【CBD事業者必見】製造工程で、THCってどうやって取り除かれているの?

CBD商品を製造したいと思っても、カンナビノイド原料から、違法成分であるTHCが検出されないのか、不安ですよね。

日本の卸売業者から原料を購入するか、OEM製造を日本の企業に依頼する場合、通常は、実際にTHCがどのように除去されるか、工程を把握できる機会はありません。

この記事では、実際にどのようにTHCが取り除かれているのかについて、海外の工場と原料の製造について普段やりとりを行っている、OFF株式会社の松浦が解説します。

==========
お問い合わせはこちら
==========

 

CBD原料抽出|乾燥大麻から余分なものを取り除いていく

THCの除去がどの工程で行われるのかを把握するために、まずはCBD原料の、全体の製造工程から説明していきます。

CBD原料の抽出方法は主に3つあり、抽出時に使用する溶媒によって分けられております。

  • 超臨界Co2抽出
  • エタノール抽出
  • ハイドロカーボン抽出

 

今回は、弊社で取り扱っている原料の抽出方法である、超臨界Co2抽出を例に解説していきます。その他の抽出方法詳細については、下記記事をご覧下さい。

CBD原料(アイソレート・ブロードスペクトラム・フルスペクトラム・ディスティレート)の製造方法


超臨界Co2抽出の場合は基本的(抽出会社毎に「抽出レシピ」を持っており、プロセスが前後したりスキップされたりするケースもあります)には以下の流れで、ヘンプバイオマスからCBD原料に加工していきます。

CBD原料の製造オペレーション

※Hemp Biomass(ヘンプバイオマス):乾燥大麻のこと。ヘンプバイオマスを抽出機器にかける前には、乾燥させる必要がある。

収穫したヘンプバイオマスをCo2抽出機にかけるまでには、まずバイオマスを乾燥させ抽出機に入りやすいように粉々にしていきます。乾燥の目安としては、湿気を約10~12%程度にする必要があります(使用する機械や抽出したいものにより前後します)。

乾燥・粉砕したヘンプバイオマスを抽出機にかけると、まず最初にクルードオイル(液体状の抽出物)が抽出されます。このクルードオイルにはCBD以外にも他のマイナーカンナビノイドやテルペン、その他の天然成分・ワックス、そしてもちろんTHCも含まれております。

それ以降の工程(WinterizationやDistillation)は、それらのCBD以外の成分を取り除き精製し、よりCBD純度の高い原料を作っていく工程となります。

Distillationが終わった段階で、とれる抽出物が 「CBD Distillate」です。CBD Distillateの中に含まれているCBDは、Distillationの工程を繰り返すことにより調整できます。この時点で、まだ約4%のTHCが含有されています(使用するヘンプバイオマス原料により前後します)。このCBD DistillateをCBD Broad Spectrum(THC Free Distillate )にする際に、THC除去を行います。

※CBDアイソレートを作る場合には、上記図「精製」はスキップし、アイソレーションの過程で、へプタン・ヘキソン・ペンタンなどの溶媒と濾過しTHCを取り除いていきます。

次に具体的にどのように、THCが除去されるかについて解説していきます。

 

THCの除去| ポピュラーなのは「クロマトグラフィー」

THCの除去方法は、主要なもので以下の2種類に分けられます。

①Chromatography (i.e separation)(分離)
②Conversion(変換)


アメリカでは、THCを除去する工程の総称は「THC Remediation」や「THC Remove」などと呼ばれます。THCの除去は、大きく分けて二つ(分離/変換)の方法があります。

それぞれ順番に説明していきます。

Chromatography|CBDとTHCを分離させる方法

歴史上でも一番ポピュラーなのが「Chromatography」(クロマトグラフィー)と呼ばれる除去方法です。クロマトグラフィーは、THCとCBDがそれぞれ持つ分子(※)の極性(※)を活かし、分離させます。

※分子:原子の結合体。物質の化学的性質を失わない範囲で、物質を分割しうる最小単位。H2(水素)O2(酸素)など。

※極性:分子または化学結合において、正負の電荷の分布が不均等であること。

CBDとTHCの分離

THCとCBDは、実は分子構造はとてもよく似ており、化学式も同じです。しかし、極性が異なるため原子配置が異なり、原料の抽出物や蒸留物からTHCを分離させることができます。

具体的なプロセスとしては、溶媒(エタノールや水など)を使ってTHCとCBDを別々に分離させます。CBDは溶媒とともに移動し、THCより早いタイミングで排出されます。

クロマトグラフィーには複数の形式があり、逆相フラッシュクロマトグラフィー (reverse-phase flash cromatography), 向流クロマトグラフィー(countercurrent chromatography) などがTHC除去には主流です。

HPLC(高速液体クロマトグラフィー :High Performance Liquid Chromatography )はCoA作成時の分析機器として使われることがあります。(クロマトグラフィーは測定方法、クロマトグラフは装置、クロマトグラムは測定結果を指します)

 

参考

出典:HPLC(高速液体クロマトグラフ)とは?|株式会社島津製作所

 

コンバージョン|THCを他のカンナビノイドに変換

コンバージョン」(Conversion)は、THCを取り除くのではなく、化学変換、紫外線分解、または熱酸化を利用してほかの分子(CBDやほかのカンナビノイド)に変換させる方法です。

THCとCBDは原子配置が異なるものの、実は分子構造はとてもよく似ており、化学式も同じです。

CBDとTHCの化学式

出典:National Library of medichine


コンバージョンは、クロマトグラフィーと比較すると運用が簡単なため安価です。一方で、使用するシステムによっては、変換後に15%~30%ほどのCBDを損失してしまう可能性もあります。

 

THCの除去方法までお伝えできるのは、合法性を大切にしているから

USDAオーガニック認証

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

①合法性と安全性
②製造工程における各種認証

③信用・実績のあるサプライヤー

 

①合法性と安全性
厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み
・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能
・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供
・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

②製造工程における各種認証
USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)
・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)
・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)
・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

③信用・実績のあるサプライヤー
・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入
FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

==========
お問い合わせはこちら
==========



{formbuilder:NzY5Mjc=}

原料・OEMのお役立ち資料を
無料でダウンロードする

詳しくはこちら

カート

購入可能な商品がなくなりました

現在、カートは空です。