このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。

ご注文商品は通常3営業日以内に発送致します。小売商品は8千円、会員サイトの卸売商品は5万円以上の購入で送料無料です。

CBGがガンに有効といわれる根拠①

弊社はCBGの訴求方法の中に、「ガンに対して有益である可能性」を提示している。この根拠を示すため、以下の論文を紹介する。

 

条件 

 

【 被 験 者 】Caco-2細胞(ヒト大腸腺ガン細胞)
【 試 験 デ ザ イ ン 】in vitro実験
【 試 験 項 目 】 MTTアッセイによるCaco-2細胞生存率の測定
【 試 験 品 目 】 CBG(1, 3, 10, 30 μM)
【 試 験 時 間 】48時間

 

結果

 

図1(A) CBGは、MTTアッセイで評価した細胞生存率を低下させた。

【 図 1 縦 軸 】Caco-2細胞の生存率
【 図 1 横 軸 】経過時間

 

本論文ではCBD、CBDV、CBCのCaco-2細胞への影響も測定していたので紹介する。

 

条件

 

【 被 験 者 】Caco-2細胞(ヒト大腸腺ガン細胞)
【 試 験 デ ザ イ ン 】in vitro実験
【 試 験 項 目 】 MTTアッセイによるCaco-2細胞生存率の測定
【 試 験 品 目 】 CBD(0, 1, 3, 10, 30 μM)、 CBDV(0, 1, 3, 10, 30 μM)、CBC(0, 1, 3, 10, 30 μM)、AMTB(0, 5, 10, 25, 50 μM)
【 試 験 時 間 】24時間
結果

 

図2 CBD、CBDV、CBCは、MTTアッセイで評価した細胞生存率を低下させた。

  

【 図 2 縦 軸 】Caco-2細胞の生存率
【 図 2 横 軸 】経過時間

 

CBGはTRPM8拮抗薬として知られ、TRPM8拮抗薬であるAMTB同様、細胞増殖を阻害するかどうかを検討した。CBD、CBDVもまた、TRPM8の拮抗薬であり、細胞増殖を阻害した。TRPM8に作用しないCBCは、最高濃度(30μM)でのみ細胞増殖を阻害した。

 

考察

 

CBG, CBD, CBDV, CBCは細胞増殖を濃度依存的に阻害した。CBCはTRPM8に作用しないにも関わらず、細胞増殖を阻害した。CBCはTRPM8に依存しない細胞増殖阻害の経路に作用する可能性を示唆する。

 

青い背景の文章は以下の論文から引用

タイトル

Colon carcinogenesis is inhibited by the TRPM8 antagonist cannabigerol, a Cannabis-derived non-psychotropic cannabinoid

公開日

30, Sep, 2014 ( Carcinogenesis.)

著者

研究機関

1Department of Pharmacy, University of Naples Federico II, Via D. Montesano 49, 80131 Naples, Italy, Department of Diagnostic Services (Anatomy and Pathologic Histology Service), Ospedale dei Pellegrini, ASL 1, 80135 Naples, Italy, Institute of Biomolecular Chemistry, National Research Council, Via Campi Flegrei 34, 80078 Pozzuoli, Naples, Italy and Institute of Protein Biochemistry, National Research Council, Via P. Castellino 111, 80131 Naples, Italy.
2Department of Diagnostic Services (Anatomy and Pathologic Histology Service), Ospedale dei Pellegrini, ASL 1, 80135 Naples, Italy.
3Institute of Biomolecular Chemistry, National Research Council, Via Campi Flegrei 34, 80078 Pozzuoli, Naples, Italy and.
4Institute of Protein Biochemistry, National Research Council, Via P. Castellino 111, 80131 Naples, Italy.
5Department of Pharmacy, University of Naples Federico II, Via D. Montesano 49, 80131 Naples, Italy, Department of Diagnostic Services (Anatomy and Pathologic Histology Service), Ospedale dei Pellegrini, ASL 1, 80135 Naples, Italy, Institute of Biomolecular Chemistry, National Research Council, Via Campi Flegrei 34, 80078 Pozzuoli, Naples, Italy and Institute of Protein Biochemistry, National Research Council, Via P. Castellino 111, 80131 Naples, Italy aaizzo@unina.it.

引用元URL

外部リンク 

 

著者プロフィール

駒形俊太郎

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら