アメリカ、大麻関連のテレビ広告を許可する法案が下院で可決

アメリカ下院は、大麻が合法化された州において大麻のテレビ・ラジオ広告を許可する案が含まれる予算法案一式を可決しました。

 

1. アメリカ、大麻関連のテレビ広告を許可する法案が下院で可決

2. 原料卸売と製品のOEMについて

 

1. アメリカ、大麻関連のテレビ広告を許可する法案が下院で可決


アメリカ下院は7月2日 、 大麻が合法である州において、ラジオやテレビの放送局が大麻の広告を放映できるようにすることを含む予算法案一式を承認しました。

この法案は、FCC(連邦通信委員会)が大麻関連広告を受け入れる放送局に対して行政処分を行うことを禁止しています。


現在、ローカルのテレビ局やラジオ局は大麻関連広告を受け入れることができませんが、ケーブル、衛星、インターネット、出版、看板関連の事業者は大麻関連の広告を掲載することが許されています。


ニューヨーク州放送事業者協会の会長は、この法案の成立を「ローカルのラジオとテレビ放送局の公平な競争条件を確保する上で大きな前進です、この新ルールでは、ローカルのテレビ/ラジオ局が大麻関連広告を受け入れられるかは、局がライセンスを受けている州法で決定すべきであることを明確にするものです」と評価しています。


新法案は予算案であるため、10月1日から始まる会計年度内にのみ適用されますが、うまくいけば、議員やFCCが新ルールを永続化することを決定する可能性もあります。


なお、Statistica社によると 、北米の大麻関連広告費は2022年に16億ドル、2030年には45億ドルに達すると推定されています。


出典:Advertising spending on cannabis in North America from 2018 to 2030

 

2. OFFの原料はオーガニック仕様

USDAオーガニック認証

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

合法性と安全性
製造工程における各種認証
信用・実績のあるサプライヤー

 

合法性と安全性
厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み
・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能
・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供
・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

製造工程における各種認証
USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)
・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)
・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)
・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

信用・実績のあるサプライヤー
・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入
FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

 

CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

{formbuilder:NzY5Mjc=}

原料・OEMのお役立ち資料を
無料でダウンロードする

詳しくはこちら

カート

購入可能な商品がなくなりました

現在、カートは空です。