カリフォルニア州、大麻ラウンジの本格流行間近か?

カリフォルニア州では、待ちに待った大麻を使用できるラウンジが登場したようで、業界の専門家は、これらの施設が今後数年で飛躍的に拡大すると予測しています。

 

1. カリフォルニア州、大麻ラウンジの本格流行間近か?

2. 原料卸売と製品のOEMについて

 

1. カリフォルニア州、大麻ラウンジの流行間近か?

大麻ラウンジの増加は、コロナウイルスの大流行によって鈍化し、カリフォルニア州や全米で緩やかなものとなっていました。

 

これまで、カリフォルニア州をはじめ全米で大麻ラウンジビジネスが伸び悩んでいることから、多くの人が期待していたビジネスモデルに疑問符がついていました。

 

現在、カリフォルニア州で営業しているラウンジは、主にサンフランシスコとオークランドに集まっています。ほとんどが大麻専用のただの喫煙室です。

 

南カリフォルニアやセントラルバレーでは、ようやくいくつかのラウンジの認可がおり始めました。

 

その結果、大麻ラウンジの数は、現在営業している約10件から、今後1〜2年で約3倍になると予想されています。

 

 

ウェストハリウッドの大麻販売店"The Artist Tree"の共同創業者で、最近"The Studio Lounge"をオープンしたローレン氏は、「大麻ラウンジは、業界を前進させ、大麻使用をノーマライズするために非常に重要な役割を果たす」と話しています。

 

ウェストハリウッドは、ベイエリア以外で大麻ラウンジ業界をリードしてきた存在です。

 

市当局は2018年に16のライセンスを許可しました。

8つはエディブルのみ、8つは喫煙のためのライセンスです。

 

今のところ、そのうちの1つである"The Studio Lounge"だけが営業しています。

 

施設は、有名なサンセットストリップの南側、バーやレストラン、マリファナショップが立ち並ぶ賑やかな商業地区の中心にあります。

 

先日、スタジオ・ラウンジで行われたコメディー・ナイトには、多くのお客さんが詰めかけました。

パティオのテラスでは、グラスボングを借りる人もいれば、店内でプレロールをふかす人もいました。

 

お客様はタブレットを使って、ボングやプレロールなどの大麻製品を注文していました。

ライブミュージック、サウンドバス、ペインティング、ヨガインストラクション、ドラッグクイーンブランチなど、1週間を通して多様なイベントが開催されています。

 

カリフォルニアの大麻ラウンジは、製造業者や栽培業者などの他の大麻ビジネスに比べて、多くの制限に縛られています。

 

まず、地方で申請する場合は、認可された区画の範囲内で物件を確保する必要があります。

 

州レベルでは、特定の消費ラウンジのライセンスが存在しないため、申請者は小売ライセンスを申請する必要があります。

 

この小売ライセンスでは、従来のレストランと同じように調理された大麻入りの料理や飲み物は、州法で禁止されているのです。

 

「課題は食べ物や飲み物を売らないのに、どうやってラウンジモデルで収益を確保するか、ということです」、と「The Studio Lounge」のオーナーは話しています。

 

2021年、サンディエゴ郊外のナショナルシティでは、6つの大麻関連ライセンスのうち1つを大麻ラウンジ用に設定しました。

 

公共の場所や車の中で喫煙するよりも、「人々が安心してくつろげる安全な場所で」消費者に大麻を使用してほしいと考えています。

 

大麻関連の税や申請、ライセンス料は、沿岸部の都市に年間200万ドルから300万ドルの収入をもたらすと予想されています。

ただし、ラウンジは商業観光地区にゾーニングされています。

 

1ヶ月ほど前に公開した記事でも触れましたが、アメリカではネバダ州でも同様の大麻ラウンジビジネスが花開こうとしています。

 

詳細はこちらの記事をご覧ください。

 

出典:California cannabis consumption lounges poised for takeoff

 

2. OFFの原料はオーガニック仕様

USDAオーガニック認証

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

合法性と安全性
製造工程における各種認証
信用・実績のあるサプライヤー

 

合法性と安全性
厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み
・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能
・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供
・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

製造工程における各種認証
USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)
・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)
・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)
・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

信用・実績のあるサプライヤー
・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入
FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

 

CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

著者プロフィール

駒形俊太郎

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら