このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。

ご注文商品は通常2営業日以内に発送致します。小売商品は8千円、会員サイトの卸売商品は5万円以上の購入で送料無料です。

南アフリカの大麻合法化状況

南アフリカの大麻関連の規制状況について、まとめました!

 

1. 南アフリカで大麻は合法?

2018年南アフリカの憲法裁判所は、1992年の​​麻薬及び麻薬密売法の一部が違憲であるとする判決を支持し、2020年に導入されたこの法律は、成人(18歳以上)の個人使用目的の大麻の栽培と使用を非犯罪化しました。

この点において、プライバシーは成人の住居(自宅)に限定されず、成人は個人消費のために公共ではない私的な場所であればどこでも大麻を使用、所持、栽培することができます。​​また、大麻所持で有罪判決を受けた者の犯罪歴抹消も検討しています。

ただし、未成年の大麻所持、取引、喫煙または消費することは厳しく禁止されており、医療用途などの特別な場合を除き、大麻の商業販売と流通は引き続き禁止されています。

 

2. 南アフリカで大麻が合法な理由

少なくとも1000年前にアフリカ大陸にやってきた大麻草は、南アフリカにおいても先住民たちが喫煙やお茶、食品、植物薬として利用してきました。1600年代以降、アフリカーンス語では「ダガ(Dagga)」と呼ばれ、バソト族が伝統的に出産を容易にするために使っていたという記録が残されています。

そんな南アフリカで時価総額2兆円超企業の会長を経て、政治の世界に入り、そして大統領となったスーパービジネスマンであるラマポーサ大統領は大麻政策を国策へとパワーシフトさせ、新たな大麻産業の構築を目指しています。この最大の目的は貧困地域をヘンプ・大麻産業で支援していくことです。

 

3. 日本人は南アフリカで大麻を買える

ヨハネスブルクでは大麻は厳密に言えば合法ではありませんが、路地裏で公然と取引され入手は容易です。ただし使用は成人に限られ、公共ではない私的な場所に限られます。

 

4. 南アフリカでは大麻吸ってもいいですか?

2023年国会で厚労省大臣が答弁したように、日本人が国外で大麻を使用しても使用罪は適用されないとのことです。国外犯処罰規定は適用されないため、海外で大麻を吸引しても使用罪は適用されません。また、大麻を所持していなければ尿から大麻の代謝物が検出されても直近で海外への渡航歴があり、国内でも使用を裏付ける証拠がない限り、立件されることはありません。 

出典:LIVE ⭕ 国会中継「大麻取締法」厚生労働委員会(2023/11/10)

 

5. 大麻合法化後の南アフリカ

大麻産業は南アフリカにとって大きな経済的可能性を秘めています。 個人使用と栽培の合法化により、小規模栽培者に機会が開かれ、雇用が創出され、収入が得られます。 さらに、特に医療用大麻の商業栽培の可能性により、投資、輸出、経済成長の発展がもたらされます。 人を酔わせない大麻の一種であるヘンプの生産は、繊維、建築資材、健康製品などのさまざまな分野に貢献できます。大麻に含まれる非精神活性化合物である CBD (カンナビジオール) の需要の高まりも、CBD ベースの製品の生産に経済的な機会をもたらします。

南アフリカでは大麻法が大幅に発展し、商業活動に対する制限を維持しながら個人的な使用と栽培が許可されています。大麻の伝統的な使用、多様な地域名、伝統的な栽培方法は、この植物の文化的重要性を浮き彫りにしています。ヘンプやCBDを含む大麻産業は経済的潜在力を秘めており、国内の雇用創出、投資、さまざまな分野に貢献しています。

 

6. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制

以下のことは規制がありません。

・個人栽培の為の無制限の種子と苗木

・​​プライベートな場所では成人一人当たり4本の大麻栽培が許可されています。

・開花した大麻またはそれに相当する大麻植物を公共の場で1本個人的に所有する。

・公共の場で100グラムの乾燥大麻または大麻同等物を個人的に所有する。

・成人一人当たり600グラムの乾燥大麻または大麻相当量を私的な場所で個人的に所有する。

成人は、成人に無償で以下の情報を提供したり、成人から入手したりすることができます。

・種子または苗木、またはそれらの組み合わせ30個

・1つの開花大麻植物または同等の大麻植物

・100グラムの乾燥大麻または大麻同等物

 

7. 医療大麻に関する規制

​​​​医療従事者が治療の助けになると判断すれば、どんな健康状態でも医療用大麻製品を処方することが可能です。

患者は、南アフリカ医療製品規制庁(SAHPRA: South African Health Products Regulatory Authrity)の認可を受けた医療従事者を通じて、医療用大麻を要求することができます。

医療従事者は患者に代わっSAHPRAにオンラインで申請し、許可されると、南アフリカ薬局評議会(SAPC:South Africa Pharmacy Council)に登録している薬剤師が処方箋を作成します。

南アフリカでは、1965年に制定された「医薬品及び関連物質法」(Medicines Act)によって規制されています。

物質をスケジュール1からスケジュール8に分類しており、スケジュール8が最も毒性が強くアクセスが制限されている物質です。

大麻(植物全体またはその一部や製品)とTHCはスケジュール7に位置しており、スケジュール7の物質は合法的な医薬品としての用途がないとみなされており、保健省大臣が発行する許可証によってのみ入手が可能です。

治療目的の患者の場合には、スケジュール6の物質となります。スケジュール6の物質は医療従事者の処方箋がなければ入手できず、調剤許可証の所有者からしか入手できません。

CBDは​​スケジュール4に分類されており、スケジュール4の物質はスケジュール6の物質と同様に処方箋によってのみ入手可能です。

以下の条件に当てはまるCBD製品は、スケジュール外として薬局、スーパー、コンビニエンスストアなどの小売店で購入できます。

・1つのパッケージに含まれるCBDの量が600mg以下、1日の最大摂取量が20mgで一般的な健康増進、健康維持、または軽微な症状の緩和を謳っている補完的な医薬品

・大麻を原料として植物から作られた製品でCBDの含有量が0.0075%以下で、天然由来のカンナビノイドのみが製品に含まれているもの。(合成カンナビノイドはスケジュール7の物質です)

 

8. 大麻の栽培に関する規制

個人栽培の非犯罪化により、南アフリカの成人は現在、自分で消費する目的で大麻を栽培することが許可されています。ただし、植物の量には制限があり、栽培は公共の場でない私的な場所で行う必要があります。商業栽培にはライセンスが必要であり、南アフリカ健康製品規制庁(SAHPRA)が定めた規制を遵守する必要があります。公共の場所、公道の車両内、または同意のない成人・子供の目の前で大麻を喫煙することは犯罪です。

プライベートスペースで限られた数の大麻を栽培することが許可されています。しかし許可される植物の正確な数はまだ指定されていません。

 

9. 大麻使用下での運転に関する規制

大麻は酩酊を引き起こす物質とみなされている為、使用後に車両を運転してはなりません。

 

10. 公共の場所での大麻使用に関する規制

公共の場で100グラムの大麻を個人的に所持することは認められていますが、大麻を使用することは認められていません。

出典

New cannabis laws for South Africa – how much you can carry and what’s still illegal

Is Weed Legal in South Africa? (April 2024)

 

11. tokyo mooon CBD商品のご紹介

tokyo mooonでは、大麻が一般的な植物と同等に扱われる「大麻のノーマライゼーション」を目指し、各種CBD商品を展開致しております!

主な商品としては、

・CBDべイプ
・CBDオイル
・CBDウォーター
・CBDグミ

がございます。

カンナビノイドの原料屋さんとして、原料へのこだわりは勿論、海外の研究事例などを参考に開発した商品などを取り揃えております。

是非この機会にお買い求め下さい!

 

 オリジナルブランドを見る

  

12. OFFの原料は、健康志向の人におすすめなオーガニック仕様 

 

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

 

①合法性と安全性

②製造工程における各種認証

③信用・実績のあるサプライヤー

 

①合法性と安全性

・厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み

・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能

・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供

・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

 

②製造工程における各種認証

・USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)

・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)

・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)

・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

 

③信用・実績のあるサプライヤー

・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入

・FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

 

CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

 

 お問い合わせ

 

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら