このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。

ご注文商品は、通常2営業日以内に発送致します。卸販売は5万円以上ご購入で送料無料です。

CBDは慢性疲労症候群に効果的?睡眠障害や抑うつ・不安症状に有効な可能性があります

はっきりとした原因が未だ解明されてない慢性疲労症候群。集中力の低下や不眠、のどの痛み、関節痛など、日常生活を送る上で負担の多い症状が長期に渡って続きます。

CBDは、人間の体内にある神経伝達物質と似た作用を持っているため、慢性疲労症候群の症状である睡眠障害や抑うつ、不安に有効である可能性があります。


CBDの身体調整機能が慢性疲労を改善する?
疲労を感じている男性

慢性疲労症候群とは、身体診察や臨床検査で客観的な異常が認められない状況で、日常生活を送れないほどの重度の疲労感が6カ月以上と長時間続く状態のことです。

▼慢性疲労症候群の特徴

・患者には説明がつかない疲労が6カ月以上継続します。
・疲労の症状は、ウイルス感染症様の症状が出ているときかその後で現れることがあります。
・治療には、症状の緩和、認知行動療法、段階的な運動などがあります。

(引用)出典:慢性疲労症候群|MSDマニュアル


2022年9月現在、はっきりとした原因は、身体的なもの、精神的なものを含め分かっていませんが、これまでの研究の結果から、病気の起こる仕組みが少しずつ解明されつつあります。

有力だと考えられている原因は、ウイルスによる感染、免疫システムの軽微な異常、家族による遺伝的な要素などです。

基本的な治療は有酸素運動や薬療法ですが、厚生労働省によると、臨床試験において慢性疲労症候群の治療に効果的と証明された薬物療法はこれまでのところないようです。

CBDには、「エンド・カンナビノイド・システム(ECS)」という身体調節機能が備わっています。人間の体内にも、ECSとほぼ同じ役割を果たす「内因性カンナビノイド」という神経伝達物質が存在しているため、CBDには人間の免疫システムや自律神経などの恒常性を維持する作用があると考えられています。

そのため、慢性疲労の原因が免疫システムの異常によるものだとすれば、CBDが慢性疲労症候群の治療のサポート役を担ってくれるかもしれません。

 

参考

出典:慢性疲労症候群|MSDマニュアル
出典:何とかしたい…この疲れ。慢性疲労症候群(CFS)|総合南東北病院

 

CBDは慢性疲労症候群の症状の一部をサポート

 慢性疲労症候群の症状は、日常生活に支障があるほどの疲労を感じることが多くありますが、局所的な痛みを伴う場合もあり、特に以下の症状が挙げられます。

・集中力の低下

・不眠

・のどの痛み

・頭痛

・関節痛

・筋肉痛

・腹痛

・抑うつ など

 
CBDには、前提として免疫システムを調節してくれる機能があると考えられているため、身体の不調を総合的に改善してくれる可能性もあります。この章では特にCBDが効果的だと考えられている慢性疲労症候群の症状を紹介していきます。

 

CBDは睡眠障害を改善する

 慢性疲労症候群の症状としてもよく見られるのが不眠。CBDに期待できる効果として最も有名なのが、睡眠障害の改善です。

 寝る前にCBDオイルを摂取すると「睡眠の質が上がる」「よく眠れるようになる」という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。CBDは、深い眠りの段階であるノンレム睡眠を深くする作用があると言われています。

 CBDに期待されている作用の中でも、睡眠に関する研究は特に進んでいます。例えば以下は、397人の成人にCBDの使用理由を聞いた2021年の調査です。

一番多い使用理由は「不安」。その次に多かったのが、「ストレス」「一般的な健康維持のため」「睡眠の改善」という順番でした。約30%以上は、睡眠改善の目的でCBDを使用していることがわかります。

CBDの使用理由のグラフ

(引用)出典:Journal of Cannabis Research

また、同じく成人を対象に、CBD摂取後の睡眠に関してどのような効果があったのかを調査したアンケートによると、一番多かったのが「よく眠れるようになった」という意見。その次に、「深い睡眠を取れていると感じた」「早く起きられるようになった」という意見が続きました。


CBD摂取後の睡眠に対する効果について

(引用)出典:Journal of Cannabis Research

一方で、CBD摂取後も特に変化はなかった、という意見も約10%ほど見受けられます。摂取している頻度や量にもよりますが、CBDの睡眠作用については感じ方に個人差があるようです。

CBDを摂取することで睡眠が改善されたと感じている人も多くいることから、CBDは慢性疲労症候群の症状である不眠に有効である可能性があると言えます。

 

参考

出典:Reasons for cannabidiol use: a cross-sectional study of CBD users, focusing on self-perceived stress, anxiety, and sleep problems|Journal of Cannabis Research
出典:大麻(マリファナ)とカンナビノイド|厚生労働省
出典:CBD(カンナビジオール)への疑問に医師が答えます|銀座みやこクリニック



CBDは抑うつや不安などの精神症状をサポート

CBDにはリラックス効果があると考えられているため、抑うつや不安症状などに有効であると期待されています。CBDには、セロトニン受容体を活性化させる作用があると考えられており、製薬業界もその働きに注目しています。

セロトニンは巷で「幸せホルモン」などと呼ばれることもありますが、厳密には精神の安定や安心感や平常心、頭の回転をよくして直観力を上げるなど、脳を活発に働かせる鍵となる脳内物質です。

まだ研究段階ではありますが、CBDがセロトニンに作用する場合、慢性疲労症候群にも有効であると考えられるでしょう。

 

参考

出典:CBDとは|株式会社CANLIFE
出典:セロトニンの増加が心身に及ぼす影響|医療法人社団 平成医師会
出典:カンナビジオール(CBD)事前審査報告書|世界情報機構

 

CBDで疲労は回復するのか?倦怠感などの副作用に注意

先ほど少々触れましたが、CBDにはエンド・カンナビノイド・システムという身体調節機能が備わっています。しかしこの機能によって疲労が回復するのか、というのはまだまだ研究途中です。

気になるCBDの副作用ですが、世界情報機構(WHO)もCBDの安全性については認めており、「良好な安全なプロフィールをもち、一般的に良好な忍容性(許容性)がある」と報告しています。

実はこの記事を書いている筆者ですが、CBDオイルを摂取し始め、2022年10月現在で早1年が経過しました。個人的な感想としては特に目立った副作用などはなく、リラックス効果も感じられ、夜も寝つきがよくなったと感じています。

一方で、大阪の心療クリニック「クリニック千里の森」によると、人によっては以下の副作用が発生することも考えられると言われています。

・倦怠感

・眠気

・めまい

・離人感

・軟便

・多動

・イライラ

・頻脈

 

症状の改善のためにCBDオイルを摂取していても、ひどい副作用が出てきてしまったら元も子もありませんよね。

慢性疲労症候群を患っている人や、日常生活を送る上で疲労を感じている人は、かかりつけの医師に相談した上で少量からCBDオイルを試してみるとよいでしょう。


参考

出典:CBDオイル使用前に知っておきたい6つのこと|クリニック千里の森

 

OFFの原料は、健康志向の人におすすめなオーガニック仕様

USDAオーガニック認証

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

①合法性と安全性

②製造工程における各種認証

③信用・実績のあるサプライヤー

 

①合法性と安全性

・厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み

・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能

・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供

・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

 

②製造工程における各種認証

・USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)

・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)

・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)

・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

 

③信用・実績のあるサプライヤー

・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入

・FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

 

CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。








著者プロフィール

駒形俊太郎

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら