CBC(カンナビクロメン)とは?【原料卸売も実施中】

THCやCBDについて詳しい方は多くいらっしゃいますが、その他の大麻成分についても幅広く知っている方は少ないのではないでしょうか?

そこで、今回はCBC(カンナビクロメン)の正体やメリットについて解説していきます!

1. CBC(カンナビクロメン)とは

CBCとは、日本語でカンナビクロメンのことを指します。

CBCは、50年以上も前に発見されたカンナビノイドで、THC・CBD・CBN・CBG・THCVとともに、医学界では著名な「BIG6カンナビノイド」に選ばれているカンナビノイドです。

最初にCBCが発見されたのは1966年ですが、CBCに関する研究はあまりありませんでした。

これは、主にTHCが科学者および研究者の注目を集めていたからです。

しかし最近では、研究者たちの関心はCBDやCBCなどの向精神作用のないカンナビノイドの方にも移り始めています。

CBC・THC・CBDは、カンナビゲロリン酸(CBGA)に由来し、これら3つのカンナビノイドは、同じ起源を持っています。

 

メディカルカンナビスによると、実際のところCBCは大麻に含まれる2番目に最も普及しているカンナビノイド化合物です。他のカンナビノイドと同様に、CBCは大麻のトリコームで起こる酵素過程を通じて生成されます。

この過程には、CBCAシンターゼという酵素によるカンナビゲロール酸(CBGA)からカンナビクロメン酸(CBCA)への変換が関わっています。THCAからTHCへの変換と同様、CBCAは加熱された際にCBCに変換されます。これは脱炭酸として知られるプロセスです。

CBCはTHCやCBDなどと同じ分子式C21H3002を持ちます。多くのカンナビノイドが同じ分子式を持ちますが、分子内の原子はやや異なる形で配置されています。これにより個々の分子が非常に異なる化学的性質を持ちます。

CBCにはTHCのような精神活性効果がありません。またCBCの一部の効能が他のカンナビノイドとは独立しているため、CBCがカンナビノイド受容体に影響するかどうかさえ完全に明らかにはなっていません。しかし、CBCはさまざまな関心を引く薬効を持ち、THCおよび他のカンナビノイドの効果を重要な形で調整する可能性があると考えられています。

 

2. CBC(カンナビクロメン)の効果

癌細胞の増殖抑制痛み・炎症の緩和

カンナビクロメンは強力ながん治療薬となる可能性がありますが、その理由は、体内の天然エンドカンナビノイドであるアナンダミドが相互に作用するためだと言われています。そのアナンダミドは乳がんの細胞の成長を阻害しすることが研究で報告されています。CBCはまた、アナンダミドの取り込みを阻害し、アナンダミドが血流中に長く留まることを可能にするようです。

ネズミを用いた研究では、カンナビノイドが炎症と腫瘍の成長を抑制するのに有効である可能性が示されました。アナンダミドは、乳がんと闘うことが示されているので、CBCが癌や痛み、炎症の緩和に寄与するとされる未来は近いかもしれません。 

痛み・炎症の緩和

カンナビクロンが痛みや炎症に関わる受容体のTRPV1およびTRPA1に作用し、痛みと炎症の緩和効果があることが研究結果として報告されております。また、CBCは非ステロイド系抗炎症(NSAID)とは異なる方法で炎症に作用するため、副作用を心配する必要もありません!

ネズミを用いた実験では、THCとCBCを組み合わせて使用した場合、単体での摂取よりもそれぞれの成分が相互に作用することにより、より大きな炎症効果があることが報告されました。

 【出典】

ニキビ治療

CBCはニキビ治療にも効果があるとされています。

ある研究で、CBCはニキビの強力な阻害剤であることが示されました。

CBCは強力な抗炎症作用を示し、ニキビの源となる皮脂腺での過剰な脂質生産を抑制したことが分かりました。 さらに、CBCは脂質生成を作り出すために必要なアラキドン酸(AA)のレベルを低下させました。

CBCが、巷で売られているニキビ洗顔の商品のように売られる日が来るかもしれません。

 【出典】

うつ症状・不安の緩和

CBCはアントラージュ効果によりうつ病、不安、ストレスを抑制する効果があるとも言われています!

CBCは、THCやCBDと共に働くことで、抗うつ作用を発揮するとされています。

抗菌作用

CBCには抗菌特性があるとされております。大腸菌やブドウ球菌などのいくつかの菌へ作用する可能性について研究結果より示唆されております。

様々な種類の真菌に対しても「軽度から中程度」の活動を示します、と報告されております。

脳細胞への作用

2013年行われたネズミを用いた別の研究では、CBCは脳機能に必要不可欠な細胞である神経前駆細胞(NSPC)に影響を及ぼすことが報告されております。NSPCは、脳の恒常性を維持するための最も重要な細胞の内の一つであるアストログリア細胞に分化するため、アルツハイマー病などの神経疾患や脳病理などへの効果が期待できます。

 

ここまでCBCの主要な効果を6つ述べましたが、他にも、Original Farm日本臨床カンナビノイド学会によると、偏頭痛や骨の成長促進や神経変性疾患への治療、下痢止めにも効果的であるとされているようです!

4. CBC原料のご案内

 

弊社では、今回ご紹介したCBC、CBD(アイソレート、ディスティレート、ブロードスペクトラム、水溶性)、CBG、CBNをはじめとするカンナビノイド原料・テルペンの卸売販売をこちらで行っております!

また、各種CBD商品のOEM開発サポートも行っております。

ご興味ある方は下記より、お気軽にお問い合わせ下さい!

まずはお気軽にお問合せください

問い合わせはこちら

カート

購入可能な商品がなくなりました

現在、カートは空です。