このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。

ご注文商品は、通常2営業日以内に発送致します。卸販売は5万円以上ご購入で送料無料です。

グリーンランドの大麻合法化状況

グリーンランドの大麻関連の規制状況について、まとめました!

 

1. グリーンランドで大麻は合法? 

2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制

3. 医療用大麻に関する規制

4. 大麻の栽培に関する規制

5. 大麻使用下での運転に関する規制

6. 公共の場所での大麻使用に関する規制

7. 原料卸売と製品のOEMについて

 

1. グリーンランドで大麻は合法?

 グリーンランドでは医療用大麻、嗜好用大麻の両方が違法となってます。

 

2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制

 グリーンランドではいかなる理由であれ、大麻を所持・使用・譲渡することは違法となっています。上記の理由で捕まった場合、多額の罰金と懲役に処されます。

 

グリーンランドでの大麻は違法ですが、国内での使用はアンケート結果や調査により確認されています。

 

3. 医療大麻に関する規制 

 グリーンランドでは他のヨーロッパ諸国と比べて大麻に対する態度が厳しく、医療用大麻プログラムはおろか、合法化もされていません。

 

いかなる理由であってもグリーンランドでは医療用大麻製品を使用・所持することはできません。

 

4. 大麻の栽培に関する規制 

医療用・嗜好用の両用途としての大麻の栽培はグリーンランドでは違法です。

 

また産業用として、企業が大麻を栽培することもできません。国内では大麻栽培を許可するライセンスなども発行されておらず、大麻栽培合法化への道は長そうです。

 

5. 大麻使用下での運転に関する規制  

 大麻使用下での運転はグリーンランドでは違法です。

 

警察官は、運転者がアルコールや薬物の影響下にあると判断した場合、薬物検査を実施することができます。

 

これらの検査の結果によって、法的措置を取る必要があるかどうかが判断されます。THCの血中濃度が法定制限値を超える量が検出された場合、罰金などの罰則につながります。

 

6. 公共の場所での大麻使用に関する規制

公共の場での大麻の使用は、当たり前ですが違法となっています。

 

7. OFFの原料は、健康志向の人におすすめなオーガニック仕様
USDA認証

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

 

①合法性と安全性
②製造工程における各種認証
③信用・実績のあるサプライヤー

 

①合法性と安全性

・厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み
・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能
・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供
・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

 

②製造工程における各種認証

・USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)
・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)
・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)
・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

 

③信用・実績のあるサプライヤー

・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入
・FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

 CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

 

著者プロフィール

俊太郎 駒形

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら