このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。

ご注文商品は通常2営業日以内に発送致します。小売商品は8千円、会員サイトの卸売商品は5万円以上の購入で送料無料です。

CBNとは何か?CBDとの違いは?

 

大麻由来の成分として近年話題のCBD。CBDと同じく大麻由来で、カンナビノイドという生理活性物質に分類されるCBNという健康成分にも注目が集まっています。

この記事はそんなCBNについてよく知らない人を対象に、CBNの基本について解説します。

 

弊社では、CBD事業者様向けにCBN原料の卸売もしております。ご興味ある方は以下をご覧ください。

 原料を見る

 

1. CBN(カンナビノール)とは何か?

CBN(カンナビノール)はカンナビノイドと呼ばれる化合物の一つで、主にTHC(テトラヒドロカンナビノール)が酸素、光に晒されたり、時間の影響を受けて変化した結果、生成されます。長期間保存されたカンナビスなどは、THCからCBNが生成され、CBN含有量が高まると言われています。

CBNは、1940年に大麻から初めて抽出されたカンナビノイドで、名前が似ているCBDとは異なり、CBNはTHC(テトラヒドロカンナビノール)とより密接に関連しています。

カンナビノイドとは、カンナビス植物(大麻)に含まれる多くの化合物の一つです。一方、カンナビスはこれらの化合物を含む植物そのものを指します。カンナビノイドはカンナビスに含まれる複数の成分の中の一つであり、THCやCBD(カンナビジオール)などもカンナビノイドに分類されます。

CBNは、カンナビノイドの中でも比較的希少であるため、マイナーカンナビノイド、レアカンナビノイドとも呼ばれます。

この物質はTHCとは異なり、ほとんど精神活性作用がありません。いくつかの研究では、その精神活性作用はTHCの約1/10であると言われている一方、CBDに比べると精神活性作用が高いとされています。加えて、国内で合法的に食品や化粧品への添加が可能であるため、製品応用のしやすい物質と言えるでしょう。

 

2. CBNでハイになるの?

CBNで検索すると、「ハイ」や「キマる」といったキーワードもセットになっていますが、結論、CBNを摂取してハイになったり、キマったりすることはありません。

そもそもハイになる、キマるとは、精神活性作用のことを指します。精神活性作用とは、気分の向上、陶酔感や幸福感を意味します。大麻由来の成分として有名なTHCが、ハイになることで有名な成分です。

この効果の作用機序(効果が発生するプロセスのこと)については、THCが、人体の中枢神経に多く存在する「CB1」と呼ばれる受容体に結合し、アゴニスト(活性化物質)として作用することで「ハイになる」体感を引き起こします。

CBNは、THC同様にCB1に結合しますがあくまで部分的です。ある論文によると、受容体への結合のしやすさを表した結合親和性というものがありますが、その数値がCBNはTHCの約1/4となっています。以下の画像が、論文より抜粋したもので、①がTHC②がCBNの数値になります。

注意点としては、結合親和性と精神活性作用は比例関係にあるわけではなく、精神活性作用が1/4というわけではないという部分です。

別の研究では、CBNはTHCと比較すると約1/10程度の精神活性作用しかないことが示唆されており、比率としては結合親和性よりもさらに低くなっています。そのためCBNは、現時点で「ハイ」になることはないとされています。

ただ、実際にCBN製品を使用した方の中では、緩やかな気分の高揚感があった、といった声もあったりします。どの程度の量を摂取したのか?等を正確には把握できませんが、穏やかにハイになる場合もある、と考えておくのが良いでしょう。THCと分子構造が似ているため、過剰摂取には気をつけたいところですが、カンナビノイドの魅力を安全に楽しめると言った点は大きなメリットと言えます。

参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9658060/

参考:Evaluation of Phytocannabinoids from High Potency Cannabis sativa using In Vitro Bioassays to Determine Structure-Activity Relationships for Cannabinoid Receptor 1 and Cannabinoid Receptor 2

そんなCBNの魅力が味わえる、穏やかな高揚感をもたらすコンセプトのCBNドリンク「Chilling High」を、tokyo mooonが開発しました。

この機会に是非お試しください。

 

 商品をみる

 

3. CBNの効果・機能性

CBNに関する研究は昔からありましたが、CBDやTHCほど注目されていませんでした。

しかし、1990年代にエンドカンナビノイドシステムが発見され、医療用および娯楽用カンナビスが次々と合法化され、世間に受け入れられるようになったことで、近年CBNについて重要な発見が多く生まれています。

3-1. 鎮静作用

CBNには強力な鎮静作用があるといわれています。

Steep Hill Labsの研究によると、CBNのわずか5mgは、ジアゼパム(別名バリウム)の10mgと同じくらい強力であることが示されています。

インディカ種はCBN含有量が高い傾向にあり、このCBNによりインディカ種に有名な鎮静効果であるカウチロック効果(大麻の使用により動けなくなる状態)を説明することができるのです。

しかし近年の研究では、THCとCBNの相乗効果により高いレベルの鎮静作用を引き起こしているという見解もあり、CBNだけの鎮静効果ではないのではないかという見方も出てきています。

ただ、それらのカンナビノイドの組み合わせにより、不眠症患者に5〜6時間の睡眠を与える鎮静作用が証明されており、カンナビノイド全体の鎮静効果は疑う余地がありません。

まだCBNのみの鎮静効果は可能性の域を越えていないため、CBNにおける世界の研究結果を楽しみにしておきましょう。

【出典】The ‘sleepy’ cannabinoid CBN might not actually be sedating

【出典】What Is CBN And What Does It Do?

3-2. 神経保護作用

CBNには神経保護作用があることも証明されています。

マウスを対象にした研究ですが、CBNの投与によりALS(筋萎縮性側索硬化症という神経の障害)の発症を遅らせることができたという研究があります。この研究では、CBNの投与により副作用なく、マウスの症状の進行を2週間以上遅らせることが分かったのです。

この結果は、CBNがALSなどの神経変性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病、など)と戦う1つの武器であることを示していると言えます。

【出典】
Cannabinol delays symptom onset in SOD1 (G93A) transgenic mice without affecting survival

3-3. 骨の成長促進効果

CBNは骨組織の成長を促す可能性もあります。

これは、血液細胞に変化することが知られている間葉系細胞を、骨や他の種類の組織と同様に間接的に刺激することによって引き起こされます。

CBNは、骨折や骨折を治すための将来の治療法として有望と言えるかもしれません。

さらなる臨床研究が必要ですが、今後の可能性に注目です。

【出典】How CBN Can Improve Your Sleep, Mood, and Health

3-4. 抗菌作用

CBNには強い抗菌作用があることも挙げられます

ある研究では、CBNをはじめとするカンナビノイドがMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)と呼ばれる抗生物質が効きにくい菌に対して強力な活性を示したこと発表しています。

薬物耐性を持つ菌にも効果があるということは、通常の抗生物質では治癒できない細胞感染を防ぐことにも使用できる可能性を秘めているのではないでしょうか?

【出典】Antibacterial cannabinoids from Cannabis sativa: a structure-activity study

3-5. 乾癬(かんせん)に対しての効能

乾癬(かんせん)とは皮膚が赤くなり発疹を起こす病気のことです。

ある研究では、CBNを局所的に塗布することで乾癬の治療に役立ったという結果が出ています。

この理由としては、CBNが皮膚細胞の過剰増殖を遅らせるという効果があるからだと考えられています。

 この結果からCBNが乾癬(かんせん)患者にとっては希望の星となっていくに違いありません。

さらには、マウスの研究ですが、CBNが関節炎などに対する抗炎症作用が認められることも挙げられています。

【出典】Cannabinol (CBN): What Is It And What Are Its Effects?

3-6. 食欲増進効果

THCと同様に、CBNもCB1(中枢神経)に作用することで食欲を高めることが確認されています。

THCのようにハイにならずに、食欲増進を必要とする人々、特にがん治療によって食欲が低下してしまった患者に対しては、この食欲促進作用が非常に価値のある治療選択肢となり得ます。

【出典】https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22543671/

3-7. 抗痙攣(けいれん)作用

CBNは神経細胞の過度な興奮を効果的に抑制し、筋肉の不随意な収縮を阻止する能力があります。

この作用により、痙攣(けいれん)を軽減する効果が確認されており、痙攣を起こしやすい状態の患者に対して有益な治療方法となり得るでしょう。

【出典】https://shopgoldleaf.com/blogs/newsfeed/a-quick-guide-to-cannabinoids-cbn 

 

4. CBNの作用機序

CBNの作用機序は、エンドカンナビノイドシステム(ECS)により説明できます。

CBNは体内に存在する主にCB2受容体に、また、CB1受容体にも直接作用すると言われています。

ECSに関して、詳しく知りたいという方は、以下をご覧ください。

ECS(エンドカンナビノイドシステム)とは

 

5. CBNとテルペンの相乗効果

CBNは、テルペンと呼ばれる植物などに含まれる香り成分との相乗効果が比較的高いです。

大麻特有の独特な香りや苦味はこのテルペンによるもので、大麻草に200種類以上含有されていることが分かっています。テルペンはハーブのような香りを持っているため、香水やアロマオイルにも活用されています。

テルペンは、CBDやCBNと一緒に摂取することで、「相乗効果(アントラージュ効果)」を生み出すと考えられています。

なお、CBNの方が、CBDと比較してより強いアントラージュ効果を生み出すとされています。

実際に2019年のイスラエルの論文でも、CBDに比べて、CBNの方がテルペンとの相関関係が高かったことが示唆されています。

CBNをより楽しみたければ、テルペンとの組み合わせは必須になるでしょう。

より詳細にテルペンについて知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

【徹底解説】CBD製品でよく見るテルペンとは?

 

6. CBNの化学構造

CBNはTHCの分解産物であり、化学式はC21H26O2、モル質量は310.43 g/molです。

不安定なTHC分子(化学式はC21H30O2)が、4つの水素原子を失うことでCBNを形成します。

 

7. CBNとCBDの違い

CBNとCBDの主要な違いは、化学構造、体への影響・効果、およびその希少性にあります。

体への影響・効果の違いとしては、CBNは上述の通り、鎮静や安眠、鎮痛、乾癬や皮膚炎など、皮膚を刺激する疾患の治療などに効果が見込まれます。

他方CBDは一般的に、ストレス&不安の解消、リラックス効果があると言われております。

両者とも中毒性がないことは共通しており、CBNの特徴的な部分としては、眠気を引き起し、睡眠の促進に効果がある点です。

希少性に関しては、レアカンナビノイドと呼ばれるCBNの方が、CBDよりも遥かに高いことで知られています。そのため、CBNの方が高価格な原料となっています。

ちなみに、原料について「CBDとCBNはどのように使い分ければ良いのか?」などの質問を頂きますが、期待する効果・効能によって原料を使い分けることをおすすめします。

上記の点を理解したうえで、原料を選定し商品開発をすることで、より良いプロダクト作りに繋がります。

 

8. CBNとCBGの違い

CBNとCBGには様々な観点での違いがあります。代表的なものは以下の3つです。

・精神活性作用の有無

CBNは第2章で説明したように、THCの約1/10程度の精神活性作用がありますが、CBGにはそのような作用はありません。そこは大きな違いと言えるでしょう。

・作用経路の違い

CBNは、脳内にあるCB1というカンナビノイド受容体(カンナビノイドのシグナルを体内に伝える働きを持つたんぱく質)に直接作用することによって、ECS(エンドカンナビノイドシステム)を活性化させ、健康や治療効果をもたらします。

一方、CBGは脳内にあるCB1だけでなく、CB2受容体にも直接作用するのです。

現在一般的となっているCBDは、カンナビノイド受容体に直接作用するわけではなく、体内で生成されるカンナビノイドの分解を防ぐことによって、ECSを活性化すると考えられています。

効果が出るまでのプロセスが違うと理解しておくと良いでしょう。

・効果の違い

CBNもCBGも大麻草由来の成分ですが、以下のように期待されている効果が異なります。

CBNは、

・睡眠の補助
・痛みの軽減
・神経の保護
・炎症緩和
・抗酸化
・食欲増進

などの効果が期待できるとされています。

CBGは、

・炎症性腸疾患
・緑内障
・直腸がん
・ハンチントン病
・膀胱機能障害
・食欲不振

などに効果が期待できると言われています。

 

9. CBNの安全性と副作用

CBNの副作用に関する研究はまだありません。

研究が進んでいないだけで、副作用に関しては良くわかっていない状況です。

そのため、妊娠中や授乳中の人、および子供は、CBNの使用を避けることをおすすめします。

また、健康状態に関係なく、かかりつけのお医者さんがいる場合は特に、CBNを試す前に、専門家への事前相談をお願いします。

 

10. CBNの希少性

CBNは天然の大麻に微量にしか含まれないため、マイナーカンナビノイドやレアカンナビノイドと呼ばれています。

通常、天然の大麻には、0.01%程度しか含まれず、多くて10%ほどです。天然の大麻(ヘンプを除く)に最も含まれるカンナビノイドはTHCで、20%〜25%ほど含まれています。

 

11. CBNの可能性

CBNはCBDやTHCと比べると。現状大きな注目を集めているわけではありません。

10年前はほどんどの人がCBDのことすら知りませんでした。CBD同様、CBNも今後カンナビノイドの中でプレゼンスを発揮してくるだろうと推測しています。

CBNの効果・機能性の章でも説明しましたが、CBNは鎮静作用があるので睡眠を目的としたCBD製品との相性が良いです。

睡眠に関していうと、日本人は2018年のOECDの調査によると、OECD加盟国27カ国の中で平均睡眠時間が最下位の国です。世界的に見て睡眠課題を抱える国民が多くいるわけです。

そんなお国柄からもCBNはますます日本で浸透していくでしょう。

 

12. CBNは違法か?

CBNは日本では違法ではありません。合法です。

もちろん指定薬物にも登録されていません。

アメリカにおいても状況は同じです。CBNは連邦レベルで特定の規制物質としてリストされていません。

ただし、CBNが違法な国も存在します。例えば、イギリスです。
CBNはわずかに精神活性作用があるため、イギリスでは合法ではありません。

 

13. CBNは薬物検査に引っかかるか?

結論からいうと、CBNを使用すると薬物検査で偽陽性の結果が出ることがあります。

ユタ大学健康科学センターの研究チームによると、3つの異なる尿サンプルで、CBD、CBC、CBGは偽陽性を示さなかったが、CBNはEmit II Plus検査で顕著な反応性を示したとのことです。この研究で使用した尿サンプルは1000 ng/mLですが、CBNの場合、これを1/10の100 ng/mLで検査した場合も偽陽性が検出されたことがあったようです。

そのため、患者の方は、もし薬物検査をすることになった場合は、CBNを使用していることを医師の方に共有することをおすすめします。

【出典】https://www.aacc.org/media/press-release-archive/2019/08-aug/the-latest-wellness-craze-cbd-wont-cause-users-to-fail-drug-tests-but-cbn-will

 

14. CBNの摂取方法

最後に、CBDの接種方法について解説していきます。CBDは接種の方法によって、吸収率、効果が出るまでの時間、効果の持続時間などが異なります。CBD製品を楽しむためにも、ここはきちんと理解しておきましょう。

摂取方法の種類ごとに、それに適した商品の形式、作用が発揮されるまでの時間、作用の持続時間、吸収率(バイオアベイラビリティ)が異なります。

・舌下摂取

舌下摂取とは、舌の裏側または頬粘膜(頬内側)から摂取する方法のことです。CBDオイルを摂取するときは、舌下に垂らす方法が一般的です。

CBDをこの方法で摂取すると、血流を介して循環系に移行し、中枢神経系に比較的早く到達し、肝臓での初回通過効果を回避できます。

ただし、舌下に垂らしたCBDをそのまま飲み込んでしまった場合は、CBDは胃腸管に吸収され、初回通過効果の影響を受けるためバイオアベイラビリティは低下します。

初回通過効果とは、薬を経口摂取した場合、全身に循環する前に肝臓を通すことで代謝されてしまい、バイオアベイラビリティが下がってしまうことを指します。

作用発揮までは15〜30分ほどで、作用の持続時間は、2〜4時間となっています。

・肺摂取

肺摂取とは、肺の毛細血管を通して吸収される方法です。CBDベイプが対応する商品としては当てはまります。

直接肺に吸収させる摂取方法なので、数秒~10分程度でCBDの効果を感じることができます。効果が現れるまでの時間は2〜15分、持続時間は2〜4時間程度です。

・経口摂取

経口摂取が最もイメージされる方法でしょう。こちらは口に含んで飲み込む方法になります。グミやクッキーなどのエディブル(固形物)形式の商品が当てはまります。

こちらも、初回通過効果の影響を受けるためバイオアベイラビリティは低下しますが、作用持続時間6〜8と長く、作用発揮までの時間が30〜90分と長いことも特徴です。

・経皮摂取

経皮摂取とは、皮膚を通してCBDを摂取する方法です。塗り商品であるバームなどが該当します。

CBDが4時間~12時間をかけてゆっくりと着実に真皮を通過して血中に送りこまれていき、バイオアベイラビリティは最大で90%になる特徴があります。これは、静脈に直接投与した場合に相当します。作用発揮までの時間は15〜30分程度です。

詳細に関しては、以下の記事で解説しています。

CBDの摂取方法毎の摂取効率まとめ(バイオアベイラビリティ)

  

15. CBNを含む商品事例

CBNを含む商品は、日本では、ベイプ、スキンケア、食品での事例があります。

手前味噌ではありますが、ベイプの事例は以下の商品がおすすめです。

 

 詳細をみる

 

また、スキンケアや食品の文脈では、CBNだけでないCBDやテルペンも含む以下の商品がおすすめです。

 

 詳細をみる

 

16. CBN原料に興味がある方へ

弊社では、CBN、CBD(アイソレート、ディスティレート、ブロードスペクトラム、水溶性)、CBGをはじめとするカンナビノイド原料・テルペンの卸売りや、これらのカンナビノイドを用いた食品や化粧品ブランド開発のOEMサポートを行っております、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

詳細をみる

 

17. OFFの原料は、健康志向の人におすすめなオーガニック仕様

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

 

①合法性と安全性
②製造工程における各種認証
③信用・実績のあるサプライヤー

 

①合法性と安全性

・厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み
・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能
・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供
・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

 

②製造工程における各種認証

・USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)
・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)
・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)
・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

 

③信用・実績のあるサプライヤー

・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入
・FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

 お問い合わせ

 

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら