このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。

ご注文商品は、通常2営業日以内に発送致します。卸販売は5万円以上ご購入で送料無料です。

大麻合法化、製薬業界に経済的打撃!?

アメリカの各州が大麻を合法化した後、製薬業界は深刻な経済的打撃を受けることになります。

 

1. 大麻合法化、製薬業界に経済的打撃!?

2. 原料卸売と製品のOEMについて

 

1. 大麻合法化、製薬業界に経済的打撃!?

8月31日(水)に学術誌「PLOS ONE」に掲載された査読付き研究論文は、1996年から2019年までの製薬会社556社の株式リターンおよび処方薬の売上データを調べ、州レベルでの医療用・成人用大麻合法化法制定前後の市場動向を分析したものです。

 

合法化から10日後の株式リターンは、「1.5〜2%低下していた」と研究著者らは発表しています。「医療用と嗜好用の両方の合法化に対応して、ジェネリック医薬品メーカーとブランド医薬品メーカーの両方でリターンが減少しました。投資家は、1回の合法化イベントによって医薬品メーカーの年間売上が平均で30億ドル減少すると予想しています。

 

オピオイド系鎮痛剤や睡眠薬などの従来の医薬品の代替として大麻を使用する人がいることを示唆する調査報告、データに基づく研究、観察分析が数多くあります。

 

例えば、2022年初め、処方薬に関する研究論文では、嗜好用大麻の合法化が、複数の疾患の治療における処方薬の使用量の「著しい減少」と関連することが明らかにされました。

 

そしてさらに、今回の研究で大麻の合法化は、ジェネリック医薬品メーカーとブランド医薬品メーカーの双方にとってリターンを減少させるという知見が得られたことは、斬新である、とカリフォルニア工科大学とニューメキシコ大学の研究者は述べています。

 

大麻の合法化により、医薬品と競合する可能性があります。

大麻は特許がないため、合法化されるとジェネリック医薬品のような存在となり、他の薬物から大麻への代替が進む可能性があるのです。

 

大麻は従来の新薬と異なり、使用できる疾患が限定されません。

つまり、大麻は多くの異なる薬物市場において同時に新規参入者として作用するのです。

 

合法化イベント1発あたりの企業の市場価値の平均的な変化は6300万ドルで、企業全体の市場価値への影響は98億ドルであることがわかったようです。

 

しかし、著者らが述べているように、この研究には限界があります。

 

大麻合法化により、企業全体で98億ドルの市場価値損失が発生するという経済的意義は非常に大きいが、この結果は慎重に解釈されるべきです。

 

まず、投資家を合理的にモデル化しているため、経済的な重要性が過大評価される可能性があります。

 

第二に、我々は上場企業と過去の合法化イベントに限定しています。

 

第三に、合法化イベントの150日前から50日前という我々の選択によって、推定値が敏感に変化する可能性があることに注意が必要です。

 

最後に、合法化およびその後の規制プロセスのバラツキによる測定誤差が存在することを想定しています。

 

出典:Pharmaceutical Industry Suffers Billions In Losses After States Legalize Marijuana, New Study Finds

 

2. OFFの原料はオーガニック仕様

USDAオーガニック認証

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

合法性と安全性
製造工程における各種認証
信用・実績のあるサプライヤー

 

合法性と安全性
厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み
・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能
・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供
・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

製造工程における各種認証
USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)
・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)
・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)
・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

信用・実績のあるサプライヤー
・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入
FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

 

CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

著者プロフィール

駒形俊太郎

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら