世界の大麻市場規模、2028年までに$1977.5億まで成長する見込み

コンサルティング会社スカイクエストテクノロジーの新しいレポートによると、世界の大麻市場は2021年時点で$280億6000万であり、2028年には最大$1977.5億まで成長すると予測されています。

 

1. 世界の大麻市場規模、2028年までに$197.5億まで成長する見込み

2. 原料卸売と製品のOEMについて

 

1. 世界の大麻市場規模、2028年までに$1977.5億まで成長する見込み

このレポートでは、以下のセグメント毎の市場予測も見ることができます。

セグメントは、製品タイプ(フラワー/濃縮物 etc.)、カンナビノイド(THC優勢 / CBD優勢 etc.)、地域(北米、ヨーロッパ、アジア、中南米、中東、アフリカ)です。


大麻関連製品は急速に社会に受け入れられつつあります。

2021年時点のデータによると、年平均成長率(CAGR)は32%に達していると報告されています。2028年までの間に、CAGRは35%まで上昇すると予想されています。


また、北米でのニーズが最も高いとして、地域別の今後の期待値についても取り上げています。


「アメリカでは続々と合法化州が増えており、アメリカやカナダの消費者の大きなニーズによって、北米は最大の市場になっています。さらに、北米の気候は大麻栽培に適しています。」とレポートで述べられています。


グローバルで大麻に関するニーズが増大している背景には様々な要因が考えられます。


まず、大麻に関する規制緩和が各国で進んでいます。大麻を非犯罪化/合法化する国や地域が増えています。


また、大麻を用いた新たな医学的研究が進み、さまざまな症状に対する大麻の治療効果が明らかになってきています。


さらに、これまで銀行などの金融機関がカンナビノイドを用いたビジネスに否定的でしたが、彼らの関心が高まってきたことで、大麻関連ビジネスの資金調達環境が改善されてきています。


スカイクエストテクノロジーによると、今後の大麻産業は非常に有望だと結論づけています。


業界は急速に成長し、新規参入者が増えています。その結果、競争が激化し、技術革新が進んでいます。大麻を合法化する地域が増え、医療用 / 嗜好用の大麻関連製品のニーズが高まっていくでしょう。


他のレポートでも今後も大麻関連市場の拡大が続くと予測されています。

2月には、ヘンプ産業の評価額は8億2400万ドルでした。

6月のForbesのレポートでは、大麻観光産業は現在$170億と評価されています。


世界のトレンドを受け、ますます日本国内の市場規模も拡大していくでしょう。


出典:Global Cannabis Market by Skyquest
出典:Hemp Acreage and Production Survey by USDA
出典:Cannabis tourism is now a 17 billion industry and its just taking off

 

2. OFFの原料はオーガニック仕様

USDAオーガニック認証

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

合法性と安全性
製造工程における各種認証
信用・実績のあるサプライヤー

 

合法性と安全性
厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み
・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能
・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供
・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

製造工程における各種認証
USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)
・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)
・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)
・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

信用・実績のあるサプライヤー
・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入
FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

 

CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

{formbuilder:NzY5Mjc=}

原料・OEMのお役立ち資料を
無料でダウンロードする

詳しくはこちら

カート

購入可能な商品がなくなりました

現在、カートは空です。