このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。

ご注文商品は、通常2営業日以内に発送致します。卸販売は5万円以上ご購入で送料無料です。

ハワイ、嗜好用大麻合法化に向け前進

1-1. ハワイ、嗜好用大麻合法化に向け前進

1-2.原料卸売と製品OEMについて

 

1-1. ハワイ、嗜好用大麻合法化に向け前進

1月11日ホノルルで開催された記者会見で、遂に日本人にとって1番近いアメリカ・ハワイの嗜好用大麻合法化に向けての法案がジーネ・カペラ下院議員によって発表されました。

 

▼ハワイの大麻合法化状況は以下の通り

2000年:医療大麻合法化

2015年:医療用大麻専門店プログラム開始

2016年:産業用ヘンプ法案設立

2019年:嗜好用大麻合法化失敗

2020年:大麻非犯罪化

 

ハワイ生まれで日系人のハワイ州前知事ディビッド・イゲは連邦法での違法状態に懸念を抱いており、嗜好用大麻合法化に躊躇していましたが、2020年の大麻非犯罪化までは進めていました。

 

2022年末にハワイ州知事に就任した現知事ジョシュ・グリーンはペンシルバニア育ち、ハワイで医師として活躍していて、選挙中から嗜好用大麻合法化を謳っていました。

 

▼今回の法案の論点

・麻薬戦争による被害の大きい有色人種コミュニティーの救済

・適切に規制された嗜好用大麻市場の整備による、大麻観光のチャンス、及び良質な雇用とビジネスチャンスの創出

 

ハワイの島々での嗜好用大麻の合法化へのロードマップが出来上がってきています。今年中に可決すると、また新しいレベルでのハワイ天国化が進みそうですね。

 

▼ホノルルで行われた発表の様子
A post shared by Jeanné Kapela (@repkapela)カペラ 下院議員

https://www.instagram.com/tv/CnShgAPDfgG/?igshid=MDJmNzVkMjY=

 

出典:Hawaii Lawmakers Announce Marijuana Legalization Push For 2023, With Newly Seated Pro-Reform Governor 

2. OFFの原料はオーガニック仕様

USDAオーガニック認証

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

合法性と安全性
製造工程における各種認証
信用・実績のあるサプライヤー

 

合法性と安全性
厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み
・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能
・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供
・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

製造工程における各種認証
USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)
・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)
・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)
・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

信用・実績のあるサプライヤー
・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入
FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

 

CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

著者プロフィール

ローズ

2021年まで、学生・ネイルアーティスト・ヨガ講師として13年間アメリカ在住。カリフォルニア嗜好用大麻合法化を2016年に目の当たりにする。その後、日本に帰国し、大麻の植物としてのミラクルを広めたくtokyo mooonで活動。

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら