このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。

ご注文商品は、通常2営業日以内に発送致します。卸販売は5万円以上ご購入で送料無料です。

タイ、観光客が知っておくべき大麻ルールを公開

 1. タイ、観光客が知っておくべき大麻ルールを公開

2. 原料卸売と製品のOEMについて

 

1. タイ、観光客が知っておくべき大麻ルールを公開

医療用大麻解禁と同時に嗜好用大麻の禁止を緩和した後、タイでは大麻カフェや大麻専門店が一般的になってきました。 

しかし、政府の法律改正が混乱し、何が許可されるべきかについての議論が続いているため、観光客がトラブルに巻き込まれる可能性があります。

公衆衛生省は新しいガイドを発表し、「観光客がいくつかの簡単なルールに従う限り、恐れることはありません」と言及しています。

 

では、何が許され、何が禁止されているのでしょうか。

 

◆合法的に大麻を摂取できるのは20歳以上の成人に限られます。(妊娠中や授乳中は除く)

 

◆喫煙は個人の住居内で、大麻入り食品は認可されたレストランで摂取することができます。学校、寺院、ショッピングモールなどの公共の場で大麻を吸うと、25,000バーツ(750ドル)の罰金と3ヶ月の禁固刑に処されます。原則として、他人のスペースを「侵害」しないように意識することが大切です。

 

◆大麻製品やCBD商品を販売している登録済み販売店が全国に2,600店以上あります。バンコク、チェンマイ、パタヤなどの都市では、調剤薬局は簡単に見つけることができます。しかし評判が良いところを選ぶようにと勧めています。

 

◆大麻を栽培するには、国の食品医薬品局への登録が必要です。また、大麻の花芽を研究、輸出、商業目的の加工に使用する場合は、許可が必要です。



◆個人で消費する分には消費量の制限はありません。しかし、同省のガイドでは、摂取後の運転は控えるよう勧告しています。

 

◆観光客は、植物の一部や種子を携帯して入国・出国することはできません。また、THC濃度が0.2%以上の抽出物を所持するには、許可証が必要です。

 

参考:https://www.theguardian.com/society/2023/jan/10/consuming-cannabis-in-thailand-what-tourists-need-to-know-marijuana-weed-rules

 

2. OFFの原料はオーガニック仕様

USDAオーガニック認証

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

合法性と安全性
製造工程における各種認証
信用・実績のあるサプライヤー

 

合法性と安全性
厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み
・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能
・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供
・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

製造工程における各種認証
USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)
・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)
・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)
・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

信用・実績のあるサプライヤー
・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入
FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

 

CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

著者プロフィール

ローズ

2021年まで、学生・ネイルアーティスト・ヨガ講師として13年間アメリカ在住。カリフォルニア嗜好用大麻合法化を2016年に目の当たりにする。その後、日本に帰国し、大麻の植物としてのミラクルを広めたくtokyo mooonで活動。

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら