ボクサー・格闘家はなぜCBDを使用するのか?

近年、アスリートがCBDを使用するケースを耳にする機会も増えたかと思います。

身体が資本であるアスリートは、練習以外にも‘食事’、‘睡眠’、‘休養’、‘精神’など、あらゆる面において常に最高なパフォーマンスを発揮できるよう体調管理をしなければなりません。

そこで、今回は特に怪我と隣合せで激しいトレーニングを行う格闘技に焦点を当て、ボクサーや格闘家のCBDの使用とその効果について紹介していきます!

1. ボクサー・格闘家がCBDを使用するシーン

ボクサーや格闘家がCBDを使用する場面は大きく分けて2つあるかと思います。

一つ目は、練習後や就寝前にべイプやエディブルなCBD(グミ、ドリンクなど)を摂取する場合。これは、イメージとして練習後にプロテインやサプリメントを摂取する感覚に似ているかと思います。主にトレーニング後の体の回復を目的としています。

二つ目は、バームやクリーム等を肌に塗り込み経皮摂取する場合。こちらは、湿布やアイシングと同様に怪我や炎症の抑制を目的としてCBDを使用しています。

以降では主に炎症抑制や鎮痛作用にフォーカスしCBDの効果をご紹介します!

2. CBDが炎症に効く仕組み

打撲、筋肉痛などの痛みは、怪我や傷または炎症を起こした部位から出るサイトカインやプロスタグラジンなどの物質が神経に作用し痛みを感じます。

研究によると、関節炎を誘発したラットにCBDクリームを塗ることで、炎症を引き起こす物質の一つであるサイトカインなどが抑制されました。

その結果、関節炎による腫れが抑えられ、さらに痛みに伴う行動が減少したと報告されています。

これは、人間にも同様のことが言え、炎症や痛みを緩和する効果が期待できます!

3. CBD愛好者のK1ファイター・武尊選手

格闘技好きの方なら皆様ご存知のK1の武尊選手

実はかなりのCBD愛好者なの知っていましたか?

アメリカでトレーニングをしている際にトレーナーさんや海外の選手が、CBDのサプリやバームを使用していたのを目の当たりにし、自身でも使用するようになったとのこと。

武尊選手は、CBDバームを打撲箇所に塗り込んだり、試合前のメンタルが不安定な時にはグミやオイルなどでCBDを摂取しているとのこと。

(出典:CBD fx)

また、直近(2021年4月頃)では自身でCBDオイルのブランドを立ち上げるほどのCBD愛好家っぷり!

tokyo mooonでは武尊選手も愛用する、CBD fx様のバームとグミを取り扱っております。

気になる方は是非、オンラインストアも覗いてみて下さい!

 

 

 

4. CBDはドーピングなのか?

ボクシングの井岡選手がドーピング疑惑問題で世間を騒がせたニュースをご存知の方も多いのではないでしょうか?

この騒動では、「尿検査で大麻成分が検出された」と報じられました。

しかし最終的には、JBC(日本ボクシングコミッション)のドーピング検査の不手際により泥沼化し、JBCから井岡選手へ謝罪する運びとなりました。

井岡選手の疑惑は既に晴れており、禁止薬物は勿論使用していないが、考えられるとすればCBDオイルから大麻成分が検出された可能性があると報告されています。

国際的なドーピング検査基準の統一などを行う、WADA(世界アンチ・ドーピング機構)では、2018年にCBDは禁止薬物から排除されており使用を許可しております。

また、総合格闘技の最高峰UFCにおいては、大麻に含まれるTHCをはじめ、全ての植物性カンナビノイドを禁止リストから削除しました。

アスリートヘルス及びパフォーマンス部門UFC上級副社長は、

「競技内の障害との科学的相関が極めて低いことが分かった」

とコメントしています。

5. ボクサー・格闘家がCBDを使用する際の留意点

上記でWADAの規定では、CBDはドーピングにはならないことを説明しましたが、使用するにあたり注意点があります。

CBDは、大麻に含まれる104種類のカンナビノイドの一つであり、WADAでは、CBD以外のカンナビノイドの摂取は認めておりません

その為、製造のプロセスにおいて他のカンナビノイドが含まれないようにしなければなりません。従って、原料はCBD アイソレートを使用したプロダクトでなければなりません。

著者プロフィール

LUNA

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら