このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。

ご注文商品は、通常2営業日以内に発送致します。卸販売は5万円以上ご購入で送料無料です。

CBDディスティレートとは?アイソレートと何が違うの?【原料卸売も実施中】

CBDの抽出は、まだまだ歴史が浅いですが、様々な製造施設で試行錯誤がなされてきました。

かつてはCBDの抽出は単純な技術だったのですが、最先端の抽出技術はそれほどシンプルなものではなくなってきています。

そこで、今回は、グローバルで注目され、日本国内においても耳にする機会の増えたCBDディスティレートというCBD原料の1種類に関して、解説していきます。

弊社では、CBD事業者様向けにCBDディスティレートの卸売もしております。ご興味ある方はこちらをご覧ください。

 

1. ディスティレート(Distillate)とは?

ディスティレート(Distillate)とは日本語で蒸留物を意味します。

蒸留という言葉を聞いたいことがある方は多いかと思います。お酒好きの人からすると、非常に馴染みのある言葉かと思います。

蒸留とは、液体を加熱し、一度気化させ、最終的に冷却し、液体に戻すプロセスのことを指します。わざわざ気化させることで、不純物を除去するのが大きな目的です。

酒造業界では馴染みのある蒸留というプロセスを経て、精製されたCBDのことをCBDディスティレートというのです。

2. CBDディスティレート(Distillate)とは?

クルードオイル

それでは、CBDディスティレートとは何か、もう少し踏み込んでみたいと思います。

CBDディスティレートというと、CBDを蒸留するのか?と思われる方もいるかと思いますが、それは違います。

さきほど、ディスティレートとは液体を気化させるという話がありました。ピュアなCBDは、皆さんご存知のようにクリスタルで、固体として安定して存在します。

では、CBDディスティレートの場合、どの液体を気化させるのかと疑問に思うでしょう。

この場合の液体とは、クルードオイルを指します。クルードオイルとは、ヘンプ(大麻草)から抽出された第一段階の抽出物です。黒々として、ドロッとした液体です。

このクルードオイルを気化し、蒸留した濃縮物のことをCBDディスティレートといいます。

ちなみに、ヘンプからクルードオイルを精製した場合は、CBDディスティレートができますが、THCを多く含んだ大麻草、カンナビスからクルードオイルを精製し、それを蒸留した場合、THCディスティレートを精製することも可能です。

CBDディスティレートにはCBDが約80%含まれています。残りの20パーセントは、他のマイナーなカンナビノイド(CBGやCBNなど)、テルペン、および他の様々なオイルや植物エキスで構成されています。

3. CBD原料の精製方法

ヘンプバイオマス(粉砕した大麻草由来の原料)

👇

1. 化学的な抽出(クルードオイルの精製)

👇

2. 余分な脂肪分やワックス等の除去(ウィンタライゼーション(Winterisation))

👇

3. 蒸留 ※加熱による脱炭酸は蒸留前に行う

👇

※フルスペクトラムは抽出や簡易な蒸留のみ

👇

4. 再結晶(冷却による結晶化)

CBD単体(アイソレート)の精製過程を上に記載しました。この1過程に蒸留というプロセスがあることが分かると思います。CBDディスティレートとは、CBDアイソレートが精製されるまでの過程で誕生します。

より詳しく、CBDの抽出過程に関して知りたい方は以下の記事をご覧ください。
CBDアイソレート精製までの各過程の詳細や、大きく3つあるCBDの抽出方法(エタノール抽出、CO2超臨界抽出、ブタン・プロパン抽出)について解説しています。

4. 違いは何?CBDアイソレート VS CBDディスティレート

CBD製品を見ていると、よく見かける言葉、フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレート。この3つに関しては、少しずつ理解が進んできたように思います。

おさらいしておきましょう。

ディスティレートはこの3つの用語とはCBD原料を見る観点が異なります

フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートとは、CBDやTHC、その他マイナーカンナビノイド(CBN、CBGなど)などのカンナビノイドの含有種類でCBD原料を分類する際のワードです。

それに対して、ディスティレートとは、これまでCBD単体が出来上がるまでの精製過程を見てきましたが、その精製過程の一部を指します。アイソレートと言われるほぼほぼピュアなカンナビノイド単体(CBDなど)が出来上がる前の段階のことを指します。

CBDディスティレートは、アイソレートであることはなく、ブロードスペクトラムフルスペクトラムかのどちらかです。

弊社では、ブロードスペクトラムのCBDディスティレートを取り扱っております。

CBDディスティレートはピュアなCBD製品と考えられていますが、CBDアイソレートは、CBDの最も純粋な形です。

5. CBDディスティレートはハイになる?

上記でお伝えした通り、ディスティレートとは精製過程の一部を指し、

CBDディスティレートは、ブロードスペクトラム or フルスペクトラムかのどちらかになります。

業界でもフルスペクトラムの定義が曖昧ですが、結論THCが含まれるフルスペクトラムは違法です。

ブロードスペクトラムはTHCフリーのため、国内でも問題なく使用できます!

また上記で少し触れた、THCディスティレートは勿論違法となります。

6. CBDディスティレートの使用方法

ディスティレートの楽しみ方はいくつかあります。以下にて、いくつか使用方法を紹介します。

・ベイプ
CBDディスティレートは、ベイプペンで吸う形で摂取できます。ディスティレートを吸う際は、ワックス用のアトマイザーをご使用ください。

エディブル

ディスティレートを使って、誰でも簡単にヘンプ料理を作ることができます。無味無臭なので、料理にヘンプの味を感じさせません。

エディブルに使う際は、ディスティレートは少量で十分だということを忘れないでください。

家庭料理にディスティレートを使用する場合、自分にぴったりのスイートスポットを見つけるまで、低用量(5mg以下)でお気に入りの料理にディスティレートを追加してください。

コスメ

また、ディスティレートを使ったCBDコスメは、筋肉の痛みや炎症に伴う慢性的な痛みを局所的に緩和してくれます。ココナッツオイルにCBDディスティレートを加えるだけで、CBDのビューティープロダクトをDIYできます。

7. ディスティレートのメリットとデメリット

他のCBD原料(アイソレートやブロードスペクトラム)と同様に、ディスティレートにも長所と短所があります。

・メリット

ディスティレートは、CBD原料の中でも最も効果的な形態です。なぜなら、CBD以外のカンナビノイドを少量ながらも含んでいるため、アントラージュ効果を期待できるからです。

また、ディスティレートはそれ自体での摂取も可能です。エディブルやコスメをDIYする際にもご使用いただけます。

デメリット

唯一にして最大の欠点は、ディティレーション(蒸留)の過程でテルペンが気化してしまい、ほとんど含まれないことです。なので、アントラージュ効果を体感しづらいです。

ただし、ディスティレートにテルペンをあとから追加することも可能です。

8. まとめ

ディスティレートは最新のCBD原料の1つですが、すでにアメリカなどでは業界で最も人気のあるCBD原料の1つになりつつあります。

CBDディスティレートは現在市場に出回っている多くのCBD原料をとって代わるだけの強力な原料になるでしょう!

9. 【CBD原料仕入先をお探しの方へ】CBDディスティレートの卸売について

弊社では、CBD(アイソレート、ディスティレート、ブロードスペクトラム、水溶性)、CBG、CBNをはじめとするカンナビノイド原料・テルペンの卸売りやこれらのカンナビノイドを用いた食品や化粧品ブランド開発のOEMサポートを行っております!

今回ご紹介したCBDディスティレート(ブロードスペクトラム)原料も事業者様向けに卸売りしております。

アメリカ・コロラド州のサプライヤーからCBNを輸入しており、THCフリー、微生物、重金属、農薬検査を受け、基準値を下回っているもののみを取り扱っております。

現在、CBDの専門店に限らず、飲食店、バー、アロマセラピスト、鍼灸師、美容室、Webメディア運営会社、副業を検討されている会社員、学生など多様な方にお問い合わせをいただいております。

ぜひお気軽にお問い合わせください!

カンナビノイド原料(CBD・CBG・CBNなど)やテルペン、CBD商品の仕入れにご興味のある方はこちらもご覧ください。

また、原料の適正な卸売価格について知りたい方はこちらもご覧ください!

著者プロフィール

駒形俊太郎

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら