CBDは禁煙に効果的?CBDべイプと喫煙

1. 喫煙による身体への悪影響 煙草は一度吸い始めると中々辞めることができません。 厚生労働省の調査によると、喫煙男性は、非喫煙者に比べて肺がんによる死亡率が約4.5倍も高くなっています。 それ以外にも、下記のような病気との因果関係が証明されています。 また、タバコから出る「副流煙」は、本人が吸う「主流煙」よりも数倍以上多くの有害物質が含まれ、受動喫煙によって周囲の人々の健康にも被害を与えています。 最近では日本でも喫煙に対するルールが厳しくなっており、2020年4月1日から日本では受動喫煙による健康への悪影響を防ぐための法律、「改正健康増進法」が施工され、屋内の禁煙の分煙化が原則義務化されるようにもなりました。 2. ニコチンの依存性 ニコチンには依存性があり、タバコ使用時に依存を生じる原因となっています。 ニコチンは、口腔内粘膜や皮膚からも吸収される極めて吸収の良い物質で,煙を吸い込んで数秒以内に脳細胞に達します。体内から消失するのも速いため,常習喫煙者では、喫煙後30分程度でニコチン切れ症状を生じ「次の1本」が欲しくなります。 ニコチンはドーパミン、セロトニン、アセチルコリンなどの覚醒、認知、気分に関連する神経伝達物質の分泌にも関わっています。喫煙してニコチンを常時摂取するようになると、これらの神経伝達物質の調節をニコチンに委ねてしまい、自分で分泌する能力が低下します。 その結果、脳細胞はニコチンを吸収することで、以前と同レベルの活動を維持するようになり、神経伝達物質を求めて「集中力の低下」「不安・イライラ」「頭痛」などの離脱症状を引き起こします。 これが禁煙を難しくしている原因の1つです。 3. 禁煙に有効なCBD ロンドンのユニバーシティカレッジのAddictive Behaviors Journalに掲載された最近の研究では、CBDオイルを使用すると、ニコチン中毒者が1日あたりの喫煙本数を減らすことができることが示されています。 24人の被験者を2つのグループに分け、1つのグループにはCBDを含まないオイル、もう1つのグループはCBDを含むオイルを与え、タバコの衝動を感じるたびに吸引してもらいました。 研究が行われた週の間に、CBDオイルを摂取した人は、タバコの本数が40%減りました。 タバコの本数が減る理由は、CBDがドーパミンなどの気分が良いホルモンの放出を制御する体の報酬システムへ影響を与えるからだと予測されています。 現在も研究段階ですが、CBDはたばこ中毒患者を治療するための治療法になる可能性があると結論付けられています。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/23685330/ PubMed -Cannabidiol reduces cigarette consumption in...

もっと見る

CBDはこうして脳をハックする、CBDが脳に与える5つの影響🧠

CBDは中枢神経系に作用し、脳の機能を変化させます。結果として、意識、行動、気分、または知覚に一時的な変化を引き起こします。CBDが人間の脳に与える5つの影響を見てみましょう。   1. 血流を減らす ある研究で、社会不安障害(SAD)の被験者グループに対するCBDの影響を調べました。 CBDを使用した参加者は、使用前と比較して気分が良くなったことを発見し、不安に対する脳の反応を研究するのに役立ちました。 脳のスキャンをしてみると、不安に関連する脳の領域への血流の変化が明らかになりました。   2. 痛みの原因となる神経伝達物質に作用する 慢性的な痛みに苦しんでいる人たちは、CBDで症状の緩和ができると信じて使用しています。 CBDはCB2受容体に作用し、私たちが痛みを感じる原因となる神経伝達物質に影響を与え、痛みと炎症を軽減するのに役立つと考えられています。   3. 活性酸素を低下させる 私たちは食べものから体を動かすエネルギーを作り、呼吸によって酸素を取り込みます。その際、一部の酸素は「活性酸素」という物質に変わります。 活性酸素は生命活動に欠かせないDNAやタンパク質といった物質を傷つけてしまいます。このように、体内の活性酸素が自分自身を酸化させようとする力を「酸化ストレス」といいます。 活性酸素が多すぎて、十分な抗酸化物質が生成されない場合、廃棄物がDNAに悪影響を及ぼします。アルツハイマー病、パーキンソン病、およびアテローム性動脈硬化症などの発症をもたらす可能性があります。 CBDはCB2受容体に作用し、活性酸素を低下させます。研究者たちによると、CBDの神経保護・抗酸化能力はビタミンCやEと同レベルのようです。   4. 脳細胞の興奮を抑える 興奮は私たちの脳細胞が刺激により過活動になることによって引き起こされます。 CBDは脳における抑制性および興奮性神経伝達の調節に寄与することが知られています。 てんかんや自閉症(ASD)などの神経発達障害の治療薬として期待するCBDの研究が増えています。 てんかん治療に用いられるCBD   5. アナンダミドの産生を促進する CBDはアナンダミドという気分を改善すると同時に痛みの感受性を低下させる神経伝達物質の産生を促進します。...

もっと見る

こんなにあるの👀?CBDの効果効能のすべて

CBDが治療効果を持つ疾患や症状が明らかになってきています。アメリカ国立衛生研究所のアメリカ国立医学図書館が管理するPubMedで検索すると、500件以上の論文がヒットします。 様々な病気への研究が現在もなされている途中ですが、「The cannabis health index」という本を参考に、ここでは科学的に信頼性の高いCBDの効果について紹介します。   1. CBDの効果 出典:YouTube CBDは以下、24つの病気に有効だと言われています。 依存症 筋萎縮性側索硬化症(ALS) 喘息 自閉症 アルツハイマー病 ADD/ADHD 不安神経症 関節炎 自己免疫疾患 がん 脳震とう、脳/脊髄損傷 うつ病 糖尿病 線維筋痛症 炎症性腸疾患 偏頭痛 多発性硬化症(MS) 悪心/嘔吐 ニューロパチー 肥満...

もっと見る

CBDの適切な摂取量は?

CBDとは大麻草に含まれる有効成分の一種で、その摂取により様々な疾患やに効果があるとして世界中で臨床研究が行われています。今回はその適切な摂取量について解説していきます。   1. CBDの効果 CBDは以下、24つの病気に有効だと言われています 依存症 筋萎縮性側索硬化症(ALS) 喘息 自閉症 アルツハイマー病 ADD/ADHD 不安神経症 関節炎 自己免疫疾患 がん 脳震とう、脳/脊髄損傷 うつ病 糖尿病 線維筋痛症 炎症性腸疾患 偏頭痛 多発性硬化症(MS) 悪心/嘔吐 ニューロパチー 肥満 パーキンソン病 疼痛 心的外傷後ストレス障害(PTSD) 統合失調症 発作性疾患(てんかん症候群)...

もっと見る