このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。

ご注文商品は、通常2営業日以内に発送致します。卸販売は5万円以上ご購入で送料無料です。

イタリア、軍の医療用大麻生産の独占が市場成長を阻害

1. イタリア、軍の医療用大麻生産の独占が市場成長を阻害

2. 原料卸売と製品のOEMについて

1. イタリア、軍の医療用大麻生産の独占が市場成長を阻害

イタリアは、EUで最も早く医療用大麻を解禁し、EU最大規模の医療用大麻市場ですが、新しいデータにより、そのシステムが原因で患者のニーズに応えられていない状態が続いていることが明らかになりました。

 

イタリアの医療用大麻市場はここ数年、2桁台の成長を続けていますが、国内での栽培は軍が独占している状態が続いています。

 

2019年以降、軍の国内生産が伸びない中、軍による大麻生産の独占はいまや患者数がEUで第2位となったEUで最も重要な医療用大麻市場の成長を阻害しているのです。

 

Prohibition PartnersのIndustry and Data Analystのオブライエン氏は「イタリアにおける医療用大麻生産の政府独占は、完全な失敗でした」と語っています。

 

イタリアのジャーナリスト、ファブリツィオ・デンティーニがイタリア保健省から入手した新しい数字によると、昨年の国内供給量は2020年の最低値からわずか37kgから増加したものの、それでも総需要の数パーセントに過ぎないことが明らかになりました。

 

2021年、イタリア軍は医療用大麻を101.904kg栽培し、前年比175%を記録しましたが、比較対象となる2019年の123kgと比較すると17%減少しています。

 

保健省が2021年の国家必要量として試算した1,400キログラムと比較すると、同年中に具体的に配布された1,271キログラムのうち、軍がカバーできたのはわずか8%に過ぎません。

 

軍による独占的な生産体制は、事実上その機能を果たしておらず、民間向けの生産ライセンスの欠如は、健全で競争力のある生産バリューチェーンの発展を阻害しています。

 

2007年に医療用大麻プログラムを開始したイタリア政府は、イタリアの患者の増大するニーズに応えることを目的としたプロジェクトの一環として、2015年に軍による医療用大麻の生産を認める動きを見せました。

 

政府は国内の全生産量を入札し続け、これまでに医療用大麻を販売するライセンスを与えたのは5社にとどまるとされています。

 

「明らかな生産能力不足に対処するため、イタリアはオランダからの医療用大麻の周期的輸入(2021年に≒900キロ輸入)を活用しています」と、デンティーニ氏は説明しています。

 

また、カナダではオーロラ社、オーストラリアではリトル・グリーン・ファーマ社との契約により、医療用大麻を限定的に輸入しているが、輸入ライセンス数が限られているため、供給不足が大きく、国全体で赤字が続いているのが現状です。

 

デンティーニ氏によると、「このため医療用大麻の一括輸入のための緊急手続きが開始されました」とのことです。

 

「医療用大麻の国内生産と輸入を政府が厳しく管理しているため、治療を必要とする多くの患者が薬を手に入れることができなくなっています。このような商品不足は、業界にとってもサーキットブレーカーとなります。患者や医師は1回でも欠品を経験すると今後も同じ薬が安定的に手に入るとは思えなくなるのです。

 

現在、イタリア政府は、2万人を超えるといわれる医療用大麻の患者に対して、供給問題を解決するための法律を検討しています。

 

2022年7月、2019年から司法委員会で立法が滞っていた大麻非犯罪化法案が、ついにイタリアの下院である代議院に到達しました。

 

この法案は9月中に上院で採決される見込みで、可決されればイタリアの成人であれば誰でも個人使用のために大麻を4株まで栽培できるように法律が改正されることになります。

 

この法案は、医療用大麻の供給に関する問題に積極的に対処するものではありませんが、必要な人がブラックマーケットに流れることを防ぐためのもので、オブライエン氏は市場の成長を阻害し続けている問題だと指摘しています。

 

政府はもっとたくさんの大麻を生産する必要がありますが、患者のニーズに応えることを真剣に考えるなら、短期的には、輸入品のライセンスを開放する必要があるでしょう。

 

出典:The Italian Military’s Monopoly On Medical Cannabis Production Is Strangling Market Growth New Data Suggests

 

2. OFFの原料はオーガニック仕様

USDAオーガニック認証

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

合法性と安全性
製造工程における各種認証
信用・実績のあるサプライヤー

 

合法性と安全性
厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み
・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能
・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供
・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

製造工程における各種認証
USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)
・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)
・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)
・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

信用・実績のあるサプライヤー
・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入
FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

 

CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

著者プロフィール

駒形俊太郎

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら