このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。

ご注文商品は通常3営業日以内に発送致します。小売商品は8千円、会員サイトの卸売商品は5万円以上の購入で送料無料です。

CBDビジネスを始められる方へ 〜仕入れ販売・OEMどっちを選ぶ?〜

 

CBDビジネスを始められる際、販売する商品をどのように用意すべきか検討されている方も多いと思います。

それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

 

1. 仕入れ販売(完成品)

1-1.仕入れ販売のメリット

仕入れ販売は、既に商品として完成している物を卸値で買って販売するため、すぐにビジネスを開始することができます。
完成品の販売をすぐに行い、試験的に事業を始めることができることが利点です。

優れたブランドを仕入れることができれば、販売可能性も高まるため、何を仕入れるかがとても重要です。
また、既に認知度の高い商品であれば、指名検索(商品ブランド名での検索)もあるため売れやすいです。


1-2.仕入れ販売のデメリット

一方で、他にも販売代理店が多くいる場合、同じ商品なので自社から顧客に買ってもらう理由を作るためのブランディングが必要になることがあります。
例えば、顧客から選ばれる理由は以下が代表的なものです。
 価格   (安く買える)
 品揃え  (まとめ買いできる)
 選びやすさ(商品説明が丁寧)
 お届け期間(すぐに届く)
 決済   (使える手段が多い)
これらの強みを発揮しにくい場合は、どこでも買えるような商品を取り扱うのはなるべく避け、まだ取り扱っている業者の少ない掘り出しものを狙うことが重要です。
仕入れ販売の粗利率はOEMに比べると低いため、沢山販売することが重要になってきます。
例えば、小売価格1万円のCBDオイルを例にすると、仕入れ価格が60%、粗利率は28%程度になります。



メーカーが希望小売価格を設定しており、大幅な値下げを嫌がることが多く、小売りでの価格設定には縛りを設けられ、事業にフィットするような売値をつけにくくなる場合もあります。

2.OEM

OEMでは商品の要件を定義し、自社のオリジナル商品を開発します。
商品コンセプトの検討から始め、製造ライン(製造工場、パッケージデザイン、製造本数等)の選定も行う必要があるため、実際の販売までに少なくとも1ヶ月以上はかかることが基本です。



2-1.OEMのメリット
オリジナル商品なので、価格設定が自由です。商品開発の考え方については、こちらで詳しく触れています。
【解説CBDビジネスの始め方】ー商品開発・OEM編ー

また、OEMの粗利率は仕入れ販売に比べると高いです。
例えば、小売価格1万円のCBDオイルを例にすると、製造原価が20%、粗利率は68%程度になります。


製造元となる工場と、一定量以上のロット契約を確保することで原価率を下げることが王道です。
加えて、企業がすでに持つ事業のブランドに当てはめたり、既に持つ顧客層に提供できたり、新たなビジネスにできるような、商品とパッケージの打ち出し方を開発していくことができます。

もし新たなブランドのPRやリピートに成功し、継続的な売上を達成できると、さらに次の商品を開発するサイクルができます。
事業規模を拡大でき、短期な利益の側面でも、企業の中長期な経営という側面でも、大きな柱となります。


2-2.OEMのデメリット

ブランドをゼロから立ち上げる場合は、消費者からの確固たる認知を作るまでの時間が必要になり、初めの間は販売数も少量となることが多いです。
着実に売上を伸ばして、開発のために初期投資した費用以上の売上を達成する努力が重要になります。

また、どのような商品でも、工場に製造を委託する際には、新たな契約先のために工場が受託可能な最小の製造個数が提示されます。
まとまった製造個数のことをロット数と言い、この数字は、数百個または数千個の商品数を提示されることが一般的です。

例えば、一気に1万個の商品を工場に直接発注できれば、100個分の卸値で完成品を仕入れて販売するよりも、単価はお得になる分、初めに十分な資金が必要となります。
OEMの企画を進めていくと、初期投資の予算が足りず、実施しない判断となることがあります。

3.ホワイトラベル

仕入れ販売とOEMの中間になる「ホワイトラベル」という商品の仕入れ方もあります。
既成品を使いつつ、ラベルのみを変えて自社ブランドにする方法です。
基本的には、仕入れ販売と同じビジネスモデルになりますが、自社ブランドとして、販路に合わせてコンセプトを自由に変えられるメリットがあります。

OFF(株)では、Tokyo moonを自社ブランドとして構え、さらに原料の提供によるOEMの知見もあり、たくさんの商品を開発してきました。
弊社のブランドで、生産スピードを早く提供可能な商品で、ホワイトラベルとしてご活用いただけます。

 

4. 比較表(仕入れ vs OEM)

仕入れ販売とOEMについてまとめてみると下記のようになります。


仕入れ販売はすぐに商品を売ってみたい、テストマーケティングで顧客の反応を見たい、今まで行っていなかった新たなサービスに手を出してみたい、と考える事業者におすすめです。
OEMは、成分から納得のいく製品を売りたい、自社ブランドを育てていきたい、しっかりとした量の原材料を安価に確保して原価を抑えたい、と考える事業者におすすめです。
ホワイトラベルは、自社の商品のブランド、ビジュアル、パッケージとしたいが、中身は既存の製品をまず使って、早く事業を展開したい場合に有効です。

以上から、
・自社ブランドを持ちたいか、他社の既存ブランドで良いか
・かけられる予算
・販売開始までのタイムライン
これらが検討の観点になります。

 

5.CBD商品の商品種別

CBDの商品には、飲食物、吸引するデバイスを使う物、肌や粘膜に塗る化粧品など様々な形態があり、色々なビジネスを行うことができます。

その完成品の輸入または、国内製造をする際には、品目が何にあたるのかによって各種法律で指定されている条件を満たす必要があります。

5-1.雑貨
使い捨てベイプ / 加熱式ベイプは、雑貨に当たります。
CBDを含む場合、適用される法律は麻薬及び向精神薬取締法・大麻取締法です。
主に、日本では違法成分のTHCを含有していない証明を厚労省に対して行う必要があります。

5-2.食品
グミ、クッキー、清涼飲料水、酒類などは麻向法・大麻取締法と、食品衛生法、薬機法の対象です。
THCなど違法成分を含んでいないこと、食品として安全に製造できる免許を持っている工場で製造されていること、日本で医薬品にあたる成分を含んでいないことなどを証明する必要があります。

5-3.化粧品
保湿クリーム、リップクリーム、美容液など、化粧品は、麻向法・大麻取締法と、薬機法の対象です。
上記同様、違法成分がないこと、医師の処方が必要な医薬成分を含まないことを証明する必要があります。


5-4.医薬品・医薬部外品
CBDの効果を利用した医薬品・医薬部外品は、主に海外で製造・使用されています。
日本では、医者や薬剤師の処方が必要な商品を医薬品、肌荒れや美白など体の症状に対して一定の効果が科学的に証明され、認可された商品を医薬部外品としています。

今後、大麻取締法の改正によって、海外で製造された大麻由来成分の医薬品が、2024年以降に日本で流通できるようになる可能性が高くなっています。
その場合には、麻向法・大麻取締法、薬機法の対象となると考えられます。

CBDを含む商品の法令対策については、以下の記事で詳細に紹介しています。


【これだけは知っておきたい!】CBDビジネスのリスクと法律 – tokyo mooon

 

6. 卸売販売と商品開発のご案内

これまでCBD事業をスタートする際の、仕入れ方法を見てきました。

弊社では仕入れ販売・OEM共に対応しております。


5-1.OFFから仕入れられる商品
tokyo mooonではオリジナルCBD商品(既製品)の卸売販売を行っております。
食用オイル、ベイプ、加熱式ベイプ、水溶性CBD・CBNを配合するドリンクなどを濃度別に取り揃えています。
大量購入される方向けの割引価格でもご購入でき、専門店、カフェ、バー、アパレルショップ等、多種多様なお客様にお取り扱い頂いております。


「CBDブランドを立ち上げる前にテストマーケをしてみたい」という方や、「既存の店舗やECで既に認知のあるCBD商品を少量からでも販売してみたい」などの気軽なご要望をサポートできます。


5-2.OFFとOEMで開発できるもの
OFFが自社ブランドで提供していない食品類や化粧品類も、多数の事例がございます。
立ち上げる商品・ブランドに合わせて、原料の提供を既に行っている工場や、新たなる製造者の選定もサポートできます。

 

6. CBD商品卸売販売のご案内

tokyo mooonではCBD原料販売・OEMサービスの他に、弊社tokyo mooonオリジナルCBD商品(既製品)の卸売販売を行っております。大量購入される方向けの割引価格でご購入でき、専門店、カフェ、バー、アパレルショップ等、多種多様なお客様にお取り扱い頂いております。


「CBDブランドを立ち上げる前にテストマーケをしてみたい」という方や、「既存の店舗やECで顧客にCBD商品を販売してみたい」という販売代理希望の方などを随時募集致しております。

お問い合わせ

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら