このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。

ご注文商品は、通常2営業日以内に発送致します。卸販売は5万円以上ご購入で送料無料です。

ブルガリアの大麻合法化状況

ブルガリアの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. ブルガリアで大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて   1. ブルガリアで大麻は合法? ブルガリアでは嗜好用大麻は合法となっています。さらに、医療用大麻も違法となっています。    2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 ブルガリアでは、嗜好用大麻の所持・使用は違法となっています。所持はいかなる量でも違法ですが、少量(ジョイント1本など)は軽犯罪とみなされ、罰金の対象となります。   罰金は2,000〜5,000BGN(約1,200ドル〜3,000ドル)と幅があり、所持している大麻の量や、捕まった時の状況により罰金の額が変動します。   また、販売目的などの悪質な大麻所持と見做された場合は最長6年の禁固刑に処される可能性があります。   3. 医療大麻に関する規制 ...

もっと見る

【業界ニュース】CBD・ヘンプ業界で巻き起こる海外、国内動向まとめ(11/8〜11/14)

約5分で国内外のCBD業界のホットトピックが丸わかり。 11/8週も盛りだくさんの最新の市場動向をお届けします。 今回のトピックは以下の4つです。 ①アメリカ・コロラド州、マジックマッシュルームを合法化 ②アメリカ・コロラド州、マジックマッシュルームを合法化 ③カナダ大麻企業のティルレイ、NYの人気クラフトビールメーカーを買収 ④【アメリカのヘンプ食品のマーケットサイズ、1000億円規模目前へ

もっと見る

アメリカ、2022年の中間選挙で各州の大麻合法化に進展?!

1.  アメリカ、2022年の中間選挙で各州の大麻合法化に進展?! 2. 原料卸売と製品のOEMについて   1.  アメリカ、2022年の中間選挙で各州の大麻合法化に進展?! 今回のアメリカ中間選挙、5つの州で嗜好用大麻合法化法案が有権者の前に提示されました。 今回、嗜好用大麻合法化に投票が行われた5つの州のうち、メリーランド州以外は2020年の大統領選挙で、ドナルド・トランプ氏が優勢だった州です。   バイデン大統領は10月、連邦法のもとで大麻の単純所持で有罪判決を受けた何千人もの恩赦を発表しました。大麻合法化の支持者は、バイデンの発表が大麻合法化を後押しするだろうと述べています。   今回、嗜好用大麻合法化案が提出された州は、メリーランド、ミズーリ、アーカンソー、ノースダコタ、サウスダコタです。この5つの州では今現在、医療大麻プログラムが進められています。   アーカンソー州は、2016年にバイブルベルト州で初めて医療用大麻合法化に踏み切った州になります。州初の大麻ショップが2019年にオープンしていて、9万人以上の患者さんが医療用大麻カードを保持し、合法でそれぞれの症状に合わせて大麻を購入できている状況です。   各州の中間選挙での提案   ・メリーランド州の提案は、州憲法を改正し、21歳以上の成人に、州内での大麻使用、流通、所持、規制、課税を許可するものです。   ・ミズーリ州の提案は、21歳以上の成人向け嗜好用大麻を合法化し、成人が最大3オンスの大麻を購入可能にし、ライセンス有りで最大6株の大麻栽培を可能にすること、未成年者への販売や大麻影響下での運転を減らし、非暴力的な大麻犯罪に対する過去の逮捕や有罪判決の記録を抹消しようというものです。   ・アーカンソー州の提案では、21歳以上の成人が小売業者から最大1オンスの大麻を購入可能、そして大麻販売に10%の売上税を実施するものでした。他の州と異なるところは、大麻単純所持の有罪判決の抹消は含んでいないところです。   ・ノースダコタ州の提案は、21歳以上の成人が合法的に自宅で大麻を使用し、最大1オンスの大麻を所有し、最大3株の大麻を自宅栽培することを可能にする意向です。また、小売店、栽培者、そのほかの種類の大麻事業を規制する政策も制定する見込みです。   ・サウスダコタ州では、州民のほとんどが共和党員で、2020年に大麻所持を合法化することに投票したが州最高裁判所によって否決されていました。今年の選挙では、嗜好用大麻合法化案が単独で有権者の前に立ち、成人の大麻1オンスの所持と大麻自宅栽培3株までの許可の投票でした。   *バイブルベルト:アメリカ南部で、聖書を絶対視するファンダメンタリストの多い地帯。    ...

もっと見る

【業界ニュース】CBD・ヘンプ業界で巻き起こる海外、国内動向まとめ(11/1〜11/7)

約5分で国内外のCBD業界のホットトピックが丸わかり。 11/1週も盛りだくさんの最新の市場動向をお届けします。 今回のトピックは以下の4つです。①ニューヨーク初の嗜好用大麻ディスペンサリー、近々認可される可能性濃厚②アメリカ・SAFEバンキング法、大麻産業に金融革命をもたらす可能性③イギリス、25棟の新築ヘンプハウスに住宅所有者が入居④【まるでSF】イスラエル企業、バイオファーミング技術でカンナビノイドたっぷりの大麻を生産⑤黒人大物ラッパーのショーン・コムズ、マサチューセッツ州で大麻ショップと生産施設を買収

もっと見る

黒人大物ラッパーのショーン・コムズ、マサチューセッツ州で大麻ショップと生産施設を買収

パフディディの通り名で日本の音楽シーンでも有名なディディ・コムズが数百万ドル規模の取引で大麻産業に大きく舵を切りました。   ヒップホップの大物音楽プロデューサーでもあるディディ・コムズはマサチューセッツ州を含む3つの州で大麻ショップと大麻生産施設を買収することになりました。

もっと見る

【まるでSF】イスラエル企業、バイオファーミング技術でカンナビノイドたっぷりの大麻を実現

バイオハーベストサイエンス社は、大麻という植物に対する考え方を変えようとしています。   イスラエルのある企業は、バイオリアクターを用いて大麻の細胞のクローンを作り、大麻のカンナビノイドやテルペンなどを含む粉末状のバイオマスに培養し、通常の大麻の約12倍の効能に増強することに成功した。

もっと見る

アメリカ・SAFEバンキング法、大麻産業に金融革命をもたらす可能性

議会の残り数カ月は、アメリカの大麻業界にとって1年で最も素晴らしい時期になるでしょう。   ジョー・バイデン大統領が大麻の規制見直しと大麻所持の恩赦についてサプライズ発表したことに加え、 11月8日に成人用大麻の合法化に向けて多くの州が投票する可能性があります。   民主党の議員や株式アナリストは、大麻産業の銀行改革といった長年の課題がようやく取り上げられるだろうと肯定的に捉えています。

もっと見る

クロアチアの大麻合法化状況

クロアチアの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. クロアチアで大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて   1. クロアチアで大麻は合法? クロアチアでは医療用大麻は合法となっています。医療用大麻は2015年に合法化されています。また、嗜好用大麻は違法ですが、非犯罪化されています。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 クロアチアでは嗜好用大麻は違法です。   2012年12月、クロアチア議会は、嗜好用大麻を非犯罪化する法案を採決しました。しかし、懲役や重い罰則が伴わない、「少量」な所持量がどの程度であるかは定められませんでした。その代わり、裁判所が大麻の使用量が個人使用のみに現れる状況かどうかを判断することになりました。   2013年から、クロアチアの刑法では、さまざまな違法薬物の区別が行われました。そして、刑罰が重い薬物と大麻のような軽い薬物に分けられるようになりました。同法によると、大麻の栽培や販売は重罪とみなされ、強制的に実刑判決(最低3年)が下されます。   少量の大麻やその他の軽い薬物の所持においては、ケースバイケースで750〜3000ドルの罰金が科されます。  ...

もっと見る

リヒテンシュタインの大麻合法化状況

リヒテンシュタインの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. リヒテンシュタインで大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて   1. リヒテンシュタインで大麻は合法? リヒテンシュタインでは医療用大麻、嗜好用大麻の両方が違法となっています。    2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 リヒテンシュタインにおいて大麻は違法であり、嗜好用大麻の大麻の製造、販売、所持には厳しい罰則があります。   リヒテンシュタインは大麻に対してかなり厳しい体制をとっており、大麻所持で捕まった者は懲役や罰金などといった重い罰則が伴います。   3. 医療大麻に関する規制  リヒテンシュタインは他のヨーロッパ諸国とは異なり、大麻に対してはかなり厳しい体制をとっています。医療用大麻は同国では違法となっており、医療用大麻での治療は国内ではありません。  ...

もっと見る

アイスランドの大麻合法化状況

アイスランドの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. アイスランドで大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて   1. アイスランドで大麻は合法?  アイスランドでは医療用大麻は合法となっていますが、現在でも規制が非常に厳しいです。また、嗜好用大麻は非犯罪化もされておらず、違法となっています。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 1969年、アイスランドで大麻を禁止する規制が設けられ、同国で大麻の所持・譲渡などは起訴につながる違法行為となりました。   大麻所持で捕まった場合、所持している大麻の量により刑罰の重さが変わります。少量の所持は懲役刑などにはつながりにくく、違反者は罰金などに処されます。   また、大麻の消費は犯罪ではなく、所持のみが違法となっています。そもそも、消費している時点で所持と同様なので両方、違法行為と見なして良いでしょう。   近年、嗜好用大麻の非犯罪化・合法化など、既存の薬物関連法の改正が議会に提案されました。しかし、法改正はおろか、その議題はあまり取り上げられず、大麻合法化への道のりは長そうです。  ...

もっと見る