CBDとお酒 - 相性はどうなのか? - 

皆さん、こんにちは!

いきなりですが、‘お酒’は好きですか?

国内ではまだ少ないですが、海外ではCBD配合のアルコール飲料を販売したり、バーでCBDを使用したお酒を提供する事例が増えてきております。

同時に、最近よく下記のような質問を多く頂きます。

  • CBDをお酒と同時に摂取しても良いのか?
  • お酒にCBDを混ぜて飲んでも良いのか?
  • 相性や効果はどうなのか?
  • CBDは禁酒に繋がるのか?

そこで、今回は上記質問に回答しながら、'CBD'と'お酒'の相性や効果について紹介していきます!

 

1. CBDと飲酒 主な効果

 

お酒,ウイスキー(00644)|フリー写真素材 Photo Chips

 

そもそも、アルコールにはストレスの緩和、血行促進、食欲増進などCBDに似たような効果があります。

一方、お酒の飲み過ぎや過剰摂取は、急性アルコール中毒、高血圧、癌、アルコール依存症などを引き起こす原因ともなります。

以前より、CBDとアルコールにどのような関係性や影響があるかが研究されてきました。

主な効果として、

・血中アルコール濃度を下げる

・リラックス効果の増幅

・脳細胞損傷の軽減

などが挙げられます。

以降、それぞれについて掘り下げていきます!

2. CBDは酔いを覚ます?!

血中アルコール濃度とは、飲酒してから吸収されたアルコールが血中に移行した状態の濃度で、酔いの程度を決めます。

  • 0.02~0.04% : 爽快期
  • 0.05~0.10%:ほろ酔い期
  • 0.31~0.40%:泥酔期
  • 0.41%~:昏睡期

そして、CBDはその血中アルコール濃度を下げる効果があるとも言われています!

健康な男性6名と女性4名を対象とした実験において、

・アルコール(ブドウ糖カプセルとオレンジジュースで1g/k)

・CBD(CBD200mgカプセル)+アルコール(オレンジジュースで1g/k)

を1週間間隔で経口投与しました。

その結果として、アルコールとCBDの組み合わせでは、アルコール単独投与に比べて、

血中アルコール濃度が著しく低下したことが報告されています!

CBDとお酒を同時に摂取した際に、「酔いが覚めた」や「二日酔いが緩和された」などはこれらの効果の現れかもしれません!

3. CBDはお酒のリラックス効果を増幅させる?!

アイスワインのおすすめや飲み方が知りたい!貴腐ワインとの違いは? | フランス散歩

上記の研究では、アルコールとCBDに加え以下も同様に経口投与しておりました。

・プラセボ(ブドウ糖カプセルとオレンジジュース)

・カンナビジオール(CBD200mgカプセルとオレンジジュース)

その結果、プラセボと比較して、CBD単独ではなく、CBDとアルコールの併用した場合は、

運動能力&精神運動能力の低下、体感時間の延びなどが報告されています。

これは、体の緊張が解け筋肉が弛緩し、リラックス(鎮静)している状態とも言えるかもしれません!

4. お酒の悪影響を軽減するCBD

お酒の過剰摂取を続けると、脳細胞は徐々に縮み「脳萎縮」の状態となります。また、慢性疾患などのリスクも高まります。

CBDはそれらの飲酒が及ぼす悪影響を抑制する可能性があると言われています。

ラットを用いた別の研究では、お酒の過剰摂取が引き起こす脳細胞の損傷がCBDにより最大49%軽減されたと報告されています

また、アルコール中毒になったラットにCBDを投与した実験においては、アルコール摂取量の減少やアルコール依存症再発防止に効果があると報告されました。

これらは、ラットを用いた実験のため、必ずしも人間に同じような効果・効能があるとは言えませんが、

上記のような効果が見込める可能性はあるのかと思います。

今後の更なる研究に期待ですね!

カタログをダウンロード

原料・OEMに関するお役立ち情報を無料でダウンロードできます

お役立ち情報をDLする

メールマガジンを登録する

メールが届かない方へ
store@off-inc.comからのメールがスパム/プロモーションフォルダに届いていないかご確認ください。Gmailの場合は「迷惑メールではない」を押すか、受信トレイにドラッグ/移動をすると今後受信トレイに届きます。

まずはお気軽にお問合せください

問い合わせはこちら

カート

購入可能な商品がなくなりました

現在、カートは空です。