CBDの安全性は?WHO(世界保健機関)の見解 現在の日本ではTHCを取り除いた上で、日本でも医療機関での処方や健康商材としての流通が始まっています。 もちろんTHCVを含む商品も日本に出回っていますよ!では次にTHCVの効果についてお話ししていきますね! 3. THCVの効果とは ハイ(精神活性作用)になる効果は証明されていない 結論からお話しすると、THCVはTHCのようなハイ(精神活性化作用)の効果があると証明された研究は人間を対象にしたものでは見つけられませんでした。 THCVで検索すると、「THCよりは弱いが精神活性化作用がある」という記事がいくつか出てきますが、情報のソースは現在確認できておりません。 しかし、2008年の論文ではTHCVは高用量でTHC同様にCB1受容体作動薬として機能することが記述されており、マウスの研究ではあるものの、多量のTHCVの投与で精神活性化作用が確認できたとされています。 またこちらの論文では、低用量のTHCVの投与によりTHCの作用を防ぐCB1拮抗薬になると記述されており、THCの過剰摂取による課題などを防げる可能性があることも示唆されていました。 また、THC摂取で起こるマンチ(食欲増進効果)の食べ過ぎを抑える食欲抑制効果もあり、そういった意味でもTHCVは世界的に注目されているのです! THCVで禁煙が成功しやすくなる!? 一つ気になったTHCVの論文として、THCVが坑ニコチン効果を持っているというものがありました。...

もっと見る

THCとは何か・CBDとの違いは!?

「CBD」と「THC」は、どちらも大麻草に含まれる成分です。構造もよく似ており、化学式も同じです。しかし、両者は原子配置が異なり、違った構造をしています。これによって、摂取した際の効果が異なっています。 劇的な精神活性作用があるTHCは、日本を含む多くの国で規制対象になっています。ただし、身体への良い効果も確認されており、医療大麻として使用を認めている国や地域もあります。 一方で、CBDはTHCのような効果はもたらさず、日本でも規制対象にはなっていません。また、CBDは心身にさまざまな良い効果をもたらし、疾病の症状を緩和するなどの働きも確認されています。 では、CBDとTHCの違いについて詳しく見ていきましょう。   1. CBDとTHCの効果・効能 CBDとTHCは、どちらも、エンドカンナビノイドシステム (ECS)という生体の調節機能に作用します。 ECSは人間の身体に備わっている身体調節機能で、免疫、感情、運動機能など、多くの身体機能に影響を与えています。 ECSについては以下の記事で詳しく解説しておりますので、興味のある方は是非ご覧ください。 【上級編】CBDの作用メカニズム、エンドカンナビノイドシステム(ECS)詳説 ECSは内因性カンナビノイドと、「CB1」「CB2」などのカンナビノイド受容体などから構成され、内因性カンナビノイドが受容体と相互作用することで身体の調節機能を担っています。 CBDとTHCは、内因性カンナビノイドのように受容体に作用することで身体に影響を与えていますが、その方法や作用には違いがあります。   THCの精神活性作用 ECSは通常、生体内の内因性カンナビノイドが、カンナビノイド受容体に結合することで引き起こされます。 THCはカンナビノイド受容体であるCB1、CB2の両方と直接結合し、神経伝達を刺激、促進します。 また、THCは、脳神経に広く分布しているCB1に対してより高い親和性をもつ傾向があるので、THCは精神に強い影響を与えます。 それによって、視覚や聴覚、味覚などが鮮明に感じられるようになったり、気分が高揚したり、欲求が高まったりします。(いわゆる、マリファナによる「ハイ」の状態) さらにTHCは、末梢神経や免疫細胞、内臓組織などに分布するCB2とも相互作用し、鎮痛、沈静、催眠、食欲増進、抗がんなどの効果をもたらすとも言われています。 そのため、カナダやアメリカなどでは、医療大麻として使用が認められています。ただし、これは医療目的としての扱いであり、嗜好品としてマリファナを吸うこととは意味合いが異なります。(現在の日本では医療大麻は認可されていませんのでご注意ください。) THCは多くの国で違法であるため、悪者扱いされがちですが、THCを活用した薬の開発は進んでおり、すでに製剤化したマリノール(合成THCを利用)のような医薬品も誕生しています。ちなみにマリノールは、がん治療中に起こる吐き気を解消する医薬品として2004年より流通しています。   CBDによる心身の健康の維持作用 THCとは異なり、CBDは内因性カンナビノイドを活性化することで、間接的にECSに作用します。 THCは精神に強い活性をもたらしますが、CBDによって得られるのはリラックス効果です。 日々のストレス解消にもCBDは効果的ですが、うつや不安、パニック障害などのより大きな精神面の問題にも、CBDは有効であるとされています。 そのほか、神経変性疾患や高血圧、動脈硬化、関節炎・リウマチ、アトピー性皮膚炎、がんなどのさまざまな病気の症状への効果も実証または示唆されています。 CBDの効果効能に関してさらに詳しく知りたいという方は以下の記事もチェックしてみてください。...

もっと見る

CBC(カンナビクロメン)とは?【原料卸売も実施中】

THCやCBDについて詳しい方は多くいらっしゃいますが、その他の大麻成分についても幅広く知っている方は少ないのではないでしょうか? そこで、今回はCBC(カンナビクロメン)の正体やメリットについて解説していきます! 1. CBC(カンナビクロメン)とは (出典:https://thoughtcloud.net/big-six-major-cannabinoids-effects/より弊社編集) CBCとは、日本語でカンナビクロメンのことを指します。 CBCは、50年以上も前に発見されたカンナビノイドで、THC・CBD・CBN・CBG・THCVとともに、医学界では著名な「BIG6カンナビノイド」に選ばれているカンナビノイドです。 最初にCBCが発見されたのは1966年ですが、CBCに関する研究はあまりありませんでした。 これは、主にTHCが科学者および研究者の注目を集めていたからです。 しかし最近では、研究者たちの関心はCBDやCBCなどの向精神作用のないカンナビノイドの方にも移り始めています。 CBC・THC・CBDは、カンナビゲロリン酸(CBGA)に由来し、これら3つのカンナビノイドは、同じ起源を持っています。   メディカルカンナビスによると、実際のところCBCは大麻に含まれる2番目に最も普及しているカンナビノイド化合物です。他のカンナビノイドと同様に、CBCは大麻のトリコームで起こる酵素過程を通じて生成されます。 この過程には、CBCAシンターゼという酵素によるカンナビゲロール酸(CBGA)からカンナビクロメン酸(CBCA)への変換が関わっています。THCAからTHCへの変換と同様、CBCAは加熱された際にCBCに変換されます。これは脱炭酸として知られるプロセスです。 CBCはTHCやCBDなどと同じ分子式C21H3002を持ちます。多くのカンナビノイドが同じ分子式を持ちますが、分子内の原子はやや異なる形で配置されています。これにより個々の分子が非常に異なる化学的性質を持ちます。 CBCにはTHCのような精神活性効果がありません。またCBCの一部の効能が他のカンナビノイドとは独立しているため、CBCがカンナビノイド受容体に影響するかどうかさえ完全に明らかにはなっていません。しかし、CBCはさまざまな関心を引く薬効を持ち、THCおよび他のカンナビノイドの効果を重要な形で調整する可能性があると考えられています。   2. CBC(カンナビクロメン)の効果 癌細胞の増殖抑制痛み・炎症の緩和 カンナビクロメンは強力ながん治療薬となる可能性がありますが、その理由は、体内の天然エンドカンナビノイドであるアナンダミドが相互に作用するためだと言われています。そのアナンダミドは乳がんの細胞の成長を阻害しすることが研究で報告されています。CBCはまた、アナンダミドの取り込みを阻害し、アナンダミドが血流中に長く留まることを可能にするようです。 ネズミを用いた研究では、カンナビノイドが炎症と腫瘍の成長を抑制するのに有効である可能性が示されました。アナンダミドは、乳がんと闘うことが示されているので、CBCが癌や痛み、炎症の緩和に寄与するとされる未来は近いかもしれません。  【出典】 Anandamide inhibits breast tumor-induced angiogenesis (nih.gov) Antitumor...

もっと見る

カート

購入可能な商品がなくなりました

現在、カートは空です。