パラグアイの大麻合法化状況

パラグアイの大麻関連の規制状況について、まとめました!

 

1. パラグアイでは大麻は合法? 

2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制

3. 医療用大麻に関する規制

4. 大麻の栽培に関する規制

 

5. 原料卸売と製品のOEMについて

 

 

1. パラグアイで大麻は合法?

パラグアイでは医療用、嗜好用ともに大麻は違法です。少量の大麻の所持は非犯罪化されています。

 

2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制

パラグアイでは嗜好用としての大麻の所持・使用・譲渡は違法ですが、世界有数の大麻の生産国であり、1988年に10g以下の所持が非犯罪化されました。

 

しかし、以前として合法化はされていないため捕まると懲役や罰金が伴います。

 

また、パラグアイはブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、チリの主要な大麻の供給国であり、2008年の報告書によれば年間5900トンを生産しています。ラテンアメリカではメキシコに次いで2番目に大きな大麻生産国となっています

 

3. 医療大麻に関する規制

パラグアイは2020年2月、医療用大麻のライセンスを初めて発行し、大麻生産国として大きな転換を図るとともに、違法栽培対策への取り組みへ一歩踏み出しました。

パラグアイでは12の製薬会社が、医療効果のある大麻製品を国内で栽培・販売するための大麻草の種子を輸入するライセンスを取得し、対象となる患者は無料で入手することができるようになりました。

しかしパラグアイでは医療用大麻プログラムなどはなく、医療用としても大麻は違法となっています。

 

4. 大麻の栽培に関する規制

パラグアイでは例え医療用大麻のための栽培であっても個人的な大麻草の栽培は禁止されています。しかし、パラグアイ政府当局は、同国で医療用大麻の栽培を希望する事業者にライセンス供与の機会を設けました。そして5つのライセンスが供与され、事業者は中部地方のみで大麻草の栽培を行うことができるようになりました。

 

また、パラグアイの議員たちは、この最初のプロセスの結果次第で、大麻草を栽培できる範囲を拡大する可能性があることを示唆しています。

 

パラグアイでは国家衛生監視(Dirección Nacional de Vigilancia Sanitaria、DNVS)機関がライセンス取得プロセスを監督することになっています。しかし、このプロセスは全て医療用大麻を対象としているライセンスであるので、嗜好用大麻の栽培は以前として違法です。

 

皮肉ながら、パラグアイの肥沃な赤土は大麻の栽培に適しており、1ヘクタールあたり6,600ポンドの収穫量があり、1年に何度も収穫できる区画もあります。結果として、パラグアイはブラジルとアルゼンチンに密輸される違法嗜好用大麻の重要な供給源となっています。

 

5. OFFの原料は、健康志向の人におすすめなオーガニック仕様
USDA認証

OFF株式会社は、CBD製品のOEM製造の受託や原料販売を行っている会社です。弊社で取り扱っている原料には、以下三つの特徴があります。

 

①合法性と安全性
②製造工程における各種認証
③信用・実績のあるサプライヤー

 

①合法性と安全性

・厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入済み
・ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能
・テスト結果(CoA)等も含め、透明性を持った情報提供
・「ISO17025」(権威ある第三者認定機関が認定する規格)を取得している3rd Party Labを厳選し検査

 

②製造工程における各種認証

・USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)
・NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)
・GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)
・GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)

 

③信用・実績のあるサプライヤー

・米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入
・FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や、米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績あり

 CBD製品のOEM製造や原料に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

 

著者プロフィール

俊太郎 駒形

問い合わせ


以下のフォームより、原料に関するご質問やOEMのご依頼などお気軽にお問合せください。

高品質で透明性のあるCBD原料の卸販売

ご購入はこちら