CBDはこうして脳をハックする、CBDが脳に与える5つの影響🧠

CBDは中枢神経系に作用し、脳の機能を変化させます。結果として、意識、行動、気分、または知覚に一時的な変化を引き起こします。CBDが人間の脳に与える5つの影響を見てみましょう。

 

1. 血流を減らす

ある研究で、社会不安障害(SAD)の被験者グループに対するCBDの影響を調べました。

CBDを使用した参加者は、使用前と比較して気分が良くなったことを発見し、不安に対する脳の反応を研究するのに役立ちました。

脳のスキャンをしてみると、不安に関連する脳の領域への血流の変化が明らかになりました。

 

2. 痛みの原因となる神経伝達物質に作用する

慢性的な痛みに苦しんでいる人たちは、CBDで症状の緩和ができると信じて使用しています。

CBDはCB2受容体に作用し、私たちが痛みを感じる原因となる神経伝達物質に影響を与え、痛みと炎症を軽減するのに役立つと考えられています。

 

3. 活性酸素を低下させる

私たちは食べものから体を動かすエネルギーを作り、呼吸によって酸素を取り込みます。その際、一部の酸素は「活性酸素」という物質に変わります。

活性酸素は生命活動に欠かせないDNAやタンパク質といった物質を傷つけてしまいます。このように、体内の活性酸素が自分自身を酸化させようとする力を「酸化ストレス」といいます。

活性酸素が多すぎて、十分な抗酸化物質が生成されない場合、廃棄物がDNAに悪影響を及ぼします。アルツハイマー病、パーキンソン病、およびアテローム性動脈硬化症などの発症をもたらす可能性があります。

CBDはCB2受容体に作用し、活性酸素を低下させます。研究者たちによると、CBDの神経保護・抗酸化能力はビタミンCやEと同レベルのようです。

 

4. 脳細胞の興奮を抑える

興奮は私たちの脳細胞が刺激により過活動になることによって引き起こされます。

CBDは脳における抑制性および興奮性神経伝達の調節に寄与することが知られています。

てんかんや自閉症(ASD)などの神経発達障害の治療薬として期待するCBDの研究が増えています。

てんかん治療に用いられるCBD

 

5. アナンダミドの産生を促進する

CBDはアナンダミドという気分を改善すると同時に痛みの感受性を低下させる神経伝達物質の産生を促進します。

脳脊髄液中のアナンダミドの上昇が精神病の症状へ有効であるため統合失調症などの精神病症状を緩和することがわかっています。

 

6. まとめ

CBDは世界で最も急速に成長しているサプリメントの1つです。消費者は、片頭痛、不安、うつ病、慢性的な痛みなどの改善目的でCBDに目を向けています。

人気が高まるにつれ、科学的研究が増え、その有効性に関する説明も今後信憑性が高いものになっていくと予測されます。

まずはお気軽にお問合せください

問い合わせはこちら

カート

購入可能な商品がなくなりました

現在、カートは空です。