【原料解説】CBDブロードスペクトラムとは?アイソレート・フルスペクトラムとの違いも

CBDブロードスペクトラムとは、CBDだけでなく、ほかにもさまざまなカンナビノイドや成分が配合されており、一回の摂取でさまざまな体感が期待できる原料です。 そのため、ベイプなどと相性がよく、CBDブロードスペクトラム原料でベイプを製造したいという事業者の方も多数います。 この記事では、CBDブロードスペクトラムで商品を製造したいので、原料の特徴を知りたい、ほかの原料との違いがわからない、という人のために、CBDブロードスペクトラムについて徹底解説していきます。 1. CBDブロードスペクトラムとは    CBDブロードスペクトラムは、CBD+ほかのカンナビノイド(ex. CBN、CBC、CBGなど)を抽出した原料を指すことが一般的です。 正確に言うと、CBDブロードスペクトラムの定義は、CBD製品メーカーや個人によってさまざまであるのが現状です。従来は「THC以外の成分すべてを含むもの」が一般的でしたが、昨今では「CBDと、一つでも他のカンナビノイドが含まれるもの」「CBDに○○というテルペンを足したもの」などと解釈されることもあります。 フルスペクトラムCBDやブロードスペクトラムCBDは、CBDと他のカンナビノイド・化合物を一緒に摂取した際に起こる相互作用により、CBD単体で摂取するよりも強いCBDの効果を得ることができます。これをアントラージュ効果といいます。 白米よりも色んな成分を含む玄米の方が健康に良いとされることをイメージすると、わかりやすいかもしれませんね。 ちなみにブロードスペクトラムCBDを作るプロセスは大きくは2種類で、CBDを分離した後、ほかのカンナビノイド(THCを除く)、テルペン、フラボノイドを添加する方法と、フルスペクトラム抽出物からTHCを除去するプロセスを経て作る方法があります。   2. アイソレートとフルスペクトラムの違いは? CBD原料はざっくり分けると、以下の3種類があります。・CBDブロードスペクトラム・CBDフルスペクトラム・CBDアイソレート 3種類の違いは、以下の通りです。 CBDアイソレート CBDブロードスペクトラム CBDフルスペクトラム CBD含有率 99.9% 60%~95% 60%~95% ほかのカンナビノイド 0% 5%~40% 5%~40%(※) THC なし...

もっと見る

CBG(カンナビゲロール)とは?【原料卸売も実施中】

CBDとTHCは、カンナビス(大麻)に含まれる100種類以上のカンナビノイドの中で最も知られている2つのカンナビノイドですが、カンナビノイドの1つであるCBG(カンナビゲロール)についてよく知る人は少ないのではないでしょうか? そして大前提として、CBGは違法ではありません!! むしろCBGは現在見つかっているカンナビノイドの中で最も重要なカンナビノイドの1つである可能性があるのです。 なんと大麻合法国ではTHCやCBDよりもCBGを期待している人がいるほど! ではなぜこれほどまでCBGが注目されているのでしょうか? 今回はCBGの効果を研究と共に取り上げ、さらにはCBG配合の商品まで紹介していきますね! 弊社では、CBD事業者様向けにCBG原料の卸売もしております。ご興味ある方はこちらをご覧頂ければと思います。   1. CBG(カンナビゲロール)とは何か? 【出典】カンナビノイドの科学 -植物性カンナビノイドの生合成経路- に基づき弊社作成   CBGは、「母なるカンナビノイド」と言われています。 その理由としては、そもそもTHCとCBDはCBGから始まるからです! CBGは基本的にはマイナーなカンナビノイドに分類されますが、実は非常に重要な役割を持っているカンナビノイドです。 ここから少し化学的な話に入ります。細かく理解したい方はお読みください! CBGはカンナビジノール酸(CBDA)、テトラヒドロカンナビノール酸(THCA)、およびカンナビクロメン酸(CBCA)という3つの主要なカンナビノイドの大元であるカンナビゲロール酸(CBGA)の形で見つけることができます。 CBGAは、大麻植物が成熟すると、シンターゼとして知られている特定の酵素を介してこれらの3つのカンナビノイドに変換されます。 ほとんどのCBGAは、これらのカンナビノイドに変換されるため、成熟した大麻植物には非常に低い濃度でしか存在しません。デカルボキシル化として知られているプロセスを通じて、CBGA、CBDA、THCA、CBCAはすべて1つの炭素基を失います。 【出典】カンナビゲロール(CBG)の薬理学的症例 そしてその後、これらのカンナビノイドがCBG、CBD、THC、CBCというような私たちがよく知っている化合物へと変換されます。 実はカンナビスによる治療上の利点のほとんどがここで生まれているのです。 つまり、CBGがなければ他の様々なカンナビノイドは存在しないのです! では次にCBGの効果・効能についてもっと深く見ていきましょう!   2. CBGの作用機序と効果・効能 他のカンナビノイドと同様に、CBGには多くの治療上の効果・効能があり、いくつかの健康障害や病気に不可欠な役割を果たす可能性があることが示されています。...

もっと見る

CBDアイソレートとは?ブロードスペクトラムとの違いは?【原料卸売も実施中】

CBDについての知識は少しずつ深まってきたけど、原料についてもっと知りたい!原料を仕入れたい!という方は多いのではないのでしょうか? 弊社では、CBD事業者様向けにCBDアイソレートの卸売もしております。ご興味ある方はこちらをご覧ください。   1. CBDアイソレートとは 今回はCBDアイソレートの原料について説明していきます。 CBDの原料は複数の種類がありますが、その中でもCBDアイソレートは、99%の純度を持つ粉末のことで、油、蝋(ワックス)、テルペン、クロロフィル等の成分を含まない純粋なCBDの分子です。 CBDアイソレートは白いパウダー状で無味無臭のため、ヘンプの独特な臭いが苦手な方でも摂取できるのが利点です。 CBDには、主に以下のような症状に効果的です。 吐き気・嘔吐 けいれんや発作 精神疾患 炎症性疾患 神経変性疾患 腫瘍・癌細胞 不安・うつ  大きく分けて、以下の3つを覚えておくと良いです。 不眠の解消 ストレス・不安の解消 炎症緩和(肌・関節・筋肉)     2. CBDアイソレートの製造工程 まず最初に麻を粉砕し、Co2やエタノール等の溶媒に混ぜ、以下の前処理を行います。 脱炭酸・・・化合物から二酸化炭素を(CO2) を抜け落とす工程。 濾過・・・液体から固体植物部分を除去するために、紙フィルターまたはフィルターバッグを通して植物 - 液体混合物を濾過する工程。...

もっと見る

女性に特におすすめ!CBDコスメランキング💄【編集長レビュー】

今回は、万能薬として知られるCBDの女性にうれしいCBDコスメ(スキンケア商品)を紹介していきます。 既に前半のnoteではCBDの女性特有のお悩みに対しての効果について解説しています。この後半部分では女性の方に特におすすめのCBDアイテムを紹介していきます。それでは、早速おすすめ商品紹介です!   1. CBDバーム まずは、CBDバームから。 筆者もアメリカに住んでいたことがありましたが、アメリカではコスメ領域のCBD製品が今一番のトレンド。 日本ではまだまだベイプ、オイル、グミなどが主流ですが、最近やっと国内CBDコスメブランドが増えてきました。   WALALA 最初に紹介するCBD化粧品ブランドはWALALAという国産のブランドです。 WALALAにはCBDが含まれていますが、日本ではまだ珍しい化学合成でできたCBDを使用しています。 一般的なCBD製品は麻から抽出したCBDを使用していますが、日本の法律(大麻取締法上の部位規制)に遵守するため、化学合成のCBDを使用したということです。 化学合成のCBDはチェコのCBDepotという企業がチェコ科学アカデミーの専門科学者と共同開発した有機化学合成のCBDを利用しているとのことです。 植物の麻由来のCBDと比較すると原価が3〜5倍ほど高いようです。 国産にこだわったスキンケアラインの製造・管理をしています 植物由来ではなく、製薬会社で研究開発され生産された有機化学合成CBD成分のみを使用しています WALALA CBD POINT CREAM 基本スペック 価格:¥8,250(税込) 容量:50g 無着色 アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません) Lunaの一言コメント🌙 クリームは伸びが良く、肌なじみもいい。 肌質は特に選ばなさそう。 スキンケアとしてだけでなく、CBDには筋弛緩作用があるので、肩などのコリが気になる時やリフレッシュしたいときにも使用できます。...

もっと見る

辛い二日酔いに効くかもしれない?CBDの驚くべき効果

家族の集まり、会社の仕事のパーティー、友人との休日のお祝いなどで、通常よりも多くの飲酒をしてしまうことがあります。 休日の二日酔いに悩んでいる時、CBDが役立つ場合があります。 1. CBDと二日酔い お酒を飲み過ぎた時、次の日にひどい気分になってしまうことがあります。 頭痛、吐き気、不安感、イライラ、憂鬱感、集中力の低下、筋肉痛、疲労感、震え、空回りなどは二日酔いの症状の一例です。 楽しくお酒を飲むのは悪いことではありませんが、飲み過ぎると脳や体に深刻なダメージを与える可能性があります。 CBDには、特に二日酔いの症状に効果があると言われています。炎症を抑え、慢性的な痛みを和らげることが知られており、一部の人には吐き気を抑える効果があることがわかっています。 世界的に研究が進んでいる段階ですが、実験室のラットで行われた2013年の研究では、CBDはアルコールの毒性の影響を軽減することが確認されました。 ラットには、生命を脅かすような量のアルコールを与えられた結果、脳細胞が50%近く減少しました。しかし、CBDを摂取したラットは、摂取しなかったラットに比べて、脳細胞の減少はその半分、25%程度に抑えられました。 この研究は、CBDが二日酔いの影響を緩和するという1つの根拠になるかもしれません。 2. 二日酔いへの4つの効果 CBDは魔法の治療薬ではありませんが、二日酔いに対して期待される効果を紹介していきます。 2-1. 頭痛の緩和 なぜ飲酒で頭痛が起こるのでしょうか?それはアルコールが免疫系の炎症反応を引き起こすからです。二日酔いの頭痛は体の炎症反応の現れです。 CBDは片頭痛や神経障害性疼痛の頻度を減らすことができるという研究結果が出ています。 また、抗炎症作用もあるため、休日の朝などに感じる痛みにもプラスの効果があるかもしれません。 2-2. 吐き気の緩和 誰もが経験したことがあると思いますが、お酒を飲み過ぎると吐き気がします。それは胃酸の分泌量が増えることで、胃の不調が発生するためです。 研究ではCBDが吐き気を治療するのに有効である可能性があることを示しされています。 2-3. 不安・落ち込みの緩和 翌日の不安や落ち込みにつながる可能性があります。それは脳内のセロトニンなどの精神を安定させる神経伝達物質が減少するからです。 CBDの最も有名な効果の一つは、ストレスや不安を和らげる効果です。 CBDは恐怖と不安を調節する体内のセロトニン5HT1-A受容体と相互作用することでその効果を促します。 2-4. 神経細胞の保護...

もっと見る

CBDはPMS症状を緩和する?

1. PMSとは PMS:月経前症候群(premenstrual syndrome)は女性の生理の1〜2週間前に発生する一連の症状です。一般的な症状には下記が挙げられます。 気分の変化 乳房の圧痛 けいれん 頭痛 にきび 腹部膨満 腸内環境の変化 2011年のレポートによると、閉経前の女性の80%が毎月少なくとも1つのPMS症状を経験していることがわかりました。 2. CBDがPMSの症状を緩和 研究は始まったばかりですが。CBDが様々なPMSの症状に対処するのに役立つ可能性があります。 2-1. 身体の痛み PMSの女性の多くは身体の痛みを経験しますが、CBDは効果的な鎮痛剤です。2017年の研究では、CBDが痛みの知覚を減らすことができることを発見しました。 CBDは慢性疼痛や癌性疼痛、関節炎などの治療にも使われており、頭痛、けいれん、腰痛にも役立つとされています。 また、CBDには強力な抗炎症作用があります。PMSの痛みを伴う症状には炎症が関係しています。 2-2. 気分の変化 PMSの症状の1つは気分の変化です。これらの症状は一部の女性にとって心身を非常に疲れさせることがあります。 CBDは、うつ病や不安、双極性障害、気分障害の一種である双極性障害の治療に役立つことが示されています。 このことから、CBDは気分変動に関連した抑うつや不安感の治療に役立つ可能性が高いと考えられています。 2-3. けいれん 痛みを伴うけいれんは、PMSの時や月経が始まると起こることがあります。CBDは疼痛緩和剤として知られており、痛みを伴う原因となる筋肉のけいれんを緩和する可能性があります。 2016年の研究では、THCとCBDの1:1の混合物である医薬品、サティベックスは多発性硬化症の患者の痙攣を効果的に治療することがわかりました。 それに関連して、CBDはけいれんのための潜在的な治療効果を持っていることが示されました。...

もっと見る

CBDは肌荒れ、ニキビに効果的?

1. 肌荒れのメカニズム 肌荒れの中でもニキビは最もメジャーな肌の悩みのひとつです。ニキビができる主な原因については下記です。   皮脂分泌の増加 性ホルモンの分泌が思春期に活性化したり、ストレスなどが原因で過剰になったりすると、毛穴の奥の皮脂腺から皮脂がたくさん分泌されます。ホルモンのバランスのくずれも影響します。 毛穴のつまり 肌の細胞には、一定周期ごとに生まれ変わるターンオーバー機能があります。それが乱れると、毛穴の出口の角層もはがれないでとどまり、厚くなって出口をふさぐようになってしまいます。 アクネ菌の増殖 アクネ菌は普段から肌に住み着いている常在菌です。毛穴がつまり、皮脂が充満した中で増えていきます。増殖したアクネ菌はニキビの炎症を引き起こします。   2. 生活習慣が原因? ニキビによる肌荒れのメカニズムは前述の通りですが、根本的な原因は日常生活の身近なことから引き起こされていることが多く、注意が必要です。 ストレス ストレスが溜まると皮脂の分泌が過剰になることがわかっています。 ストレスが脳に影響を与え、アンドロゲンというホルモンを増加させ、 アンドロゲンによって皮脂分泌が盛んになるためです。 食生活の乱れ 食生活の乱れもニキビの原因になります。 脂肪分や糖分を過剰に摂取すると 皮脂の分泌が増加したり、代謝のために肌の健康を保つビタミンB群が消費されたりするため、ニキビの原因になってしまいます。 睡眠不足 睡眠中に私たちの肌は修復され再生されます。 睡眠不足はターンオーバーの乱れを招き、肌のダメージ修復も追いつかないため、ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。 ホルモンバランスの変化 生理前になるとニキビができやすいと感じる人も多いのではないでしょうか。生理が近づくと、血液中のホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)のバランスが乱れ、黄体ホルモンの分泌が増え、皮脂分泌が盛んになります。 乾燥・水分不足 健康な肌は、水分と油分のバランスが良好な状態を維持しています。しかし、栄養不足や、外部からの刺激(乾燥、紫外線など)により、肌の表面が乾燥すると、潤いを保とうとして過剰に皮脂が分泌されます。  ...

もっと見る

CBDは筋肉痛・肩こりに効果的?

1. 筋肉痛はなぜ起こるの? ジムでトレーニングをしたりスポーツをしたりすると筋肉痛が起こることがあると思います。一般的には運動後12〜72時間の間、発生する可能性があります。 出典:第一三共ヘルスケア 筋肉痛とは、筋肉を激しく動かした時に「筋繊維」が傷つき、それを修復するときに炎症が起こることで痛みが引き起こされる現象です。 筋肉痛が起きると、筋肉はより強くなる必要があると判断し、傷ついた筋繊維を以前より大きくしようとするため、筋肉が徐々に増えて大きくなっていきます。   2. 肩こりはなぜ起こるの? 肩こりは肩の筋肉が緊張し、硬くなることで発生します。 「同じ姿勢、眼精疲労、運動不足、ストレス」が4大原因とされており、長時間のデスクワークなども肩こりの原因となります。 肩の周りの筋肉は、5~6kgもある頭を支えているので、その重みを負担し、緊張し続けている状態です。 筋肉は緊張状態が続くと、疲労物質がたまり、硬くなり、血液の循環を悪くしたり、末梢神経を傷つけたりすることで肩こりの原因となります。   3. CBDの炎症緩和・鎮痛効果 CBDが皮膚などの末梢組織や免疫系の細胞に多く存在するカンナビノイド受容体にくっつくことで、炎症を緩和してくれる効果があります。 また、それだけでなく、痛み自体にも働きかけてくれるので、筋肉痛の緩和に繋がります。 SativexというCBDを含む医薬品も存在し、イギリスやカナダなどの世界30ヶ国程度で販売が許可されており、手足の痺れや痛みを発症する「多発性硬化症」などに効果的であるとして国から承認されています。 こちらにはTHCとCBDが1:1で含まれていますが、THCが含まれていなくともCBDの抗炎症作用が痛みの緩和に役割を果たしているといわれています。 筋肉痛の回復が早くなると、短時間で再びトレーニングに戻ることができ、効率的に筋肉を強化することが可能です。   4. CBDの使い方 痛みの出ている部位に、CBDバームを直接塗ってみてください。 つけ過ぎないように注意し、マッサージするように肌になじませます。 付けてから数時間経つと、痛みがスッと消えていく、筋肉が弛緩し、楽になるのを感じられると思います。ボディケアとしてリラックス効果も一緒に得られます。

もっと見る

てんかん治療に用いられるCBD

1. てんかんとは 「てんかん」とは、脳にある神経細胞の異常な電気活動により引き起こされる発作の病気のことです。突発的に運動神経、感覚神経、自律神経、意識、高次脳機能などの神経系が異常に活動することで症状を出します。 「てんかん発作」ではそれぞれの神経系に対応し、下記の症状を生じます。 体の一部が固くなる(運動神経) 手足がしびれたり耳鳴りがしたりする(感覚神経) 動悸や吐き気を生じる(自律神経) 意識を失う 言葉が出にくくなる(高次脳機能)などのさまざまな症状を生じます。 2. てんかん治療に使われるCBD CBDを服用したてんかん患者はしていない場合よりも、発作が20%-25%少なくなったという臨床研究の結果が出ています。 アメリカ大手テレビ局CNNの『WEED』という番組で、2013年にシャーロットちゃんという小児てんかんを患う、コロラド・スプリングスに住む少女が大麻の使用によって命を救われたというエピソードが紹介されました。 それによって、アメリカの世論が一変し、医療大麻は世間において地位を獲得しました。 この動きが後に「CBD」を医療や健康のために使用する議論が加速し、認知度が拡大するきっかけへとなりました。 シャーロットちゃんのエピソードをから、charlotte's webというCBDのブランドも出てきています。   3. CBDを活用した医薬品 日本では使用が許可されていませんが、海外ではEpidiolexと言う大麻由来のてんかん薬が存在し、医療機関でも使用されています。販売者はイギリスのGW Pharmaceuticalsです。こちらで詳しく述べられていますが、年間の売上は約300億円を超えるそうです。 てんかんの一種であるレノックス・ガストー症候群とドラベ症候群の治療薬として、FDA(アメリカ食品医薬品局)が承認をしています。てんかん治療においては、下記の投与量が推奨されています。 開始用量: 2.5mg / kgを1日2回経口摂取 維持量: 5mg /...

もっと見る

【辛口レビュー🔥】日本発CBDディスペンサリーストア、GReENで本場アメリカ並みの衝撃を受けた話💥

1. はじめに Hi Yo !! 今回も元気にCBDスポットを紹介していきます! 今回紹介するのは、GReENさんという、東京は東日本橋駅近くにあるCBDディスペンサリー(ショップ)です。 LUNAはもともとアメリカにも住んでいたので大麻ディスペンサリーは身近な存在でした。 MedMenやCookiesなど、大好きなディスペンサリーブランドもあります。 (そのうち海外のCBD関連スポットも紹介していきます、来年あたりニーズ高まりそうだし) GReENさんは、海外の人気ディスペンサリーブランドに匹敵するクオリティでした(びっくり😮 2. おすすめポイント 2-1. 幅広いCBD商品の品揃え 取り扱いブランドは、 AZTEC、H THINK、Elixinol、Octo、OrganiCBD、Cannapresson、NUMUN NATURALS、Pharmahemp、HealthyTOKYO、Hemptouch、HempBaby、MEDTERRA etc. 商品カテゴリーも幅広く、一般的なオイル(ティンクチャー)だけでなく、カプセル型サプリ、グミ、バームなども取り扱っています。 2-2. 試せて、買える LUNAが行った時はたまたま無料でしたが、普段は1,000円でCBD商品試し放題サービスを実施しています。 CBD商品はご存知の通り、高単価。購買ミスはかなり痛いですよね… そんな人には、この試し放題サービス、ドハマリするんじゃないでしょうか? 詳細は👇 https://twitter.com/green_cbd_store/status/1300274264839393280?s=20 2-3. 丁寧で親密な接客...

もっと見る

CBDにリラックス効果はある?幸せホルモンや身体調節機能をサポート!

海外セレブや美容家、嗜好品愛好家などをはじめ、世界各国の人々から注目されつつあるCBD製品。日本でも、CBDを摂取するとリラックスできる、と最近話題になっており、CBDオイルやVAPEなどを嗜好品として求める人が増えはじめています。 しかし、人によっては摂取しても体感を得にくい場合もあるようです。CBDにリラックス効果があるというのは、果たして本当なのでしょうか。 この記事では、CBDにリラックス作用があるのかどうか、学術的なデータを元にわかりやすく解説していきます。CBD製品を買うかどうか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。   1. CBDとは|精神障害や抑うつに治療効果を有する可能性も CBDはカンナビジオールとも言い、大麻(マリファナ)に含まれているカンナビノイドと呼ばれる生理活性物質の一つです。カンナビノイドとは、大麻に含まれる炭素数21の化合物群のことで、その種類は100以上もあると言われています。 カンナビノイドの中でも特に有名な物質が、テトラヒドロカンナビノール(THC)です。THCは、大麻の主原料とも言えるほど多く含まれており、人をいわゆるハイの状態にさせるような、精神作用を及ぼすものです。 一方で、CBDは抗不安・抗精神作用があると評価されています。世界情報機構のWHOは、CBDがアルツハイマー病や、精神障害、ストレス、抑うつなどに治療効果を有する可能性があると発表しており、心の病気を患っている人々からも期待が高まっているのです。 出典:カンナビノイド審査委員会 実際に、CBDが精神疾患の治療に役立つエビデンスについては、国内外のさまざまな研究機関が報告しています。このように、不安を和らげる作用が認められていることから、CBDを摂取することでリラックスできると話題になっているのです。 参考文献 出典:CBDとは|カンナビノイド審査委員会 出典:カンナビノイド|公益社団法人 日本薬学会   2. CBDでリラックスできる?不安を和らげる理由とは 人の不安を和らげる作用があることから、リラックスできると注目されているCBD。では、なぜ不安を和らげてくれるのでしょうか。ここからは、一歩深く踏み込んで体の神経の仕組みを交えて解説していきます。 ①CBDは神経伝達物質を整える「セロトニン」に作用するから セロトニンとは、平常心や精神の安定に必要な、脳内の神経伝達物質のことです。「幸せホルモン」などと呼ばれることもあり、近年では、やる気や幸福感に繋がる脳内神経伝達物質の9割がセロトニンであると言われています。 セロトニンは、他の神経伝達物質であるドパミン(喜び、快楽など)やノルアドレナリン(恐怖、驚きなど)などの情報をコントロールする作用があり、セロトニンが低下するとこれら2つのコントロールが難しくなってしまいます。 バランスを崩すことで攻撃性が高まったり、不安やうつ・パニック症(パニック障害)などの精神症状を引き起こすといわれているため、セロトニンは人間が健康的に生きていくためになくてはならないものです。CBDはこのセロトニンに作用することがわかっているため、不安を和らげられると言われる理由の一つになります。 参考文献 出典:Cannabidiol modulates serotonergic transmission and reverses...

もっと見る

CBDを摂取したら眠気を感じるって本当?その真偽とCBDの特性を解説!

CBDはリラックス効果をもたらすため、不眠症や睡眠障害の改善に役立つと言われています。その効果を実感、または聞いたことがある人は、CBDを摂取すると眠気を感じるのでは?と疑問に思うかもしれません。CBDを摂取するたびに眠気を感じるというのが事実であれば、CBDを日中に摂取しないほうがいいのではないか?と疑問に思われるかもしれません。しかし、CBDは少量であれば覚醒効果をもたらすとも言われていますので、その噂を根拠に「日中はCBDを摂取しない」と決めてしまうのはもったいないでしょう。 この記事では、CBDを摂取すると眠気を感じるのか、CBDの特性はどんなものなのか、解説いたします。   1. CBDは眠気を誘う? CBDの原料である大麻草には、100種類以上ものカンナビノイド成分が含まれています。その100種類を超えるカンナビノイド成分の中で最も有名な成分が、CBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)です。THCは精神作用を持ち、摂取した人をいわゆる「ハイ」な状態にするため、日本を含めた多くの国で禁止されている成分です。一方、CBDには精神作用がない(陶酔成分を含まない)ため、日中にCBDを摂取したとしても過度の鎮静効果・眠気・倦怠感を引き起こすことはないと考えられています。CBDは近年数々の研究が行われていますが、日中に摂取したCBDが強い眠気を引き起こすという結果は報告されていません。反対に、THCを日中摂取すると、上述した作用を引き起こすため、日常生活に支障をきたします。 <参考文献> https://championsandlegends.com/blogs/education/does-cbd-make-you-sleepy 1-1. 日中に強い眠気が起こる原因 CBDを摂取しているかしていないかに関わらず、日中に強い眠気を感じる原因として第一に考えられるのは、重度の不眠症や睡眠障害です。夜暗い間に十分な睡眠が取れていなければ、日中に強い眠気に襲われる可能性が非常に高いでしょう。また、睡眠時無呼吸症候群の症状をお持ちの方は、睡眠時間は十分であっても睡眠の質が悪いために体が休息出来ていない可能性があります。そのことが原因で日中に過度の眠気を引き起こしているかもしれません。次に考えられる原因としては、過眠症が挙げられます。夜間しっかり睡眠は取れているのに日中強い眠気に襲われる、または居眠りを何度も繰り返すといった症状は、過眠症が原因と考えられます。また、うつ病の場合も入眠困難や中途覚醒、早朝覚醒などの症状が現れることで、日中に眠気が起こることもあります。 上述した原因はいずれも、CBDによって改善できる可能性が高いと考えられます。CBDによるストレス・不安軽減作用や、筋肉弛緩作用が働くことで心身がリラックスし、質の良い睡眠へと導く効果が期待できるでしょう。また動物を対象とした研究では、CBDの抗不安作用と抗うつ作用が報告され、うつ病への効果も期待されています。 <参考文献> https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24923339/ 2. CBDの特性 CBDには強い眠気を引き起こすことはないと考えられている、と上述しましたが、それではなぜCBDは睡眠の質を高めてくれるのでしょうか?また、少量であれば覚醒効果があると考えられているその根拠はどこにあるのでしょうか? 一般的に、不眠症や睡眠障害の方に処方される睡眠薬や睡眠導入剤は、脳の機能を低下させたりすることで眠りを誘発します。したがって、日中も薬の成分が体内に残っていると頭がシャキッとせず、ボーッとして物事がよく考えられなかったり、目が覚めないということがよく起こります。しかし、CBDは睡眠薬とは違ったメカニズムで睡眠の質を高めるため、日中の眠気や倦怠感を引き起こす可能性は低いと考えられています。 以下で詳しくCBDの特性をご説明いたします。 2-1. CBDの覚醒作用 過眠症の一つに、ナルコレプシーという病気があります。原因はまだはっきりとは解明されてはいませんが、脳の視床下部から分泌されるオレキシンという神経伝達物質が極端に欠乏している場合に発症しやすいと報告されています。ナルコレプシーの症状を持つラットを対象とした実験では、CBDをラットに投与後7時間の間、ナルコレプシーによる過度な眠気を阻害したという結果が報告されています。ラットへのCBD投与による結果のため、人間に対する適切なCBD投与量は定かではありません。しかしCBDの覚醒誘発作用は確認されているため、今後の研究に期待が持てるでしょう。 <参考文献> https://www.t-pec.co.jp/health_news/2012-12/ https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31642794/ 2-2. CBDの鎮静作用 睡眠に関係するメラトニンというホルモンは、松果体という脳器官から分泌されます。CBDが松果体に存在するカンナビノイド受容体に作用することで松果体の働きを活性化し、メラトニンの分泌を促す効果がいくつかの研究で報告されています。この作用により、不眠症や睡眠障害が軽減・改善されていると考えられます。松果体は体内時計調節の役割を担っているとも考えられているため、CBDによって体内時計が正常に働き、明るいうちは体が目覚め、暗いうちは体を休める、というサイクルを生み出してくれるでしょう。 https://tokyo-mooon.com/sleep-info/cbd-pineal-gland/  ...

もっと見る

CBDにリスクはあるの?CBDの副作用・デメリットを徹底解説!

こんにちは! 以前に安心したCBD製品の選び方についてお話ししましたが、今回はCBD自体のリスクやデメリット、世界的なCBDの研究結果について徹底解説していきます! CBDを初めて使用する方は副作用など不安に感じる点があると思いますので、そもそもCBDについての説明から、初めての方も安心して使えるCBD製品までお話ししますので、ぜひ最後までお読みください! CBDに危険性はあるのか?安心できるCBD製品の選び方CBDの危険性について解説しています。基本的には危険がないことがわかっていますが、商品や使用方法によって体に悪影響を及ぼす可能性があります。また、安心できるCBD製品の選び方も紹介しています。.. 1. そもそもCBDとは? 一言でいえば、CBD(カンナビジオール)とは大麻草(麻)から抽出できる天然の成分です。 大麻草の成分と言ってももちろん日本でも合法の成分です。CBDを取り巻く法律面のリスクについて知りたい方は下記をご覧ください! 【これだけは知っておきたい!】CBDビジネスのリスクと法律CBDビジネスを始める上で「リスクが高い」「本当に大丈夫なの?」と聞かれる場合も多く、様々な意見や憶測が飛び交っているようにも思います... では次にCBDの基本的な効果から確認していきましょう! CBDの効果 簡単にまとめると、CBDは人間のエンドカンナビノイドシステム(すべての脊椎動物が持つ細胞間のコミュニケーションを正常化する機能)に働きかける効果があります。 CBDにより免疫や神経伝達、自律神経などの恒常性を維持し、睡眠改善、ストレス軽減など多くの効果が発見されています。 他にも抗不安、抗てんかん、神経保護、血管弛緩、抗けいれん、抗虚血、抗ガン、制吐、抗菌、抗糖尿、抗炎症、骨の成長促進についてもCBDの薬効が認められてます。 上記のようなCBDの効果が認められていることから、世界的にCBDに注目が集まっているのですね! 2. CBDにリスクってあるの? 結論からお話しすると、CBDに明確なリスクは認められていません! CBDの安全性は世界保健機関(WHO)、薬物に関する専門委員会(ECDD)により2017年の審査報告書では以下のように記述されています。 CBDは、条件づけられた薬物処置区画の嗜好性あるいは脳内自己刺激にほとんど影響を与えないように思われる。ヒトにおいてCBDは、乱用あるいは依存可能性を示唆する作用を示さない。 CBDが多くの他の健康状態のために有用な治療であるかもしれないという初期的なエビデンス(科学的証拠)もある。 (第39回ECDD会議事前審査報告書) つまりCBDは世界的な安全基準を満たしており、使用に関しての危険性はかなり低いと考えられます。 WHO(世界保健機関)のCBDへの見解については以下の記事で詳しく解説しておりますので興味のある方はこちらをご覧ください。 CBDの安全性は?WHO(世界保健機関)の見解国際機関のWHOはCBDの安全性を認めているのか?副作用はないか?依存症の懸念は?... 可能性としてリスクがゼロではない 上記で説明したようにCBDにリスクの可能性は非常低いですが、ゼロという訳でもありません。 それを証拠づけるものとして、アメリカ食品医薬品局(FDA)による2021年11月25日付けの最新の報告書が、最近話題になっております。 そこでは、大麻草、特にCBDを使った治療について「FDAは、CBDの安全性について限られたデータしか確認しておらず、無害を裏付ける確証がまだない。リスクを伴うこともあり、使用の場合は細心の注意を」と発表されています。 これはCBDの健康効果を踏まえた上での内容になるので決してCBDが悪として捉えられている報道ではありませんが、「可能性」として頭の隅に置いておきましょう!...

もっと見る

CBDは卵巣癌に効果ある?つらい抗癌剤の副作用緩和に期待!

初期段階では自覚症状がほとんどない卵巣癌。病院で発見してもらい、危うく手術まで踏み切ったという人も多いでしょう。 手術後は、多くの場合が薬物療法で治療を行なっていきますが、その際、最近話題のCBDを摂取するとより体に良い効果を得られるのでは?と考えた人もいるかもしれません。実際のところ、卵巣癌へのCBDの確かな有効性はいまだわかっていないのが現状です。 しかしCBDは、癌治療の副作用軽減には期待ができるかもしれないとも言われています。さらに海外では、CBDが癌治療に恐らく有効であったとする事例があることも事実です。 この記事では、CBDが卵巣癌患者にどのような効果もたらせるのか、病院や公的機関の情報を基に解説していきます。   1. CBDが卵巣癌治療における副作用緩和の一助に? 現実問題、CBDの抗癌効果を裏付ける科学的な証拠はまだなく、今後さらなる研究を重ねていく必要があります。現段階でわかっているのは、CBDが卵巣癌治療で使用する抗癌剤の副作用を緩和する可能性があるということです。 世界最大の卵巣がん慈善団体であるOvarian Cancer Research Alliance(OCRA)によると、CBDは、卵巣癌の治療によって発生する副作用を軽減できる可能性があると説明しています。大抵の場合は、卵巣癌の化学療法を受けている間にもCBDを服用することはでき、むしろ有益な可能性があるとのこと。 同団体が行なった研究では、CBDは副作用による痛みを和らげるだけでなく、吐き気、不安、発作を和らげ、神経系を保護する効果もあるかもしれないと説明しています。さらに、大麻に含まれる向精神作用を持つTHCが、痛みのコントロールを高める可能性があることも示しています。 現にイギリスやスペインなど一部の国では、癌の化学療法によって起こる神経因性疼痛に対して症状を緩和させるための、「ナビキシモルス」(別名:サティベックス)と呼ばれるカンナビノイド製品があります。ナビキシモルスはTHCとCBDの両方を含有しているため、アメリカではまだ正式に承認されていません。しかし厚生労働省は、ナビキシモルスは良好な疼痛緩和を生み出したという低~中等度の質のエビデンスが認められていると言及しています。 このようにCBDは、卵巣癌だけに限らず、癌治療により発生する副作用全般的に緩和作用を有する可能性があるかもしれません。今後研究が進めば、より確かな有効性について明らかになっていくでしょう。 参考文献 OCRA 外部リンク Ovarian Cancer and Medical Cannabis www.ejim.ncgg.go.jp 外部リンク 厚生労働省eJIM | 大麻(マリファナ)とカンナビノイド | サプリメント・ビタミン......

もっと見る

CBDの副作用で下痢になるのか?原因と対策を解説

CBDは関節炎やてんかん、うつ病、不眠症などの多くの病気に効果があります。これからCBDを使ってみようとしている方は、安全性や副作用について心配する部分もあるでしょう。 結論をお伝えすると、CBDには副作用がほとんどないです。しかし、摂取する容量や個人差によって下痢の症状がでることも稀にあります。 この記事では、「CBDを使用すると下痢になる?」「CBDを使って下痢になった」という方に向けて、原因や対策を解説します。 1. CBDの安全性・副作用 CBDのリラックス効果や痛みや疾患・症状の緩和が健康に役立つと世界中で注目されています。そんなCBDには副作用がほとんどないと研究によってわかっています。 WHO(世界保健機関)は2017年に「CBDには副作用がほとんどなく、あっても非常に軽い」と報告しました。また、CBDの安全性と副作用について行われた研究では、1日1500mgのCBDを継続して摂取しても問題ないことが報告されています。 研究により、CBDは基本的に安全なものであるということがわかります。そのため、適切な用量を守れば毎日摂取することが可能です。 〈参考文献〉 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22129319/ 2. CBDは下痢の治療に効果があるのか CBDは下痢の治療に効果があるといわれています。 それは、炎症性腸疾患(IBD)、過敏性腸症候群(IBS)などの胃腸障害への効果です。胃や腸にあるカンナビノイド受容体に作用し、胃腸の炎症を抑えることで下痢の予防につながります。また、腸管上皮バリアの機能回復や腸内細菌の安定にも役立つことが報告されています。 加えて、過敏性腸症候群(IBS)の大きな原因はストレスや睡眠バランスです。CBDのリラックス作用により、ストレス軽減や睡眠改善に効果があることがわかっています。日常生活にCBDを取り入れることで、ストレスを軽減すれば過敏性腸症候群を防ぐことができます。 これらのことから、CBDは下痢の症状を緩和させる作用があると考えられるでしょう。 〈参考文献〉 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22815234/ https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnins.2020.00371/full 3. CBDの副作用で下痢になるのか CBDを摂取すると人によっては、下痢になります。 特に、経口摂取する量が多い場合、下痢になる可能性が高いです。それでも、基本的な用量を守れば下痢になることはほとんどないです。 胃腸の弱い方は、べイプなどの気化摂取にすると、より安心して使用することができます。 4. 下痢になる原因と対策 4-1 摂取量 CBDの摂取量が多いことが、下痢の可能性を高める原因になります。どうしてかというと、摂取量が増えることにより胃腸での消化が遅れてしまうからです。舌下、経口摂取をする場合は、徐々に用量を増やすことが有効な対策になります。 「少量でも下痢になってしまう」「舌下・経口摂取が合わない」という方は、気化摂取がオススメの方法です。...

もっと見る

カート

購入可能な商品がなくなりました

現在、カートは空です。