このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。

ご注文商品は、通常2営業日以内に発送致します。卸販売は5万円以上ご購入で送料無料です。

メキシコの大麻合法化状況

メキシコの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. メキシコで大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて     1. メキシコで大麻は合法? メキシコでは医療用大麻は合法です。医療用大麻は2017年に合法化されました。しかし、嗜好用大麻は合法化されておらず、非犯罪化のみされています。    2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 メキシコでは、2009年、大麻の所持・使用を非犯罪化しました。   国内では、5グラムまでの大麻の所持は全国的に事実上非犯罪化されていますが、地元や連邦警察は非犯罪化されたにもかかわらず罰金を科す可能性があります。しかし、個人的使用として大麻を5グラム以下の所持していた場合、起訴される可能性はありません。   メキシコの最高裁判所は大麻を完全に違憲としていますが、2022年現在、メキシコ議会は、すべての成人に大麻の使用・所持の法的手段を確立する嗜好用大麻合法化に向けて動いています。   もし、メキシコ議会の意見が通り、憲法が改正されると、18歳以上の成人は個人使用のために28グラムまでの大麻を所持できるようになります。...

もっと見る

ニュージーランドの大麻合法化状況

ニュージーランドの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. ニュージーランドで大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 原料卸売と製品のOEMについて     1. ニュージーランドで大麻は合法? ニュージーランドでは、医療用大麻は2017年に合法化されました。しかし、嗜好用大麻の使用はいまだに違法です。    2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 ニュージーランドでは個人が嗜好用として大麻を所持・使用・譲渡することは違法です。これは1975年に制定された「薬物の乱用に関する法律」に基づき、違法とされています。   大麻はクラスBの薬物に分類され、裁判官は実刑判決を下すことができます。実刑判決を下されると以下の罰則が伴います。 ・2ヶ月の実刑判決、500ドルの罰金、またはその両方が科される。   しかし、大麻の所持が第三者の犯罪を防ぐためであること、あるいは権限を持つ者に供給するために所持していることを証明できれば、起訴や罰則は免除されます。   3. 医療大麻に関する規制 2017年、ニュージーランドは医療用大麻を合法化しました。末期疾患や慢性的な痛みを持つ人の苦しみを和らげるために、医療用大麻が合法化され、医師により処方箋を取得したものは、認可された薬局で医療用大麻を購入できるようになりました。...

もっと見る

韓国の大麻合法化状況

韓国の大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. 韓国で大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて     1. 韓国で大麻は合法? 韓国では医療用大麻は合法化されています。しかし、嗜好用大麻の利用は違法となっています。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 韓国の現行法では成人であっても、嗜好としての大麻の使用は違法です。   韓国は大麻犯罪に対して厳しい法律と取締りを行っており、医療用大麻が合法化された近年でも、嗜好用大麻を合法化する兆しは見えません。   嗜好用として大麻を使用して捕まった場合、以下の罰則が伴います。 ・5年以下の懲役、及び5,000万ウォン以下(約4万ドル)の罰金  ...

もっと見る

【業界ニュース】CBD・ヘンプ業界で巻き起こる海外、国内動向まとめ(10/4〜10/10)

約5分で国内外のCBD業界のホットトピックが丸わかり。 10/4週も盛りだくさんの最新の市場動向をお届けします。 今回のトピックは以下の6つです。 ①バイデン大統領、大麻所持を大量恩赦 ②アメリカ麻薬取締局、人種差別が大麻禁止の起源だと認める ③アムステルダム、「大麻観光客」のコーヒーショップへの出入り禁止を検討 ④スリランカ、大麻栽培法案政府へ提出へ ⑤コロンビア、大麻合法化案を承認 ⑥モロッコ、大麻製造・加工のライセンスを発行

もっと見る

アムステルダム、「大麻観光客」のコーヒーショップへの出入り禁止を検討

トリップした観光客にうんざりし、薬物犯罪に悩む市長は、街をクリーンにしようと考えます。しかし、それはうまくいくのでしょうか? アムステルダム市議会は、”Coffeeshop The Rookies”のようなコーヒーショップからの観光客の出入りを禁止するかどうかを1日かけて議論したところです。

もっと見る

タイの大麻合法化状況

タイの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. タイで大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて     1. タイで大麻は合法?  タイでは医療用は医療用大麻は合法化されています。また、嗜好用大麻も非犯罪化されています。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制  2022年の6月に大麻の使用・所持が非犯罪化されました。   嗜好用大麻の使用や所持は推奨されていませんが、非犯罪化されています。合法化されているかどうかは政府の発言により矛盾しているところがあり、グレーゾーンとなっております。   しかし、THC含有率が0.2%以上のものは違法となっており、所持や使用には罰則が伴います。   3....

もっと見る

フランスの大麻合法化状況

フランスの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. フランスで大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて     1. フランスで大麻は合法?  フランスでは医療用大麻は合法です。しかし、嗜好用目的の大麻の使用は違法となっています。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 フランスでは、大麻の嗜好用目的としての所持・使用・譲渡が一切禁止されています。   大麻の所持や消費は、最近までフランスの法律で起訴の対象になっていました。2020年9月1、法改正が行われ、100gまでの大麻所持で捕まった成人は、200ユーロの罰金(15日以内に支払えば150ユーロ、45日以降に支払えば450ユーロ)を科されるようになりました。   つまり、大麻所持で捕まった場合、起訴につながる可能性が低くなったということです。   しかし、大麻を使用した場合の罰金は数千ユーロに上り、最大で1年の実刑判決が下されてしまいます。...

もっと見る

ポルトガルの大麻合法化状況

ポルトガルの大麻関連の規制状況について、まとめました!   1. ポルトガルで大麻は合法?  2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制 3. 医療用大麻に関する規制 4. 大麻の栽培に関する規制 5. 大麻使用下での運転に関する規制 6. 公共の場所での大麻使用に関する規制 7. 原料卸売と製品のOEMについて     1. ポルトガルで大麻は合法?  ポルトガルでは医療用大麻は合法となっています。また、嗜好用大麻は違法ですが、非犯罪化されています。   2. 大麻の所持・使用・譲渡に関する規制  2001年、ポルトガル政府は薬物に関する法律を制定しました。この法律により、すべての薬物(および大麻)の嗜好用目的での消費と所持が非犯罪化されました。   現在、嗜好用目的で少量の大麻を所持・使用することが非犯罪化されています。   少量の基準は、使用可能な大麻20g〜25gまでとされています。   また、法律上、「少量」とは、10日間にわたる個人の消費に必要な量を超えないものと記述されています。...

もっと見る

【業界ニュース】CBD・ヘンプ業界で巻き起こる海外、国内動向まとめ(9/27〜10/3)

約5分で国内外のCBD業界のホットトピックが丸わかり。9/27週も盛りだくさんの最新の市場動向をお届けします。    1. 国内動向 2. 海外動向 2. 原料卸売と製品のOEMについて   1. 国内動向 1-1. 医療大麻解禁に使用罪創設!?、第4回大麻規制検討小委員会サマリー 9月29日(木)、大麻規制検討小委員会の第4回が開催されました。 議論で使用された資料はこちらよりご確認頂けます。   改正の大きな方向性 今回はこれまでの議論の取りまとめということもあり、新しいトピックに関して議論されることはありませんでしたが、今回の会合で当局が考える規制の大きな方向性がはっきりと見えてきました。   その方向性とは、これまで行われてきた議論の通りで、「医療大麻の解禁」と「大麻使用罪」の創設に尽きます。   メディアの反響 今回の会合を経て、ようやくBloombergのような大手海外経済メディアも大麻取締法改正に向けた具体的な議論が日本で行われていること、医療大麻解禁に向けて進んでいることなどが報じられました。   Yahooニュースでも今回のニュースはピックアップされ、1,000件以上のコメントがつき、ネット上でも大きく話題になりました。 また、会合の翌日30日にアベプラにて大麻取締法改正に向けた特集も組まれました。   医療大麻解禁に向けた具体的な方向性 部位規制の撤廃 これまで茎種以外の部位から抽出されたカンナビノイドを原料にする医薬品は規制対象でした。海外の大麻製剤は茎種だけでなく、花などからも抽出したカンナビノイドを用いた医薬品ばかりです。  ...

もっと見る

医療大麻解禁に使用罪創設!?、第4回大麻規制検討小委員会サマリー

9月29日(木)、大麻規制検討小委員会の第4回が開催されました。 今回はこれまでの議論の取りまとめということもあり、新しいトピックに関して議論されることはありませんでしたが、今回の会合で当局が考える規制の大きな方向性がはっきりと見えてきました。その方向性とは、これまで行われてきた議論の通りで、「医療大麻の解禁」と「大麻使用罪」の創設に尽きます。

もっと見る