CBD商品をOEM製造するにはどれくらいの費用がかかるの?

最近、国内でも多くのCBD商品を見かけるようになりました!

それと同時に、「CBD商品を作りたい」という声を、個人事業主・中小企業~大手企業の皆様から頂いております!

その際に、

  • そもそも、CBD商品を作るにはどのくらい費用がかかるの?
  • 初期費用や最小ロットはどのくらい?

などの費用に関する質問を多く耳にしております。

そこで今回は、気になるCBD商品の製造価格について解説致します!

弊社では、CBD商品のOEM製造をしております。ご興味ある方は、以下よりお気軽にお問い合わせください。

 

1. OEM製造が可能なCBD商品

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-07-06-13.35.47-1024x399.png

国内でOEM製造が可能な主要なCBD商品として、

  • オイル
  • べイプ
  • グミ
  • ドリンク (清涼飲料水)

などがあります!

まずは、どのCBD商品を作るかを選定しましょう!

また現在では上記のCBD商品に加えて、

  • バスタブレット (入浴剤)
  • バーム
  • ビール (ノンアルも可)

などもOEM製造可能です!

以降では、気になるそれぞれの初期費用や最小ロットについてご紹介します! 

 

2. CBD商品のOEM製造費用について

上記が商品別での、最小ロットに対するおおよその初期費用(自社調べの平均値を使用)となり、今回はCBDオイルの初期費用のみ特別に開示致します(容量10ml、CBD濃度5%、配合量500mgを想定)!

もちろん商品毎に最小ロット数が異なり、オイルやべイプは比較的に最小ロット数が少なく少額でスタートすることができます!

また、どの商品も初期費用で100万円を超えることがなく、スモールスタートすることができます!

ご想像していた費用より安いのではないでしょうか?

各種商品の詳細な最小ロットや初期費用につきましては、下記よりお気軽にお問い合わせ下さい!

 

3. 留意点 -製造費用を変動させる要素-

上記、各種商品における製造費用の一覧は、あくまでおおよその目安価格となります。

製造費用を変動させる要素として、原料の種類やCBDの配合量(濃度)などが挙げられます!

例えば、オイルを製造する場合に原料をCBDアイソレートからCBNに変更した場合、原価が約1.5~3倍程度増加します。

CBDの配合量も同様に、CBD濃度を5%から30%へした場合、原価が約1.5~3倍程度増加します。

 

どの原料をどのくらい使用するかについての商品仕様は、商品の世界観・効果効能・予算などを意識して設定しましょう!

 OEMや原料卸売の問い合わせはこちら

 

4. CBD商品のOEM製造のご案内

弊社ではCBDブランド開発のOEMサポートを行っております!

商品開発・マーケティングなどもお手伝いさせて頂いております。

また、CBD(アイソレート、ディスティレート、ブロードスペクトラム、水溶性)、CBG、CBNをはじめとするカンナビノイド原料・テルペンの卸売販売も行っております!

現在、CBDの専門店に限らず、飲食店、バー、アロマセラピスト、鍼灸師、美容室、Webメディア運営会社、副業を検討されている会社員、学生など多様な方にお問い合わせをいただいております。

是非お気軽にお問い合わせ下さい!

 OEMや原料卸売の問い合わせはこちら

 

まずはお気軽にお問合せください

問い合わせはこちら

カート

購入可能な商品がなくなりました

現在、カートは空です。