南アフリカ最高裁、大麻栽培クラブを違法と判断

1. 南アフリカ最高裁、大麻栽培クラブを違法と判断

2. 原料卸売と製品のOEMについて

1. 南アフリカ最高裁、大麻栽培クラブを違法と判断

南アフリカの最高裁は、ディーラーと大麻栽培クラブの間に大きな違いはないという判断を下しました。高等裁判所は、南アフリカで薬物使用を規制する薬物法を回避するために設立された栽培クラブの合法性については、裁判所が判断することではないと言及しています。

 

南アフリカで大麻が非犯罪化された後、大麻栽培ソーシャルクラブがあちこちに誕生しました。そのうちのひとつ、ヘイズ・クラブ(THC)は警察に踏み込まれ、高等裁判所の裁判を通じて、大麻ソーシャルクラブは自分で栽培する気がない、あるいはできない人のための解決策であると主張しようとしたのです。

 

ケープタウン高等裁判所は9月5日週に同クラブの申請を却下したことを発表しました。

ヘイズクラブは控訴するかもしれませんが、スリンガー裁判官の判決は、貿易と大麻の合法化は政策上の問題であり、司法ではなく立法府の管轄に属することを確認しました。

 

国側は、クラブは私的な空間で営業しているわけではないので、法律に違反していると主張しました。

 

スリンガーズ判事は判決の中で、法令や規制の要件や指針がない中で栽培クラブの運営を認めることは、「大麻の販売を合法化する実質的な効果を持ちえます」と述べています。

 

将来、立法者がこの件に関する立法を検討することはあるかもしれないが、裁判所がそれを予期していることを意味するものではありません。貿易や大麻の合法化は政策的な問題を含んでおり、司法ではなく立法府の問題です。

 

申請者とその顧客が大麻を消費したり栽培したりすることが妨げられるのではなく、この権利を外部に委託することが妨げられるだけだと述べました。

 

したがって、栽培クラブの運営は、南アフリカの麻薬密売法の下で依然として犯罪行為とみなされ、有罪判決を受けると実刑判決が下される可能性があります。

 

栽培クラブは、個人または法人が土地、設備、園芸サービスを貸し出し、顧客に代わって大麻を含む植物材料を栽培し、大麻、大麻草、大麻種子を所有したり、顧客に供給したりしないというビジネスモデルに基づいています。

 

ヘイズクラブの弁護士であるShaad Vayej氏は、「残念ながら、Haze Clubの申請はケープタウン高裁で棄却されました、プライバシーの権利と大麻の個人栽培の制限を狭く解釈したものです」と控訴する可能性があると述べました。

 

2. OFFの原料はオーガニック仕様

USDAオーガニック認証

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

合法性と安全性
製造工程における各種認証
信用・実績のあるサプライヤー

 

合法性と安全性
厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み
・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能
・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供
・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

製造工程における各種認証
USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)
・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)
・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)
・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

信用・実績のあるサプライヤー
・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入
FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

 

CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

著者プロフィール

駒形俊太郎

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら