【セミナーレポ#1】水溶性ナノCBDは、生体吸収率がCBDの1.65倍なんです

6/2(木)に弊社にて行われた、水溶性ナノCBDセミナー。実際にどのような内容が行われたのか、どのような人たちに来ていただけたのか、OFF株式会社 webコンテンツ担当の増田がレポートします!

今回のセミナーは、弊社元祖の営業メンバー、原料卸・OEM事業担当「ななみん」こと七海了司がプレゼンターを務めました。

〜このセミナーのプレゼンター〜

OFF株式会社 原料卸/OEM事業担当 七海了司
セミナーのプレゼンテーター:
OFF株式会社 原料卸/OEM事業担当 七海了司

OFF株式会社とは別事業で、2021年10月より、カフェインレスCBDコーヒーブランド「SAMURAI」をローンチ。板橋本町にある、シーシャ喫茶ニコババのオーナーも務める。同喫茶では、レアカンナビノイドを用いたシーシャイベントの開催なども行う。

 

今回は、弊社の目黒オフィスにて、以下のスケジュールで行われました。

15:00-16:00 水溶性ナノCBDの解説
16:00-17:00 交流会

 

各タームで行われたことを、それぞれ一部ご紹介していきます。

【前半】15:00-16:00 水溶性ナノCBDの魅力・必要性とは

水溶性CBDセミナーの様子

今回のセミナーのテーマは、「水溶性ナノCBDの魅力・必要性」。ズバリ、水溶性ナノCBDの魅力はなにかと言うと、溶解性生体吸収率(効果実感)のよさです。

衝撃的事実かもしれませんが、通常イメージする一般的なCBD原料は、水に溶けにくいのです…!通常のCBDは、基本的に脂溶性なのです。

通常のCBDは粉末が下に沈殿しますが、水溶性ナノCBDは以下の写真のように粉末が安定してきちんと分散し、液体がにごります。

CBDの原末と水分散型粉末

 去年からCBD業界でライターを務める増田も、こちらの事実は衝撃的でした。お酒やドリンクなどの商品は、水溶性ナノCBDの方が適しているんですね。てっきり通常のCBDも、水にあっさり溶けるものだと思っていました。

また、昭和大学の研究によると、水溶性ナノCBDは、生体吸収率が通常のCBDの1.65倍(※)と言われています。血中に含まれるCBDの濃度が最大になるまでの時間が、なんと3分の1に短縮されているようです。

血中濃度から見る吸収率や即効性等の高さのグラフ

つまり、水溶性ナノCBDの方が、おおくはやく体に取り込まれる、ということ。さらに、弊社の水溶性ナノCBD原料は、1gあたりのCBD含有率が40%と高水準なので、CBDのよさを実感したい商品を作りたい人におすすめなんですね。

※出典:Development of a Novel Nano-emulsion Formulation to Improve Intestinal Absorption of Cannabidiol

 

【後半】16:00-17:00 交流会
水溶性CBDのドリンク体験

(今回のセミナーは座学だけでなく、水溶性ナノCBD原料を使い、実際にドリンクに混ぜて飲んでみました)

事業者さま同士の交流も盛んだった、後半ターム。もうすでにドリンクやベイプの事業を始めている人から、最近CBDについて勉強し始めた人まで、さまざまな方がいらっしゃいました。

お話を伺っていると、やはり通常のCBDが水に溶けにくいことをご存知でなかった方が、多数いらっしゃる様子。事業者さまごとのお悩みや疑問も、弊社のメンバー3〜4名でご対応させていただきました。

 

参加者 生の声|「興味深かった」「1kg購入希望です」

今回セミナーに参加してくれたのは11人。ほとんどの事業者さまが、「大変参考になった」と回答してくれました(嬉泣)

30代男性(個人事業主)
セミナーを知ったきっかけは、検索したときに出てきたPR TIMESの記事でした。内容はとても興味深く参考になりましたので、また次回開催されるセミナーがあれば、参加したいです。


30代女性(CBD飲料の開発)
普段はインスタグラムなどで御社の情報を得ていますが、登録しているメールマガジンでこのセミナーを知りました。大変参考になりましたので、水溶性ナノCBD isolate原料1kgを購入希望です。

 

プレゼンター七海のコメント:

OFF株式会社 原料卸/OEM事業担当 七海了司

水溶性ナノCBDは水に溶けるだけでなく、吸収率や即効性が高いです。そのため、ドリンクだけでなく、さまざまなCBD商品と相性がいいと言えます!水溶性ナノCBDにご興味をお持ちの方は、以下のお問い合わせフォームよりご連絡いただけると幸いです。待ってます!

 事業者さまからよい反響をいただけて、開いた口がふさがらない七海氏。よかったですね!

OFF株式会社は、CBD事業者さま向けに定期的にセミナーを開催しています。ここでしか聞けない、専門性の高い情報を提供しておりますので、皆さまどしどしご応募くださいませ。

以上、レポーターの増田がお送りしました(お辞儀)。

 

{formbuilder:NzY5Mjc=}

原料・OEMのお役立ち資料を
無料でダウンロードする

詳しくはこちら

カート

購入可能な商品がなくなりました

現在、カートは空です。