世界アンチ・ドーピング機構、大麻は禁止リストにとどまるべき

1. 世界アンチ・ドーピング機構、大麻は禁止リストにとどまるべき

2. 原料卸売と製品のOEMについて

1. 世界アンチ・ドーピング機構、大麻は禁止リストにとどまるべき

Wall Street Journalの報道によると、世界・アンチドーピング機構(WADA)は2023年の禁止物質リストに大麻を残す見込みだそうです。

 

アメリカの短距離走のチャンピオン、シャカリー・リチャードソンの東京オリンピックでの失格をきっかけに、諮問委員会は昨年から大麻のリストへの掲載を検討してきました。

 

WSJによると、9月23日のWADA執行委員会で最終決定されるリストの草案には、まだ大麻が含まれているようです。カンナビノイドは、コカイン、ヘロイン、エクスタシーとともに乱用薬物に分類されます。競技会外の陽性反応には3ヶ月の出場停止処分が科せられますが、選手が治療プログラムに従えば1ヶ月に短縮される可能性があります。もともとのWADAの罰則は、2年から4年の競技会出場停止処分でした。

 

リチャードソンは、昨夏のアメリカオリンピック選考会で100m決勝を10秒86で制したスター選手であり、レース後、最近母親を亡くしたことを明かしました。

 

彼女のレース後の検査結果はTHCの陽性でした。後に彼女は、母の死の知らせに対処するために大麻を使用したと主張しました。1カ月の出場停止処分は、東京オリンピックへの出場を断念することを意味します。彼女の活動休止は、多くのプロスポーツ選手、著名人、政治家の注目を集めました。アメリカのジェイミー・ラスキン下院議員とアレクサンドラ・オカシオ・コルテス下院議員は、WADAとUSADAの責任者に手紙を書き、嗜好用大麻の使用に対する制裁を再考するよう要請しました。

 

アメリカオリンピック選考会が行われたオレゴン州でも大麻が合法化されています。

 

オランダのアンチドーピング委員会は、禁止物質リストから大麻を削除するよう求めています。アメリカ・アンチドーピング機構(USADA)は、大麻の科学的な見直しを働きかけてますが、WADAによると、大麻を全面的に排除するよう求めてはいません。

 

アメリカ・アンチドーピング機構(USADA)の事務局長であるトラビス・タイガート氏は、「USADAは10年近く、WADAに対して、大麻がパフォーマンスを高めたり競技者の健康や安全を脅かすために意図的に使用されない限り、陽性反応が違反とならないようなアプローチに変えるよう主張してきた」とWSJに語っています。

 

出典:Cannabis Set to Stay On World Anti-Doping Agency Prohibited List

 

2. OFFの原料はオーガニック仕様

USDAオーガニック認証

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

合法性と安全性
製造工程における各種認証
信用・実績のあるサプライヤー

 

合法性と安全性
厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み
・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能
・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供
・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

製造工程における各種認証
USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)
・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)
・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)
・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

信用・実績のあるサプライヤー
・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入
FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

 

CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

 

著者プロフィール

駒形俊太郎

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら